ライフプラン・コンサルティング
人生を豊かにするライフプラン
家計管理と家計収支の見直し
住宅ローンや生命保険の見直し
NISA・iDeCoで老後資金を作る
Connect to the future with money planning
Webマーケティング支援
Webの力で成長を加速させる
売上を伸ばすためのWeb集客支援
WebメディアとSNSの活用で集客力アップ
高速化でコンバージョン率改善
Connect to the future with websites

会社情報

お知らせ

ファイナンシャル・プランニング

ライフプランニング相談

経験豊富なファイナンシャルプランナーが、マネープランニングや資産運用のアドバイスなどを行うライフプラン・コンサルティングサービスです。

老後資金を貯めるのは大変ですが、30代や40代のうちからコツコツと積み立てていけば、65歳で定年を迎えるときにまとまった資金を準備することは難しくありません。

月3万円ずつ年率4%で積み立てると、30年後に2,000万円になります。NISAなら非課税なので丸々2,000万円が貯められます。

S&P500や全世界株式(オルカン)なら、30年間の平均利回りで4%を達成するのは難しくありません。株式投資やFX、仮想通貨はリスクが高いので、無くなってもよい余剰資金で遊び程度にやりましょう。

マネーブログでは、ライフプランニングに役立つ情報を配信しています。家計収支表やキャッシュフロー表の作成、NISAやiDeCoで老後資金を作るための資産運用について詳しく解説しています。

年金計算ツール

ライフプランニングを行う上で、将来受け取る年金額を試算することはとても大切です。65歳以降で支給される年金の目安がわかるシミュレーターを作成しました。50歳以上の人は、ねんきん定期便やねんきんネットで現在の給与水準が横ばいで推移した場合に受け取れる年金の見込額が記されています。

年金の手取り計算

年金の手取り

年金収入や社会保険料から手取りや税金の金額が計算できます。健康保険料や介護保険料もわかります。

年金+給与所得

年金+給与の税金計算

働きながら年金を受け取る場合の税金が計算できます。給与と年金の合計所得に対して税金がかかります。

年金+他の所得

年金+雑所得

年金に加えて雑所得や不動産所得などがある場合の税金が計算できます。雑所得は年金所得と損益通算できます。

老齢年金シミュレーション

老齢年金

公的年金に加入している人が将来受け取れる「老齢基礎年金」や「老齢厚生年金」の受給額が計算できます。

遺族年金シミュレーション

遺族年金

被保険者が亡くなったときに受け取れる「遺族基礎年金」や「遺族厚生年金」の受給額が計算できます。

障害年金シミュレーション

障害年金

被保険者が障害を負ったときに受け取れる「障害基礎年金」や「障害厚生年金」の受給額が計算できます。

資産運用ツール

老後資金を準備する方法としては、積立投資と資産運用があります。NISAやiDeCoで毎月1万円からの積み立てでもよいので、できることから始めていきましょう。数百万円の余剰資金のある人は、NISAの成長投資枠や株式投資で資産運用も検討します。

積立投資シミュレーション

積立投資

NISAやiDeCoなどの積立投資において、毎月の積立額、利回り、期間をもとに将来の運用成績を計算します。

資産運用シミュレーション

資産運用

元金、利回り、期間をもとに資産運用の結果を計算します。目標金額を設定して計算することもできます。

インフレ計算機

インフレ

現在の価格をもとにインフレ率を調べたり、期間を考慮して将来いくらに値上がりするのかを計算します。

給与計算ツール

キャッシュフロー表を作る前段階として、家計収支表を作成します。その際に年収や所得税、社会保険料、住民税などを入力します。税金や保険料の金額がわからない方は、自動計算ツールを使ってみてください。

給与の手取り計算

給与の手取り

給与を入力して、年齢、会社の所在地、配偶者や扶養親族の有無を選択すると給与の手取り額がわかります。

賞与の手取り計算

賞与(ボーナス)の手取り

ボーナスを支給する際には、社会保険料と所得税を天引きしなければなりません。前月の給与で源泉徴収税率が決まります。

社会保険料の計算

社会保険料

給与や賞与から天引きされる社会保険料(厚生年金保険、健康保険、介護保険、雇用保険)の金額がわかります。

アルバイトの税金計算

アルバイトの税金計算

パートやバイトで働く場合は、年収103万円以下なら所得税はかかりません。週20時間以上、月給88,000円超で社保に加入できるかもしれません。

ダブルワークの税金計算

ダブルワークの税金計算

2か所から給与を受け取って働くダブルワークは、社保に加入するか扶養内で働くかによって、保険料の負担額や税金の金額が変わります。

残業代の計算

残業代の計算

時間外労働の賃金は、通常の1.25倍以上の割増率で支給しなければなりません。午後10時以降の深夜労働は1.5倍以上の割増率になります。

雇用関連ツール

会社を退職したときの退職金には退職所得控除があるため思ったよりも税金がかかりません。ただし、iDeCoの一時金を退職金と同時に受け取ると、両方の金額を合計したものに対して課税されます。退職所得控除を超える額を受け取る人はiDeCoを年金で受け取った方がよいかもしれません。

退職金の手取り計算

退職金の手取り

勤続年数が長いと退職所得控除が増えます。25年勤務している人は1,150万円控除があるので税金は162万円で済みます。

失業手当の金額計算

失業保険の金額

雇用保険の被保険者期間が1年以上あると、離職した時に失業給付が受けられます。自己都合と会社都合で日数が違います。

休業補償と傷病手当金

休業補償と傷病手当金

ケガや病気で働けなくなったときは、労災の休業補償や健康保険の傷病手当金が受けられます。休業4日目からです。

税金計算ツール

相続税、贈与税、消費税、所得税などの税金が計算できるツールをご用意いたしました。給与所得、事業所得、不動産所得、雑所得、一時所得など所得に応じて計算方法が異なります。

相続税の金額計算

相続税の計算

相続税には、法定相続人の人数に応じた基礎控除があります。配偶者控除もあるので、配偶者が法定相続分の遺産を受け取る場合は税金がかかりません。

贈与税の金額計算

贈与税の計算

年間110万円以下の贈与には贈与税がかかりません。相続時精算課税の特例を利用すると累計贈与額が2,500万円を超えるまでは贈与税がかかりません。

消費税の金額計算

消費税の計算

現在の消費税は10%です。税抜価格に1.1を掛けると税込価格が算出できます。税込価格を1.1で割ると税抜価格が算出できます。(軽減税率は8%)

仮想通貨の税金計算

仮想通貨の税金

仮想通貨(暗号資産)の売買などで利益が出たときは、雑所得となり総合課税の対象になります。他の所得と合算して最大45%の所得税がかかります。

国内・海外FXの税金計算

FXの税金

国内FXの売買で利益が出たときは、雑所得となり申告分離課税の対象になります。利益の額に関わらず20.315%の税率がかかります。

競馬や競艇などの税金計算

一時所得の税金

競馬・競艇・競輪などの公営ギャンブルの儲けは一時所得になります。雑所得と認められない限りハズレ馬券は経費になりません。

副業収入の税金計算

雑所得の税金

副業収入は、給与所得や事業所得と合算し、総合課税の対象になります。収入が300万円を超えて帳簿を保存していると事業所得になります。

個人事業主の税金計算

個人事業主の税金

個人事業主の確定申告は、青色申告と白色申告があります。青色申告は控除額が大きく、配偶者などへの給与は青色事業専従者給与となります。

法人税の金額計算

法人税の計算

法人税、地方法人税、法人事業税、法人住民税の金額がわかります。資本金1億円超の外形標準課税法人は、所得割に加え付加価値割と資本割もあります。

不動産所得の税金計算

不動産所得の税金

土地や建物などの不動産の家賃収入、共益費、更新料などは不動産所得の対象になります。給与所得や事業所得と合算した合計所得をもとに課税されます。

不動産売却の税金計算

不動産を売却した時の税金は、分離課税の譲渡所得です。所有期間5年以下は短期譲渡所得、5年超は長期譲渡所得となり、異なる税率が適用されます。

金・宝石などの売却の税金

金や宝石、車や船、競走馬、営業権、著作権などを売却した時の税金は、総合課税の譲渡所得です。他の所得と合算して所得税や住民税が課税されます。

運営メディア

お金と暮らしに役立つ情報サイト

FPマネー学は、お金と暮らしに役立つ情報サイトです。当社の代表が記事を執筆しています。

初めてお金を借りる人の参考になるように、銀行や消費者金融のカードローンだけではなく、生活福祉資金貸付などの公的融資や、日本政策金融公庫の貸付なども取り上げています。

個人間で借金する人のために、家族や友人からお金を借りるときの借用書の書き方や、借用書テンプレートを配布しています。

ふるさと納税カテゴリーでは、各市町村でおすすめの返礼品や特産物も紹介しています。

子育てや生活に役立つ情報ブログ

ALBINOTEは、子育てや生活に役立つ情報ブログです。当社のスタッフが不定期で更新中です。

幼稚園、保育所、小学校、中学校、高校、大学に入学したときにかかる費用や学費の無償化について解説しています。

母子家庭(ひとり親家庭)の方が利用できる母子父子寡婦福祉資金の仕組みを知ることができ、返済免除や支払猶予の条件もわかります。未就学児や児童が受けられる補助金についても解説しています。

生活の知恵カテゴリーでは、官報をインターネットで閲覧する方法や、自動車税と重量税の違いなど多岐にわたる情報を配信しています。

ご相談やご質問がありましたら、下記フォームからお問い合わせ下さい。

会社概要

会社名株式会社アルビノ
代表者代表取締役社長 竹内潤平
住所〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-3-13 西新宿水間ビル6階
電話番号03-6914-6178
全社テレワーク中のため、お電話を頂いても対応できない状況となっています。
お問合せメールフォーム
メールアドレスinfo★albino.co.jp
★を@に変換してください
設立2014年10月20日
資本金1000万円
事業内容ライフプラン・コンサルティング
マネープランニング相談
資産運用アドバイス
法人番号7011101071501
本社所在地〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-4-5
インボイス登録番号T7011101071501

加盟・賛同する団体

  • 地方創生SDGs官民連携プラットフォーム
  • SAFEコンソーシアム
  • COOL CHOICE
  • Sport in life
  • ニッポンフードシフト
  • 野菜を食べようプロジェクト
  • セキュリティアクション