マイカー購入とカーシェアの維持費を比較!車を買うのと借りるのはどっちが得?

ライフプランニングを考えるときに、家や車をどうするかは大きな課題です。将来のマネープランを考える際に、家や車を買うのか、借りるのかによって必要になるお金が大きく変わってきます。

家は「持ち家派・賃貸派」の二択がありますが、車は「購入・カーシェア・カーリース・レンタル」の4択があります。

最近は、カーシェアリングのタイムズカーを見かける機会も多くなっています。特に都心部では駐車場代が高いので、頻繁に車に乗らない人はカーシェアを利用する場合が多いです。

田舎でカーシェアサービスを利用するのは難しいので、住んでいる場所によっても最適なカーライフは変わってきます。

このページでは、車を買う場合借りる場合の選択肢や、それぞれのメリット・デメリットについて解説します。

目次

マイカー購入とカーシェアの維持費を比較

トヨタのヤリスクロスZを新車で購入する場合を仮定して、カーシェアの料金とどれくらいの差が出るのかをシミュレーションしてみます。

マイカーは年間維持費がわかりやすいように端数を切り捨てています。カーシェアはタイムズカーのベーシック料金です。

マイカーカーシェア
購入費用現金:2,400,000円
ローン:月々31,500円
-
駐車場代240,000円220円/15分
ガソリン代70,000円
任意保険50,000円
自動車税30,000円
車検40,000円
諸経費20,000円
年間維持費450,000円264,000円
月々37,500円22,000円

ローンの金額は、車両本体240万円、支払回数60回、金利3.9%、残価設定の場合の料金。
使用頻度は月1,000km、燃費は28km/L、ガソリン代は163円/L。
カーシェアは平均時速40kmで走った場合。最大時間料金は考慮せず。
車検代は1回10万円の2回分(初回3年、2年後に1回)の年平均。

維持費だけで比較してもカーシェアの方がかなり安くなります。ローンを組む場合は、維持費にローンの月々の支払いがプラスされるので、月7万円ほどになります。

カーシェアは1回の使用時間が伸びると最大時間料金が適用されるため、長時間の運転が多いほど料金は安くなります。平均時速が遅くなると、利用時間が増えるので料金は上がります。

車を買う場合の選択肢

車を買う場合には「新車」「中古車」の2択があり、購入方法も「現金一括」「自動車ローン」の2択があります。

新車を買う場合でも、10年以上乗り続けるパターンと、3年ぐらいの周期で乗り換えていくパターンがあります。

車の持ち方は多種多様なので、自分のライフプランにおいて、どんな持ち方が最適なのかを考える必要があります。

新車中古車
現金長期間乗りたい
貯蓄に余裕がある
購入費用を抑えたい
自分名義の車を持ちたい
ローン高額な車に乗りたい
ディーラーで車を買いたい
貯金がない
早く車に乗りたい

新車を購入

  • 自分名義にできる
  • いつでも自由に使える
  • 好きな車種や色が選べる
  • 傷や汚れが一切ない
  • 保証が充実している
  • エコカー減税で節税できる
  • 故障のリスクが低く長期間乗り続けられる
  • 燃費性能や安全性が優れている
  • 値引き交渉しやすい

新車と言っても100~150万円の軽自動車やコンパクトカーを買うのと、300万円以上するセダン、ミニバン、SUVなどを買うのとではマネープランも変わってきます。

あまり車に愛着のない人が新車を選んだほうがよいケースは少ないです。安全性能が日々進化するような時代は、新車を買ったとしても3~5年周期で買い替えるほうがよいかもしれません。

中古車を購入

  • 自分名義にできる
  • いつでも自由に使える
  • 好きな車種や色が選べる
  • 購入費用が抑えられる
  • 納車期間が短くできる
  • 初期費用が抑えられる

日本車は優秀なので、中古車でも質の悪い車に当たらなければ、新車とさほど変わらない状態の車を費用を抑えて購入できます。

費用は少し高くなりますが、メーカー認定中古車なら状態がよいものが多いです。ただ、高い費用を出すなら新車の方がよいと考えるかもしれません。

中古車と言ってもピンキリなので、新車と変わらない金額のものもありますが、中古車は現金で購入するのがおすすめです。自分の貯蓄の範囲内で買える中古車を探しましょう。

現金で買うかローンで買うか

新車でも中古車でも、購入時に現金一括で買うか、自動車ローンを組むかの選択肢があります。

現金で買うほうが安く買えますが、ローンを組んだほうが値引きがしやすい、オプションを無料で付けてくれるなどのメリットもあります。

200万円の車を買うとして、200万円現金で用意するのは大変ですし、支払えたとしても貯蓄が大幅に減ることで、今後の大きな出費に備えにくくなります。

ローンで買った場合、返済期間中は所有者がディーラーやローン会社になります。ローンを完済しないと売却できず、ローンの支払が遅れれば差し押さえられます。

ローンで買う場合は金利によって支払総額が大きく変わります。ディーラー(信販会社)や銀行で自動車ローンの申込ができます。中古車は金利が高くなるので、高額でなければ現金購入がおすすめです。

ローンを組む場合でもフルローンではなく頭金を入れて、残りを2~3年で返済するのがよいでしょう。5年以上のローンも可能ですが、期間が伸びるほどトータルで支払う利息は多くなります。

あまり車に乗らない人や、車にこだわりがない人は、購入ではなくカーシェアやレンタカーにしてもよいかもしれません。

車を借りる場合の選択肢

車を借りる場合の選択肢は、「カーシェア」「カーリース」「レンタカー」の3つがあります。

カーシェアレンタカーカーリース
車種
料金
ガソリン代
駐車場代
車検
税金
保険

今人気があるのはカーシェアです。法人ならカーリースも選択肢になりますが、個人で車を借りるときは、カーシェアかレンタカーのどちらかでよいでしょう。

カーシェア

  • 車の購入費用や維持費がかからない
  • 24時間いつでもすきなときに利用できる
  • 予約後すぐに利用できる
  • 旅行先でも使える
  • 給油や洗車は車に備え付けのカードでできる

カーシェアは月額基本料金+従量課金です。タイムズカーを例に上げると、月額料金が880円で、あとは利用時間に応じて課金されます。車の大きさによって時間あたりの料金が変わります。

月額料金は利用料金に充当できるので、利用する人は月額料金が実質無料となりますが、利用しなくても月額料金は発生します。

カーシェアサービスはたくさんありますが、ステーション数の少ないサービスは、借りるのも返却するのも大変なのでやめた方がよいでしょう。

圧倒的にステーション数が多いのはタイムズカーです。全国にあるタイムズ駐車場にカーシェア用の駐車スペースが用意されています。

レンタカー

  • 車の購入費用や維持費がかからない
  • 必要なときだけ利用できるので不要な費用がかからない
  • ある程度車種が選べる
  • 手が届かない高級車に乗れる

頻繁に車に乗らない人はレンタカーがおすすめです。1日や半日だけ借りる人が多いですが、数日間連続で借りることもできます。

カーシェアにするかレンタカーにするかで迷うことは少ないと思います。月に何度か乗るならカーシェアで、年に数回しか乗らないならレンタカーです。

カーリース

  • 頭金なしで新車が持てる
  • 月々均等払いで支払える
  • 好きな車種が選べる
  • 乗り換えが簡単にできる
  • リース料金を経費にできる
  • 同じ車に乗り続けられる

「カーリースはやめとけ」と言われることが多いように、車を持つときにカーリースを選んだほうがよいケースは少ないです。

カーシェアとカーリースを比べたときに、「同じ車に乗り続けられる」という部分以外では、カーリースが勝るものはないかもしれません。

法人で車両費を経費にしたいときにカーリースが選ばれることが多いですが、カーシェアも経費にすることはできます。

定額カルモくんは新興企業が運営するカーリースサービスです。オリックス自動車との提携サービスとなっており、新車は全てオリックス自動車が扱う正規ディーラー車から届けられます。

最近の流行りはカーシェアリング

車を買わずに借りる方を選ぶ場合におすすめなのはカーシェアです。その中でもタイムズカーが人気です。

カーシェアは月額基本料があるので乗らなくてもお金がかかりますが、基本料金は定額で利用料金に充当することもできます。

カーシェア月額基本料金入会金
タイムズカー880円(実質0円)1,650円
オリックスカーシェア880円(実質0円)無料
トヨタシェア無料キャンペーン中無料
カレコ980円(実質0円)無料

あまり車に乗らない人はレンタカーでもよいのですが、カーシェアの月額料金は安いので、乗らない期間があっても大きな負担になりません。

消費者庁が公表したカーシェアリングの利用者数を見ても、2010年頃から車両台数や会員数が増えているのがわかります。

2019年~2020年のコロナ禍で会員数が急増しました。その後も伸び続けており、車の持ち方の主流になる日も近いのかもしれません。

カーシェアとレンタカーを比較

カーシェアレンタカー
申込方法ネットネット、店頭
車種空いている車の中から選ぶ車の大きさや用途で選ぶ
利用時間申し込みした時間内申し込みした日数
連続利用最長3日~4日最長1ヶ月ほど
契約期間契約期間なし1日~1ヶ月ほど
契約形態レンタルレンタル
料金形態月額料金+従量課金制利用時間分の料金
税金・保険不要不要(オプション保険加入で自己負担額なし)
車検・メンテナンス不要不要
駐車場代不要不要
給油・洗車必要に応じて(給油・洗車カードを利用)満タンにして返却(契約者が負担)
洗車は不要
ナンバー「わ」「れ」「わ」「れ」

1年に1~2回しか車に乗らないならレンタカーの方がよいです。月に1回でも乗るならその度に契約しなくてよいカーシェアがおすすめです。

カーシェアとカーリースを比較

カーシェアカーリース
申込方法ネットネット、店頭
車種空いている車の中から選ぶ好きな車が選べる
利用時間申し込みした時間内契約期間内は何時間でも可
連続利用最長3日~4日契約期間中は何日でも可
契約期間契約期間なし1ヶ月~数年
契約形態レンタルリース
料金形態月額料金+従量課金制毎月定額
税金・保険不要税金は不要
保険は契約内容による
車検・メンテナンス不要契約内容による
駐車場代不要別途契約
ガソリン代不要契約者が負担
給油・洗車必要に応じて入れる(費用は給油・洗車カードを利用)自分で入れる(費用は契約者が負担)
ナンバー「わ」「れ」自家用車のナンバー
希望ナンバー可

車に乗る頻度が高いなら予約の必要がないカーリースがよいかもしれません。自分の駐車場に停めっぱなしにできるのはカーリースのメリットです。車種にこだわりがないのなら、法人でカーシェアを利用するのも悪くありません。

この記事を書いた人

竹内潤平のアバター 竹内潤平 代表取締役社長

Webマーケター/ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。

SEO、HTML、CSS、WordPressが得意です。複数のサイトを自分自身で運営・管理しています。当サイトも私がテーマカスタマイズや記事の作成をしています。

個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資でお金を借りた経験があります。

株式投資歴は20年以上で、現在は個別株投資やベンチャー投資をしつつ、NISAつみたて投資枠でオルカン、S&P500、日経225に投資しています。

FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員、ITパスポートの資格を保有。

運営者情報

会社名 株式会社アルビノ
代表者 代表取締役社長 竹内潤平
住所 〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-3-13 西新宿水間ビル6階
電話番号 03-6914-6178
全社テレワーク中のため、お電話を頂いても対応できない状況となっています。
お問合せ メールフォーム
設立 2014年10月20日
資本金 1000万円
事業内容 Webマーケティング支援
メディア運営
ライフプランコンサルティング
法人番号 7011101071501
本社所在地 〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-4-5
インボイス登録番号 T7011101071501
目次