この記事を書いた人

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

プロミスの金利を引き下げる方法は?

プロミスの金利は高い?低い?

プロミスの金利は「年4.5~17.8%」です。プロミスの金利は、カードローンの中では高くもなく低くもなく一般的な金利水準です。

カードローンを利用する時に気になるのが、金利と借入限度額だと思います。できるだけ少ない利息で済ませたいですよね。

プロミスは、他の消費者金融と比べ下限利率は高く、上限利率は少し低くなっています。

初回契約時は限度額が低くなるので上限利率が適用される事が多いです。金利でカードローンを選ぶ時は上限利率で比較しましょう。

プロミスで借りると最初は利息がかからないの?

プロミスには30日間の無利息期間があるので、初回借入日の翌日から30日間は利息がかかりません。

多くの消費者金融では、初回契約日の翌日から30日間となっていますが、プロミスは利用日から30日間なので嬉しいですね。

当サイトの掲載情報について

当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。広告掲載ポリシーはこちら

掲載する商品やサービスが広告であることがわかるように、事前に詳細ページを案内したり、リンクにPRを付けています。

当サイトで紹介している消費者金融やクレジット会社は、全て財務局都道府県知事の登録を受けている正規の貸金業者です。

金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで、街金を含めた全ての貸金業者が確認できます。

プロミスの金利(実質年率)

プロミスの金利は「年4.5~17.8%」です。

カードローンは借入限度額によって金利が変わります。限度額100万円以上になると、金利は年15.0%以下になります。

消費者金融の一般的な金利は、100万円未満の借り入れで年18.0%ですが、プロミスの上限金利は年17.8%なので少しお得です。

0.2%の金利差は大したことがないと思うかもしれませんが、10万円以下の借り入れであっても、借入期間が長くなると利息も多くなります。

銀行カードローンでは、限度額ごとに金利が決められていることも多いですが、プロミスは限度額100万円なら金利◯%、200万円なら金利◯%というような形にはなっていません。

収入が多ければ限度額を200万円以上にすることもできますが、金利を一桁台にするのは難しいです。一定の契約期間と利用実績がないと低い金利にはなりません。

プロミスの金利を下げる方法

金利を下げる方法
  • 限度額を100万円以上にする
  • プロミスと金利交渉する

プロミスの金利を下げる方法はこの2つしかありません。

限度額が100万円以上になれば金利が年15.0%以下になるので、年17.8%と比べ格段に金利が下がります。

銀行カードローンの上限金利も年15%ほどになっていることが多いので、プロミスの限度額を100万円以上にできれば銀行並の金利で借りられることになります。

プロミスと金利交渉することで金利が下がることもありますが、ほとんどの場合うまくいきません。

利用実績を増やしてプロミスの信用度を上げれば交渉次第で金利が下がる可能性があります。

プロミスの増額で金利を下げる

プロミスの金利を下げる確実な方法が増額です。増額審査に通り、限度額が100万円以上になれば金利が下がります。

プロミスの増額審査は時間がかかる?審査落ちの結果が来ない理由

カードローンの限度額は、ある程度の期間使っていると増額できます。

増額までの流れ
  1. 半年以上使ってみる
  2. 増額審査を受ける
  3. 限度額が100万円以上になる
  4. 金利が年15.0%になる

この流れでプロミスの金利が下げられます。私の場合は、契約から10ヶ月ほどした所で、こちらから増額申込して30万円から100万円にアップしました。

限度額が100万円以上になると、金利は年15.0%に下がるので利息が減らせます。

契約期間が半年以上で返済実績があると、プロミスから電話がかかってきて、限度額の増額を勧められることもあります。

会員ページやコールセンターでも増額の申込みを受け付けているので、限度額を増やしたい人は申込みしてみましょう。契約直後や増額直後は限度額が増額できません。

私自身の経験だと、契約から半年~1年以上経過していて、何度か借入⇒返済を繰り返し、信頼度を上げないと増額するのは難しかったです。

年収が高く、たとえば公務員や大手企業に勤務していても、一定の契約期間と返済実績がないと、消費者金融は限度額を増額してくれません。

銀行カードローンの方が始めの限度額設定が高めで、増額もしやすいと言われています。高額な限度額を求める人は、銀行カードローンが良いかもしれません。

プロミスの利用者の金利

プロミス、アコム、アイフルは、利率別の利用者数を公開しています。プロミスは毎年発表している決算資料の中で、利率別の利用者数を公表しています。

貸付利率 口座数 割合(%)
15.0%以下 437,000 29.5
15.0%超~18.0% 1,044,000 70.5

※SMBCコンシューマーファイナンス「2023年3月期決算補足資料」

多くの人が年17.8%で借りていると思っていたかもしれませんが、年率15.0%以下で借りている人が3割ほどいます。

限度額が100万円以上になると、上限金利が年15.0%になるので、限度額が100万円以上の人が3割いるのかもしれません。

年率10.0%以下で借りている人もいます。銀行カードローンは、年率10%前後で借りられることも多いですが、消費者金融でも意外と低金利で借りている人はいます。

私のプロミスの金利

私がプロミスと契約した時は、「初回限度額30万円」で金利は「年17.8%」でした。その後、限度額を増額して100万円になった時に金利が15.0%になりました。

利息制限法で借入額10~100万円未満の上限金利が18.0%、100万円以上の上限金利が15.0%と決まっているので、これを超える金利になることはありません。

限度額が100万円以上になれば金利は、15.0%以下になりますが、限度額が上がったばかりの頃は上限の15.0%になることが多いです。借入実績があり限度額200万円以上になると、金利15.0%未満になる可能性もあります。

消費者金融の金利は銀行カードローンと比べると高めに設定されています。銀行カードローンでは、年収300万円の人が、契約時に限度額150万円、金利10.0%になることもあります。

これが現在の私の契約情報です。借入可能額は50万円で、金利は15.0%です。

借入可能額50万円なのに金利が15.0%になっているのは、一度100万円に増額した後に50万円に減額したためです。

減額したら金利が元に戻ると思ったのですが、限度額はそのままで借入可能額が50万円に下げられる形になり、金利は15.0%のまま利用できています。

カードローンの遅延損害金(遅延利率)というのは、返済が遅れた時に適用される利息のことです。大手消費者金融では遅延利率が20.0%になっています。

借入利率が下がれば利息は減る

私はプロミスの限度額を上げることで、年利17.8%が15.0%に下がりました。

借入利率17.8%と15.0%で利息にどれくらいの差が出るのかを見てみましょう。

10万円借りた時に利率によって、総返済額にどれくらいの差が出るかのシミュレーションです。

毎月の返済額 年17.8% 年15.0%
4,000円 125,864円 120,634円
8,000円 111,417円 109,417円
10,000円 109,043円 107,497円
15,000円 106,078円 105,061円
20,000円 104,694円 103,923円

この差を大きいと感じるか小さいと感じるかは人それぞれだと思いますが、借入額が大きく返済額が小さいと影響は大きくなります。

50万円借りた時の利率と総返済額の差をシミュレーションしてみます。

毎月の返済額 年17.8% 年15.0%
11,000円 837,845円 743,549円
20,000円 629,392円 603,248円
30,000円 578,635円 564,195円
40,000円 557,125円 547,115円
50,000円 545,245円 537,511円

借入額が大きくても毎月たくさん返済すれば利率の差はあまり出ません。しかし、最低返済額で返済する場合は、最終的に大きな利息の差になります。

カードローンはできるだけ利率を下げて、早い期間で返済することで利息が減らせます。

プロミスと他社の金利比較

消費者金融で有名なのは、プロミス、アコム、アイフル、レイクなどですが、実際に借りた時の金利や限度額に大きな差は出ません。

金融機関 金利 限度額
プロミス 年4.5~17.8% 1~500万円
アコム 年3.0~18.0% 1~800万円
アイフル 年3.0~18.0% 1~800万円
レイク 年4.5~18.0% 1~500万円
SMBCモビット 年3.0~18.0% 1~800万円

大手消費者金融の中では、アコム・アイフル・SMBCモビットの金利は低く見えますが、下限金利が低くても適用される金利が低くなければ意味がありません。

実際に適用される金利は限度額によって決まります。多くの人が上限金利で借りることになるので、金利を比較するときは上限金利を見なければなりません。

プロミスと銀行カードローンの金利比較

プロミスの金利は高いのでしょうか?

消費者金融の中では一般的な金利ですが、銀行カードローンと比べると高いです。

プロミスの金利を銀行カードローンの金利と比較してみます。

金融機関 金利 限度額
プロミス 年4.5~17.8% 1~500万円
三菱UFJ銀行 年1.8~14.6% 10~500万円
三井住友銀行 年1.5~14.5% 10~800万円
みずほ銀行 年2.0~14.0% 10~800万円
りそな銀行 年3.5~13.5% 10~800万円
イオン銀行 年3.8~13.8% 10~800万円
楽天銀行 年1.9~14.5% 10~800万円
オリックス銀行 年1.7~14.8% 10~800万円
auじぶん銀行 年1.48~17.5% 10~800万円
PayPay銀行 年1.59~18.0% 10~1000万円

※auじぶん銀行は、通常金利と限度額

プロミスと銀行カードローンを比べると、下限金利も上限金利も銀行カードローンの方が低いです。

カードローンは限度額が大きい方が金利は低くなるので、最高限度額が大きいところは下限金利が低くなります。

PayPay銀行カードローンやauじぶん銀行カードローンは、下限金利が低いですが上限金利が高いです。

限度額が100万円未満だとプロミスなどの消費者金融と同じ金利水準で借りることになります。

プロミスの無利息期間は30日間

プロミスには30日間の無利息サービスがあります。

初回利用から30日間は何度借りても利息が0円です。

初回利用の31日目から通常利息が発生します。借入残高が多いほど利息も多くなるので、30日目までに返せるだけ返しておくのもありだと思います。

初回利用日は、民法第140条の初日不算入の原則により利息は発生しません。これはどこのカードローンでも同じです。

無利息適用条件

  • 初めてプロミスを利用する方
  • メールアドレスを登録した方
  • Web明細利用登録した方

以前、「ご利用再開30日間無利息キャンペーン」として、一定期間プロミスとの取引がなかった方が、再度利用した場合にも30日間無利息が適用されるキャンペーンがありました。

現在は、新規申込でプロミスと契約した方のみが、初回借入日の翌日から30日間無利息が適用されます。

無利息適用例

30日以内に追加融資した場合

30日以内なら追加借入した分も含めて利息が発生しません。31日目以降の借入残高に対して利息が発生します。

30日以内に完済し再び借りた場合

初回利用日の翌日から30日間がカウントされるので、30日以内に完済して一度借入残高が0円になっても、その後再び借りれば初回利用日から31日目から利息が発生します。

初回利用日の翌日から30日以内に、再度利用した分を完済すれば利息は0円です。

他社の無利息サービスと比較

消費者金融の無利息期間
プロミス
アコム
アイフル
レイク
注意事項
レイクの注意事項

【融資時間について】
※Web申込みの場合、最短25分融資も可能
※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く

【無利息期間について】
※Web経由で申込みされた方のみ60日間無利息を利用可能
※「60日間無利息(Web申込み限定)」、「5万円まで180日間無利息」、「30日間無利息」の併用不可
※レイクで初回契約の方が対象
※初回契約翌日から無利息適用
※ご契約額が200万円超の方は30日間無利息のみ利用可能
※無利息期間終了後は通常金利適用

【貸付条件】
ご融資額:1万円~500万円
貸付利率(年率):4.5%~18.0%
※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
年齢制限:満20歳~70歳
遅延損害金(年率):20.0%
ご返済方式:残高スライドリボルビング方式/元利定額リボルビング方式
ご返済期間・回数:最長5年・最大60回
※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は変動します。
必要書類:運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャル株式会社が必要とする場合)
担保・保証人:不要
商号・名称:新生フィナンシャル株式会社
登録番号:関東財務局長(10) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号

大手消費者金融は、どこでも無利息サービスはありますが、適用条件や適用期間などに違いが見られます。

無利息期間が適用されるタイミングは、「借入日から30日」「契約日から30日」の2つに分かれています。

契約日から30日間の消費者金融の場合、契約日の翌日までに借り入れしないと30日間フルで無利息が適用されません。

プロミスなら初回借入日の翌日から30日間なので、契約日から数日経ってから借りても30日間フルで適用されます。

プロミスで10万円借りる時の利息

プロミスで10万円借りる時の利息は、毎月の返済額によって変わります。

毎月の返済額 総返済額 利息合計
4,000円 125,864円 25,864円
8,000円 111,417円 11,417円
10,000円 109,043円 9,043円
15,000円 106,078円 6,078円
20,000円 104,694円 4,694円

毎月4千円の返済でも構いませんが、10万円の借入で利息が25,864円なので、利息は多いです。借入残高が減った時に返済額を減らせば利息はもっと大きくなります。

プロミスの返済シミュレーションを使い、10万円借りた時の返済額や利息を確認してみます。金利は17.8%で計算しています。

10万円を借りて月に4千円ずつ返済する場合、返済期間は32ヶ月で、総返済額は125,864円になります。10万円の借り入れでも返済期間が長いと、利息が25,864円も付きます。

リボ払いの場合、返済期間が伸びると毎月の返済額は小さくなりますが、利息が増えるので注意しましょう。

月1万円返済する時の利息

10万円借りて月1万円返済する時の利息をシミュレーションしてみます。

10万円借りて月に1万円ずつ返済する場合、返済期間は11ヶ月で、総返済額は109,043円になります。利息は9,043円で済みます。

月1万円返すのは大変かもしれませんが、返済期間が1年以内なら利息はかなり少なくて済みます。

月2万円返せれば6ヶ月の返済で、総返済額104,694円になります。返済期間が短いほど利息は減っていきます。

利息が多くてもいいから毎月の返済を減らしたい人も多いと思いますが、余裕ができた時に繰上げ返済して元金を減らしていきましょう。毎月の返済額を超える返済をすると全て元金の返済に充てられます。

5万円借りる時の利息

プロミスを初めて利用する人の多くが5万円以下の借入です。プロミスで5万円借りる時の利息は、毎月の返済額によって変わります。

毎月の返済額 総返済額 利息合計
2,000円 62,923円 12,923円
4,000円 55,704円 5,704円
6,000円 53,762円 3,762円
8,000円 52,870円 2,870円
10,000円 52,345円 2,345円

借りる額が大きくなければ、月数千円のリボ払いでも利息はそれほど多くなりません。

プロミスの返済シミュレーションを使い、5万円借りた時の返済額や利息を確認してみます。金利は年17.8%で計算しています。

プロミスでは借入残高が5万円の場合、毎月の返済額は2,000円になります。

5万円借りて月2,000円ずつ返済する場合、返済期間は32ヶ月です。

5万円借りて最終的に62,923円の返済になるので、トータルで支払う利息は12,923円です。

プロミスの借入限度額

プロミスの借入限度額は「最高500万円」です。

最近は最高800万円の消費者金融も増えていますが、実際には限度額が500万円を超えることはないので、500万円も800万円も本質的に差はありません。

カードローンの限度額には、その金融機関が貸し出せる最高限度額と、その契約者が借りられる限度額の2つがあります。

大手消費者金融の最高限度額を見ると、アイフル、アコム、SMBCモビットが800万円です。仮に800万円借りる場合、総量規制の関係で最低でも年収が2,400万円必要になります。

利用者が実際に借りられる限度額については、申込時の年収や雇用形態、勤続年数、信用情報機関のデータなどによって変わってきます。

プロミスの初回限度額は30~50万円になることが多いです。消費者金融でいきなり100万円、200万円の限度額にするのは難しいでしょう。(どうしても200万円借りたい場合

私の場合は、初回限度額が30万円でした。一般的な年収ですが個人事業主だったので返済能力が低いと判断されたのかもしれません。

三井住友銀行 カードローンの限度額

私の妹が三井住友銀行 カードローンを利用しているのですが、年収240万円で限度額が140万円、年10.0%の金利で審査に通りました。

車を買うための資金として50万円を希望しましたが、上限金利が下がるのならということで限度額140万円で契約しました。

限度額一杯まで使わないとその金利が適用されないわけではないので、銀行カードローンでは限度額が大きいほど有利です。ただし、限度額が大きいと借り過ぎる危険もあるので注意しましょう。

※銀行カードローンは、年収が高くなくても契約時に大きな限度額になることがありますが、2016年に銀行の過剰融資が問題視されてからは、初回限度額が高額になるケースは少なくなっています。

私が使っているカードローン
プロミスのおすすめポイント
プロミスカード
  • 原則、勤務先への電話確認なし
  • 最短3分で融資
  • カードレス契約も可能
  • 原則24時間最短10秒で振込融資
  • 学生アルバイトでも借りられる
  • クレジット機能付きのプロミスVisaカードあり
  • SMBCグループ
※審査結果によっては電話による在籍確認あり
※申込時間や審査により希望に添えない場合あり

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

運営者情報

会社名 株式会社アルビノ
代表者 竹内潤平
住所 〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-3-13 西新宿水間ビル6階
電話番号 03-6914-6178
※電話対応はしていません。
お問合せ メールフォーム
設立 2014年10月20日
資本金 1000万円
事業内容 Webマーケティング支援
ライフプラン・コンサルティング
メディア運営
主要取引銀行 三菱UFJ銀行
住信SBIネット銀行
法人番号 7011101071501
本社所在地 〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-4-5
インボイス登録番号 T7011101071501

上に戻る