この記事を書いた人

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

プロミスのセブン銀行コンビニ返済のやり方!セブンイレブンの返済方法

プロミスの返済はコンビニでできるの?

プロミスの返済方法は、①口座振替、②ATM、③インターネット返済、④銀行振込の4つがあります。家族にバレずに返済したいときは、コンビニから返済するのがおすすめです。

プロミスは、セブンイレブンなどに設置してあるセブン銀行や、ローソン銀行のATMならカードなしでも取引できます。ファミリーマート、デイリーヤマザキなど、その他のコンビニではプロミスカードが必要です。

ATMで借入・返済すると、その場で利用明細書が発行されます。インターネット振込や口座振替でも、Web明細にしておけば明細書は郵送されてきません。

当サイトの掲載情報について

当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。広告掲載ポリシーはこちら

掲載する商品やサービスが広告であることがわかるように、事前に詳細ページを案内したり、リンクにPRを付けています。

当サイトで紹介している消費者金融やクレジット会社は、全て財務局都道府県知事の登録を受けている正規の貸金業者です。

金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで、街金を含めた全ての貸金業者が確認できます。

プロミスはセブン銀行で返済するのが便利

セブンイレブンに設置してあるセブン銀行ATMは、原則24時間取引できます。プロミスなら夜間や土日でもセブン銀行ATMで借りられます。

セブン銀行のATMは、セブンイレブンの他にもスーパーや空港、駅前などでも見かけますが、コンビニ以外の店舗内に設置してあるATMは、その店舗の営業時間内しか利用できません。

セブン銀行ATMの営業時間

プロミスでセブン銀行ATMを利用する場合の営業時間をご紹介します。

曜日 借入 返済
平日 0:10~23:50 0:10~23:50
土日 0:10~23:50 0:10~23:50
祝日 0:10~23:50 0:10~23:50

メンテナンスの関係で月曜日は7:00からの利用となります。

セブン銀行にはスマホATM取引があるので、プロミスならカードなしでもセブンイレブンのATMが利用できます。

セブン銀行ATMの手数料

セブン銀行ATMで取引するときは手数料がかかります。

取引額 借入 返済
1万円以下 110円 110円
1万円超 220円 220円

提携コンビニATMでは必ず手数料がかかります。スマホATM取引でも手数料は変わりません。

三井住友銀行のATMや、プロミスの自動契約機に設置してあるATMは手数料無料です。提携ATMで手数料がかからないのは三井住友銀行だけです。

手数料が引かれるのは返済時

1万円以下の返済で220円の手数料を引かれることがありますが、それは借入時の手数料と合わせた金額を支払っているからです。

手数料無料のプロミスのATMで1万円借りて、提携ATMで2,000円返済する場合、手数料は返済時の110円のみになります。

提携ATMを利用した分だけ手数料が発生しますが、手数料の支払いは返済時のみなので、返済時の手数料が高くても間違っているわけではありません。

プロミスで提携ATMを利用したときの手数料の発生と精算のタイミングは以下のようになっています。

お取引き 手数料発生 手数料清算
お借入れ
(ご出金)
提携ATM
提携ATM以外
ご返済
(ご入金)
提携ATM
提携ATM以外

例えば借入も返済も提携コンビニATMを利用している場合、以下のようなタイミングで手数料を生産します。

1/13に提携ATMで1万円借入(手数料110円発生)
2/1に提携ATMで1万円返済(手数料220円精算)

この場合、借入時に手数料が110円発生し、返済時にも手数料が110円発生するので、合計220円の支払いになります。

借入時も返済時も手数料がかかる方法だと、返済時に往復分の手数料を支払うことになります。

1/13に提携ATMで1万円借入(手数料110円発生)
1/18に提携ATMで1万円借入(手数料110円発生)
2/1に提携ATMで1万円返済(手数料330円精算)

この場合、借入時に2回の手数料が発生しているので、返済時の手数料と合わせて3回分の支払いになります。

手数料がかからないはずの返済方法で手数料の支払いがあるのは、借入のときに発生した手数料を支払っているためです。

セブン銀行ATMで返済するときのやり方

ATM返済のやり方はとても簡単です。画面の指示に従って入金するだけです。

返済のときは「ご入金(返済)」ボタンにタッチします。

入金可能額(借入残高)が表示されるので、この金額の範囲内で入金します。

紙幣を投入します。コンビニATMでは硬貨が投入できないので、1,000円単位の返済になります。

これは入金可能額(借入残高)が4万円で、1万円投入した時の画面です。

1万円の返済のうち、元金の返済は9,515円で、利息は45円でした。このときの手数料は440円でした。

提携ATMでは借入時に発生した手数料を返済時に精算するので、返済時の手数料が大きくなることがあります。

最後にカードと明細書を受け取ったら返済は完了です。

ATMでの借入や返済の場合、その場で明細書が発行されるので、自宅に明細が届くことはありません。口座振替のように通帳に利用履歴が残ることもありません。

誰にもバレずにキャッシングしたいという人も多いと思いますが、郵送物で家族にバレてしまう人も多いので注意しましょう。

セブン銀行ATMで借入するときのやり方

セブン銀行のATMで、プロミスカードを利用してお金を借りる時の流れをご説明します。アコムを利用する場合も表示される画面は同じです。

まずは、カード挿入口にプロミスのカードを入れます。キャッシュカードやクレジットカードと同じですね。

プロミスカードを挿入した後の画面です。アコムでも同じ画面が表示されますが、左上の消費者金融名が違っています。

初めて利用する時は、「ご出金(借入)、ご入金(返済)、出金可能額参照」の3つのボタンがあります。

ご出金やご返済を選択すると、次にATM利用手数料が表示されます。プロミスやアコムでは提携コンビニを利用する時に手数料がかかります。

手数料が嫌な人は、自動契約機に設置してある自社ATMを利用するか、振込融資で借入して銀行のキャッシュカードで銀行ATMから引き出しましょう。

あとは、画面に従って進んでいくだけです。銀行のキャッシュカードやクレジットカードのキャッシングと変わらないので、利用方法は簡単です。

4桁の暗証番号を入力します。ATMで取引する時は暗証番号が必要になります。

借入希望額を入力します。

これで借入は完了です。

この時は、1万円借りました。1万円以下の借入なら手数料は110円です。

カードローン会社によっては最低借入額が1万円からのところもありますが、プロミスは1,000円単位で借りられます。

プロミスのコンビニ返済はカードなしでもできる

プロミスのスマホATM取引を使うと、セブン銀行ATMやローソン銀行ATMでカードなしで借入することができます。

スマホATM取引が利用できるのは、セブン銀行ATMとローソン銀行ATMのみです。その他のコンビニATMではプロミスカードが必要です。

QRコードの読み取りや番号の入力などが必要になるため、カードを入れて借りるほうが簡単ですが、カードを持ち歩くのが嫌な人は、この方法が便利だと思います。

セブン銀行のATMを見ると、「スマートフォン取引」というボタンがあります。カードなしでATMから借入や返済をする時は、このボタンを使用します。

スマホATM取引はセブン銀行とローソン銀行のみで利用できるものです。その他のコンビニATMで借りる場合はカードが必要になります。

スマホATM取引が利用できるのは、プロミス、アコム、アイフル、レイク、SMBCモビットです。

1,000円未満の借入残高には利息がかからない

多くのカードローン会社では1,000円未満の借入残高には利息をかけません。口座振替でなければ請求もないので基本的には放置しておいても大丈夫です。

アコムの無利息残高は放置しても大丈夫?プロミスの預り金(おつり)

カードローンを解約したいときは1円単位まで完済する必要があるので、インターネット返済や銀行振込で無利息残高を返済しましょう。

※カードローン会社によっては無利息残高を残高なしとして扱うため、無利息残高がある状態で解約できる場合もあります。

借入残高以上の返済をした場合

プロミスでは、返済額から手数料や利息を引いた額が元本の返済に充てられます。

返済額に対する充当の順番が以下のようになっています。

返済額の充当順位
  1. 費用および手数料(提携ATM利用手数料はこちらに該当します)
  2. 未払利息
  3. 遅延利息
  4. 元本

1,000円を投入しても全てが元本の返済になるわけではなく、手数料や利息を引いた金額が元本の返済に充てられます。

提携ATMで元本1,000円を返済したいときは、2,000円投入することになります。小銭は投入できません。

たとえば、借入残高が残り1,000円以下でも、利息と手数料を足すと1,000円超えるので、2,000円投入しないと完済できません。しかし、借入残高を超える金額は投入できないATMが多いと思います。

借入金額以上に返済しすぎた場合は、カードローン口座へ「預り金(おつり)」として保管されます。

預り金は次回借入時に返済に充てるか、銀行振込で返してもらうことができます。

ATMで払いすぎた分のおつりは、振込返金してもらったり、セブンイレブンの現金受取サービスを使って、現金で受け取ることができます。

1,000円未満の借入には利息がかからないので放置する人もいますが、残高がある限り完済にはならないので、完済したいときはネット返済で返済しましょう。

無利息残高や手数料に関するFAQ

Q.借入残高が1,000円未満になると利息がかからないの?

本当です。1,000円未満の借入は利息適用外残高(無利息残高)となり、利息がかかりません。

利息がかからずカードローン会社から返済を求められることもないので、放置している人も多いと思います。

※全てのカードローン会社が無利息残高を適用しているわけではありません。

Q.利息が増えないのならそのままにしておいても大丈夫?

そのままにしておいても特に問題はありませんが、借入している状態が続くことになります。

1,000円未満の借入は返済しなくて良いわけではありません。

利息がかからなくても、本来は返済しなければいけないお金なので、信用情報機関の記録としては借入がある状態のままです。

口座振替やネット返済、銀行振込などなら1円単位の返済が可能です。完済したい時や解約したいときは全て返済しましょう。

Q.借入のときに手数料が引かれないのはなぜ?

プロミスで提携ATMを利用すると、借入でも返済でも手数料がかかります。しかし、借入のときは手数料が発生しても精算(支払い)は行われません。

次回、返済したときに借入時の手数料を精算する形になっています。何度も借入してまとめて返済すると、返済時に支払う手数料が高額になることがあります。

誰にもバレずにキャッシングする方法

内緒で借りるポイント
  1. ネットから申し込む
  2. カードなし、郵送物なしで契約する(契約書とカードを契約機で受け取る)
  3. ATMで借入・返済する
  4. Web明細利用を登録する

誰にもバレずにキャッシングしたい人は、カードなしで契約するか自動契約機でカードを受け取ります。プロミス、アイフル、レイクなどはカードなしの契約も可能となっています。

ネット申込でカードあり契約にすると、カードは自宅に郵送されてきます。郵送物に消費者金融名は書かれていませんが、家族と同居している人は不審がられるかもしれません。

契約書やカードは自動契約機で発行することができるので、郵送物が嫌な人は契約機を利用しましょう。先にネット申込しておき、無人機では契約書とカードの発行のみを行うこともできます。

Web明細を利用していればどのような借入方法でも明細書が送られてくることはありませんが、振込キャッシングで借りたり、口座振替で返済すると銀行の通帳に記録が残ります。

家族に通帳を見られる可能性がある人は、やはりATMを使うのが良いでしょう。ATMなら明細書がその場で発行されるので、郵送物はありませんし通帳に記録も残りません。

利用明細書に書かれている内容

利用明細書には以下の様な情報が記載されています。

借入の時の明細書内容

借り入れは、利用可能枠の範囲内で借りられます。

  • 取引内容・・・ご出金(借入)
  • 取引金額・・・借入金額
  • 取引後残高・・・空欄
  • 取引日時・・・借入日時
  • 取扱銀行・・・金融機関コード
  • 店舗番号
  • カード/会員番号
  • 取扱枚数・・・紙幣の枚数
  • 問合せ番号
  • 照会コード
  • 契約年月日・・・借り入れした年月日
  • お取引金額・・・借入金額
  • ATM利用手数料・・・ATM発生手数料
  • 手数料累計額
  • お取引後残高・・・借入残高
  • 貸付利率(年率)・・・金利
  • ご利用可能額
  • 次回返済期日
  • 次回返済金額
  • 返済方式・・・残高スライド元利定額返済方式
  • 最終返済予定日
  • 返済回数
  • 遅延損害金(年率)
  • 各回の返済期日・・・毎月の返済日
  • 総返済予定額
  • カード番号/契約番号

今自分がいくら借りているのかを把握していない人がいますが、明細には利用可能枠や次回の返済金額、返済期間、普通に返した場合のトータルの返済額などが書かれています。

返済の時の明細書内容

返済は、毎月の約定返済額の返済のみでも構いませんが、金額を指定して多めに返済したり全額返済することもできます。

  • 取引内容・・・空欄
  • 取引金額・・・空欄
  • 取引後残高・・・返済後の残高
  • 取引日時・・・返済の日時
  • 取扱銀行・・・金融機関コード
  • 店舗番号
  • カード番号
  • 取扱枚数
  • 問合せ番号
  • 照会コード
  • ATM利用手数料・・・精算された手数料
  • ご利用可能額
  • 次回返済期日
  • カード番号/契約番号

消費者金融によっても多少内容が変わる可能性がありますが、おおよそこのような事が書かれています。銀行ATMでの借入・返済はとても便利です。

カードローン会社によって提携している銀行が異なるので、自宅近くのコンビニで利用したい時は、その銀行と提携している金融業者と契約するのがよいと思います。セブンイレブン、ローソン、イーネット、イオンは提携している消費者金融が多いです。

プロミスの契約日

過去にプロミスを利用していた方の中には、プロミスの契約日を知りたい人もいると思いますが、明細書に契約日は書かれていません。

プロミスの契約日は、契約情報や取引履歴で確認できます。

どちらも最終契約日なので、増額や金利変更など途中で契約変更している人は、最後に契約した日が最終契約日になります。

初回契約日は会員ページからは確認できないので、申込時にプロミスから届いたメールの日付で確認するか、プロミスに電話して確認してみましょう。

私が使っているカードローン
プロミスのおすすめポイント
プロミスカード
  • 原則、勤務先への電話確認なし
  • 最短3分で融資
  • カードレス契約も可能
  • 原則24時間最短10秒で振込融資
  • 学生アルバイトでも借りられる
  • クレジット機能付きのプロミスVisaカードあり
  • SMBCグループ
※審査結果によっては電話による在籍確認あり
※申込時間や審査により希望に添えない場合あり

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

運営者情報

会社名 株式会社アルビノ
代表者 竹内潤平
住所 〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-3-13 西新宿水間ビル6階
電話番号 03-6914-6178
※電話対応はしていません。
お問合せ メールフォーム
設立 2014年10月20日
資本金 1000万円
事業内容 Webマーケティング支援
ライフプラン・コンサルティング
メディア運営
主要取引銀行 三菱UFJ銀行
住信SBIネット銀行
法人番号 7011101071501
本社所在地 〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-4-5
インボイス登録番号 T7011101071501

上に戻る