この記事を書いた人

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

プロミスのスマホATMのやり方を解説

プロミスにはスマホATM取引があるので、カードなしでセブン銀行やローソン銀行のATMが利用できます。

私もプロミスを使っていますが、スマホだけで提携コンビニATMから借りられるのでかなり便利です。

プロミスのアプリにログインして、「スマホATM取引」から出金します。アプリにログインするためには、Web-IDやカード番号、生体認証登録が必要になります。

消費者金融では、「プロミス、アコム、アイフル、レイク、SMBCモビット」がスマホATM取引に対応しています。

プロミスの振込融資は原則24時間取引です。プロミスなら夜間や土日の即日融資もインターネット振込やスマホATM取引で借りられます。

プロミスやアイフル、アコムはカードレス契約も可能なので、郵送物なしのWeb完結申込がおすすめです。

当サイトの掲載情報について

当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。広告掲載ポリシーはこちら

掲載する商品やサービスが広告であることがわかるように、事前に詳細ページを案内したり、リンクにPRを付けています。

当サイトで紹介している消費者金融やクレジット会社は、全て財務局都道府県知事の登録を受けている正規の貸金業者です。

金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで、街金を含めた全ての貸金業者が確認できます。

スマホATM取引の借り入れ

スマホATM取引では、借入(出金)と返済(入金)ができますが、先に借入方法をご紹介します。手順が難しく感じるかもしれませんが、一回やってみると思ったよりも簡単です。

アコム、アイフル、レイク、SMBCモビットのスマホATM取引も手順は同じです。

公式アプリにログインする

 

まずはプロミスにログインします。カード番号(またはWeb-ID)と暗証番号が必要です。生体認証でもログインできます。

プロミスのWeb-IDは自分で登録するものです。プロミスの会員ページから、覚えやすいIDを登録しておきましょう。

Web-IDを登録していない人は、スマホにカード番号情報を保存しておくのがおすすめです。

アプリのスマホATM取引をタップする

アプリに表示された「スマホATM取引」をタップします。

プロミスのスマホATM取引を利用するには、スマホのSMS認証が必要になります。「認証コードを取得する」をタップして、スマホに届いた認証コードを入力します。

プロミスからの認証コードは「0120-24-0365」のプロミスコールの電話番号で届きます。

スマホに届いた4桁の認証コードを入力します。

認証手続きが完了したら、利用するATMを選びます。プロミスのスマホATM取引では、セブン銀行とローソン銀行のATMが利用できます。

この画面が表示された方は、携帯電話番号の登録がないためスマホATM取引が利用できません。

携帯電話番号の登録がお済みでない方は、平日9:00~18:00にプロミスコール(0120-24-0365)に電話して手続きしてください。

借入をタップする

スマホATM取引を開始します。お金を借りたい時は「お借入」をタップします。

セブン銀行ATMの「スマートフォン取引」にタッチする

ここで、操作がATMに移ります。セブン銀行ATMの「スマートフォン取引」にタッチするとQRコードが表示されます。

先にATMを操作してQRコードを出した状態で、アプリのスマホATM取引を開始しても構いません。

ATMに表示されたQRコードをスマホで読み取る

スマホで表示されたQRコードを読み込みます。上手く読み取れない時はQRコードを印刷して、紙から読み込むこともできます。

QRコードを読み込む時に、ATMが設置されている場所によっては画面にライトが反射してうまく読み取れないことがありますね。

上手くQRコードが読み込めない時はエラー画面になります。エラーが出た時はもう一度QRコードを読み込みましょう。

ATMの取り消しボタンを押して、もう一度始めからやり直すと上手くいくことがあります。

何度やってもダメな時は、ATMから紙を印刷して読み込むのがよいと思います。一手間増えますが確実に読み取れます。

スマホに企業番号と暗証番号が表示される

QRコードが上手く読み込めた時は、4桁の企業番号と4桁の暗証番号が表示されます。

企業番号は毎回同じ番号で、プロミスは「8336」、アイフルは「8337」、レイクは「8338」と決まっています。

企業番号を知っていてもQRコードを読み込まないと先には進めません。必ずスマホでQRコードを読み込み、企業番号を入力してください。

ATMに企業番号を入力する

スマホに表示された企業番号を入力します。私が使っているのはプロミスなので、企業番号は「8336」です。

次にATM手数料が表示されます。プロミスの提携コンビニATM手数料は、1万円以下の借入は110円、1万円超の借入は220円です。

プロミスの自社ATMや、振込キャッシングなら手数料はかかりません。

ATMに暗証番号を入力する

スマホに表示された4桁の暗証番号を入力します。暗証番号はその時に一度だけ使えるワンタイムパスワードです。

借入金額を入力する

最後に借りる金額を入力して「確認」にタッチします。

借入完了

ATMからお金が出てきました。これで借り入れは完了です。

利用明細書はカードで借りた時と同じですが、右上に「QR」と書かれています。慣れれば1分もかからずに借り入れできると思います。

スマホATM取引をすると、登録メールアドレスに「スマホATM取引完了のお知らせ」というメールが届きます。

スマホATM取引を利用していないのに取引完了メールが来た場合は、不正利用が疑われるので、すぐに会員サイトを確認しましょう。

スマホATM取引の返済

スマホATM取引で返済する時の流れをご紹介します。カードを挿入して返済する時よりも少し手間がかかります。

公式アプリにログインする

プロミスの公式アプリにログインします。借り入れでも返済でも、必ずアプリへのログインが必要です。

アプリのスマホATM取引をタップする

返済をタップする

返済する時は「ご返済」をタップします。

セブン銀行ATMの「スマートフォン取引」にタッチする

セブン銀行ATMの「スマートフォン取引」にタッチするとQRコードが表示されます。

ATMに表示されたQRコードをスマホで読み取る

QRコードを読み込みます。借り入れの時と流れはほとんど同じです。

スマホに企業番号と暗証番号が表示される

企業番号は借り入れの時と同じですが、暗証番号は毎回変わります。

ATMに企業番号を入力する

ATMに暗証番号を入力する

返済金額を投入する

ATMに返済するお金を投入します。

返済完了

最後に、入金した金額のうち、元金の返済額と利息の返済額が表示されます。以上で返済は完了です。

プロミスでは、返済時に手数料が精算されます。提携ATMで借りて提携ATMで返済した場合、返済時に2回分の手数料を支払うことになります。

スマホATM取引が利用できるカードローン

スマホATM取引が利用できるカードローンを教えてほしい。

プロミス、アコム、アイフル、レイク、SMBCモビットなどの消費者金融で利用できます。

スマホATM取引が始まった頃は、一部の消費者金融で利用できるだけでしたが、現在では多くの消費者金融が対応しています。

金融機関 セブン銀行 ローソン銀行
プロミス
アイフル
SMBCモビット
アコム
レイク
dスマホローン
au PAY スマートローン

プロミスとアイフル、SMBCモビットは、セブン銀行とローソン銀行でスマホATM取引が利用できます。

アコムとレイク、dスマホローンはセブン銀行でスマホATM取引が利用できます。

銀行カードローンのスマホATM取引

銀行カードローンでもスマホATM取引が利用できますか?

メガバンクは未対応ですが、一部の銀行ではスマホATM取引が利用できます。

銀行 スマホATM取引 利用できるATM
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
住信SBIネット銀行 セブン銀行、ローソン銀行
セブン銀行 セブン銀行、ローソン銀行
auじぶん銀行 セブン銀行
PayPay銀行 セブン銀行
りそな銀行
ソニー銀行
イオン銀行 イオン銀行
UI銀行 セブン銀行
みんなの銀行 セブン銀行

auじぶん銀行のスマホATM取引は、キャッシュカードを使わずに入出金できるサービスです。現時点ではカードローンの借入・返済には利用できません。

スマホATM取引に対応していても、カードローンでは利用できなかったり、自社ATMしか利用できない場合もあります。

スマホATMでキャッシングしたい人は、銀行よりも消費者金融の方が使いやすいと思います。

私が使っているカードローン
プロミスのおすすめポイント
プロミスカード
  • 原則、勤務先への電話確認なし
  • 最短3分で融資
  • カードレス契約も可能
  • 原則24時間最短10秒で振込融資
  • 学生アルバイトでも借りられる
  • クレジット機能付きのプロミスVisaカードあり
  • SMBCグループ
※審査結果によっては電話による在籍確認あり
※申込時間や審査により希望に添えない場合あり

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

運営者情報

会社名 株式会社アルビノ
代表者 竹内潤平
住所 〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-3-13 西新宿水間ビル6階
電話番号 03-6914-6178
※電話対応はしていません。
お問合せ メールフォーム
設立 2014年10月20日
資本金 1000万円
事業内容 Webマーケティング支援
ライフプラン・コンサルティング
メディア運営
主要取引銀行 三菱UFJ銀行
住信SBIネット銀行
法人番号 7011101071501
本社所在地 〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-4-5
インボイス登録番号 T7011101071501

上に戻る