年収500万円以上と年収1000万円以上の割合や人数!金融資産1億円以上の富裕層

給与所得者のうち年収が1,000万円を超えている人は275万人ほどいます。年収1億円以上の人は23,000人ほどいます。

一般的には年収1,000万円以上の人をお金持ちと感じるかもしれませんが、日本で年収が1,000万円を超える人は5%ほどしかいません。

年収1,000万円超の人を男女別に見ると男性8.4%、女性1.5%となっています。女性で年収1,000万円オーバーはかなり難しいです。

富裕層と言われる金融審査1億円以上の世帯は、約120万世帯で割合では2.3%です。

目次

全年収の人数と割合

民間給与実態統計調査をもとに、年収別の人数と割合を一覧でご紹介します。

民間給与実態統計調査は、統計法に基づく基幹統計です。令和4年分調査から、新たな復元推計手法を適用して調査を実施していますが、令和3年以前の数値は当時の資料をもとに作成したものです。

年収人数割合
100万以下398.5万人7.8%
100万超200万円以下643.3万人12.7%
200万超300万円以下717.9万人14.1%
300万超400万円以下839.5万人16.5%
400万超500万円以下778.9万人15.3%
500万超600万円以下551.1万人10.9%
600万超700万円以下350.4万人6.9%
700万超800万円以下243.7万人4.8%
800万超900万円以下167.5万人3.3%
900万超1,000万円以下111.6万人2.2%
1,000万円超1,500万円以下201.9万人4.0%
1,500万円超2,000万円以下43.1万人0.8%
2,000万円超2,500万円以下13.1万人0.3%
2,500万超17.0万人0.3%
令和4年民間給与実態統計調査

100~500万円の価格帯が多くなっています。500万円以下の人は66.4%で、500万円超の人の割合は33.6%しかいません。

給料が何年も変わっていない人も多いと思いますが、普通の会社員で年収500万円以上にするには高い壁があります。

男性の全年収の人数と割合

年収人数割合
100万以下98.2万人3.4%
100万超200万円以下181.8万人6.2%
200万超300万円以下287.8万人9.8%
300万超400万円以下453.9万人15.5%
400万超500万円以下517.7万人17.7%
500万超600万円以下414.3万人14.2%
600万超700万円以下277.1万人9.5%
700万超800万円以下206.4万人7.1%
800万超900万円以下146.1万人5.0%
900万超1,000万円以下98.9万人3.4%
1,000万円超1,500万円以下180.4万人6.2%
1,500万円超2,000万円以下37.5万人1.3%
2,000万円超2,500万円以下11.6万人0.4%
2,500万超15.1万人0.5%
令和4年民間給与実態統計調査

男性は300~500万円の価格帯が多くなっています。600万円以降は金額が上がるごとに少なくなりますが、1,000~1,500万円の価格帯は割合が増えます。

これは単純に1,000~1,500万円は500万円分の人数が加算されているためです。1,000以下は100万円単位で区切られれています。

1,500万超以降も500万円区切りですが、1,500万を超える年収の人はほとんどいないので、割合も少ないです。

女性の全年収の人数と割合

年収人数割合
100万以下300.3万人14.0%
100万超200万円以下461.5万人21.5%
200万超300万円以下430.1万人20.0%
300万超400万円以下385.6万人17.9%
400万超500万円以下261.2万人12.1%
500万超600万円以下136.9万人6.4%
600万超700万円以下73.3万人3.4%
700万超800万円以下37.3万人1.7%
800万超900万円以下21.5万人1.0%
900万超1,000万円以下12.7万人0.6%
1,000万円超1,500万円以下21.5万人1.0%
1,500万円超2,000万円以下5.7万人0.3%
2,000万円超2,500万円以下1.5万人0.1%
2,500万超1.9万人0.1%
令和4年民間給与実態統計調査

女性は100万円以下~300万円の価格帯が多くなっています。400万円以降は金額が上がるごとに少なくなります。

女性は年収600万円から極端に数が少なくなります。女性で年収600万円超の人は8.2%しかいません。

年収1,000万円以上の人の割合

給与所得者のうち年収1,000万円以上の人の割合をご紹介します。

900万円超1,000万円以下の中に、年収1,000万円ちょうどの人も含まれています。

令和4年

年収人数割合
900万円超1,000万円以下111.6万人2.2%
1,000万円超1,500万円以下180.4万人6.2%
1,500万円超2,000万円以下37.5万人1.3%
2,000万円超2,500万円以下11.6万人0.4%
2,500万超15.1万人0.5%
令和4年民間給与実態統計調査

令和3年

年収人数割合
900万円超1,000万円以下100.4万人1.9%
1,000万円超1,500万円以下185.0万人3.5%
1,500万円超2,000万円以下43.2万人0.8%
2,000万円超2,500万円以下13.6万人0.3%
2,500万超16.6万人0.3%
令和3年民間給与実態統計調査

令和2年

年収人数割合
900万円超1,000万円以下95.2万人1.8%
1,000万円超1,500万円以下175.3万人3.4%
1,500万円超2,000万円以下38.4万人0.7%
2,000万円超2,500万円以下12.4万人0.2%
2,500万超14.5万人0.3%
令和2年民間給与実態統計調査

令和元年

年収人数割合
900万円超1,000万円以下101.21.9
1,000万円超1,500万円以下185.0万人3.5%
1,500万円超2,000万円以下43.6万人0.8%
2,000万円超2,500万円以下12.4万人0.2%
2,500万超15.1万人0.3%
令和元年民間給与実態統計調査

平成30年

年収人数割合
900万円超1,000万円以下93.21.9
1,000万円超1,500万円以下180.4万人3.6%
1,500万円超2,000万円以下39.3万人0.8%
2,000万円超2,500万円以下12.8万人0.3%
2,500万超16.4万人0.3%
平成30年民間給与実態統計調査

平成29年

年収人数割合
900万円超1,000万円以下92.61.9
1,000万円超1,500万円以下162.8万人3.3%
1,500万円超2,000万円以下33.7万人0.7%
2,000万円超2,500万円以下11.5万人0.2%
2,500万超14.0万人0.3%
平成29年民間給与実態統計調査

平成28年

年収人数割合
1,000万円超1,500万円以下151.9万人3.1%
1,500万円超2,000万円以下33.6万人0.7%
2,000万円超2,500万円以下10.7万人0.2%
2,500万超12.0万人0.2%
平成28年民間給与実態統計調査

平成27年

年収人数割合
1,000万円超1,500万円以下153.9万人3.2%
1,500万円超2,000万円以下33.5万人0.7%
2,000万円超2,500万円以下10.1万人0.2%
2,500万超11.7万人0.2%
平成27年民間給与実態統計調査

年収1,000万円以上の人の割合を全て足すと4%強なので、意外と多いと感じるかもしれません。

一般的にセレブ的なお金持ちと言った場合、年収1億円以上または資産10億円以上ぐらいでしょうか。年収1億円はかなりハードルが高いです。

日本で1億円以上の収入を得ている人は、1万人強で全体の0.018%ほどしかいません。年収1億円以上であれば自慢できますが、それだけの収入がある人は普通自慢しませんね。

年収1,000万円でも十分お金持ちと言えるのかもしれませんが、実際に年収1,000万円の人の話を聞くと生活は何も変わらないという人が多いです。

男女別の年収1,000万円以上の人の割合

男女別で見た時の年収1,000万円以上の人数や割合は以下のようになっています。

令和4年分調査から、新たな復元推計手法を適用して調査を実施している。

なお、本資料における平成 26 年分から令和3年分についても、新たな復元推計手法に基づ
いて計算した。

男性(令和4年)

年収人数割合
900万円超1,000万円以下98.9万人3.4%
1,000万円超1,500万円以下180.4万人6.2%
1,500万円超2,000万円以下37.5万人1.3%
2,000万円超2,500万円以下11.6万人0.4%
2,500万超15.1万人0.5%
令和4年民間給与実態統計調査

男性(令和3年)

年収人数割合
900万円超1,000万円以下90.7万人3.0%
1,000万円超1,500万円以下166.5万人5.4%
1,500万円超2,000万円以下38.9万人1.3%
2,000万円超2,500万円以下12.2万人0.4%
2,500万超14.8万人0.5%
令和3年民間給与実態統計調査

男性(令和2年)

年収人数割合
900万円超1,000万円以下86.3万人2.8%
1,000万円超1,500万円以下158.9万人5.2%
1,500万円超2,000万円以下33.5万人1.1%
2,000万円超2,500万円以下11.2万人0.4%
2,500万超13.3万人0.4%
令和2年民間給与実態統計調査

男性(令和元年)

年収人数割合
900万円超1,000万円以下90.8万人3.0%
1,000万円超1,500万円以下166.1万人5.5%
1,500万円超2,000万円以下38.3万人1.3%
2,000万円超2,500万円以下11.2万人0.4%
2,500万超13.6万人0.4%
令和元年民間給与実態統計調査

男性(平成30年)

年収人数割合
900万円超1,000万円以下83.9万人2.8%
1,000万円超1,500万円以下164.7万人5.6%
1,500万円超2,000万円以下35.5万人1.2%
2,000万円超2,500万円以下11.6万人0.4%
2,500万超15.1万人0.5%
平成30年民間給与実態統計調査

女性(令和4年)

年収人数割合
900万円超1,000万円以下12.7万人0.6%
1,000万円超1,500万円以下21.5万人1.0%
1,500万円超2,000万円以下5.7万人0.3%
2,000万円超2,500万円以下1.5万人0.1%
2,500万超1.9万人0.1%
令和4年民間給与実態統計調査

女性(令和3年)

年収人数割合
900万円超1,000万円以下9.8万人0.4%
1,000万円超1,500万円以下18.5万人0.8%
1,500万円超2,000万円以下4.3万人0.2%
2,000万円超2,500万円以下1.4万人0.1%
2,500万超1.8万人0.1%
令和3年民間給与実態統計調査

女性(令和2年)

年収人数割合
900万円超1,000万円以下8.9万人0.4%
1,000万円超1,500万円以下16.4万人0.7%
1,500万円超2,000万円以下4.9万人0.2%
2,000万円超2,500万円以下1.2万人0.1%
2,500万超1.2万人0.1%
令和2年民間給与実態統計調査

女性(令和元年)

年収人数割合
900万円超1,000万円以下10.3万人0.5%
1,000万円超1,500万円以下18.9万人0.8%
1,500万円超2,000万円以下5.4万人0.2%
2,000万円超2,500万円以下1.2万人0.1%
2,500万超1.5万人0.1%
令和元年民間給与実態統計調査

女性(平成30年)

年収人数割合
900万円超1,000万円以下9.3万人0.4%
1,000万円超1,500万円以下15.7万人0.8%
1,500万円超2,000万円以下3.8万人0.2%
2,000万円超2,500万円以下1.2万人0.1%
2,500万超1.3万人0.1%
平成30年民間給与実態統計調査

女性でも1,000万円以上の人は結構多いですが、2,000万円以上の人は2万人ほどしかいません。

女性が働きやすい時代になっていますが、働き続けられる女性は多くないので、収入を上げるのは簡単ではありません。

金融資産1億円以上の富裕層の割合

金融資産世帯数割合
超富裕層5億円以上7.3万0.14%
富裕層1億円以上5億円未満114.4万2.16%
準富裕層5000万円以上1億円未満314.9万5.95%
アッパーマス層3000万円以上5000万円未満680.8万12.87%
マス層3000万円未満4173.0万78.88%
純金融資産保有額の世帯数と資産規模

金融資産1億円以上の世帯が120万世帯もあるので、思ったより多い印象ですが、割合では2.3%になります。

世界的に見た時に富豪や資産家は、ビリオネアと呼ばれる10億ドル以上の資産を持っている人たちです。日本円にすると1ドル120円換算で1,200億円ぐらいです。

大手企業の社長がほとんどですが、日本で1,200億円以上の資産を持っている人は30人もいません。

この記事を書いた人

竹内潤平のアバター 竹内潤平 代表取締役社長

Webマーケター/ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。
SEO、HTML、CSS、WordPressが得意です。複数のサイトを自分自身で運営・管理しています。当サイトも私がテーマカスタマイズや記事の作成をしています。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資でお金を借りた経験があります。
株式投資歴は20年以上で、現在は個別株投資やベンチャー投資をしつつ、NISAつみたて投資枠でオルカン、S&P500、日経225に投資しています。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

運営者情報

会社名 株式会社アルビノ
代表者 代表取締役社長 竹内潤平
住所 〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-3-13 西新宿水間ビル6階
電話番号 03-6914-6178
全社テレワーク中のため、お電話を頂いても対応できない状況となっています。
お問合せ メールフォーム
設立 2014年10月20日
資本金 1000万円
事業内容 Webマーケティング支援
メディア運営
ライフプランコンサルティング
法人番号 7011101071501
本社所在地 〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-4-5
インボイス登録番号 T7011101071501
目次