この記事を書いた人

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

プロミスの口座振替の手続き中とは?引き落とし反映はいつ?

プロミスのアプリにログインしたら「口座振替手続き中」と表示された。

プロミスのアプリや会員ページでは、引き落とし日が近づいてくると口座振替手続き中と表示されます。初めて見たときは少し驚きますが、毎月表示されるものなのでスルーして大丈夫です。

口座振替の口座を新規登録したり、変更したことで口座振替の登録手続きが行われているわけではありません。

プロミスの引き落とし反映日はいつ?

プロミスの引き落とし時間や、引き落としが残高に反映されるまでの日数は、登録している金融機関によって異なります。

プロミスの引き落とし日は「5日」ですが、利用する金融機関によっては「5日、15日、25日、末日」のいずれかから選べるようになっています。

返済日が選べる金融機関は、引き落とし当日に反映され、その他の金融機関は引落日の3営業日後に反映されます。

当サイトの掲載情報について

当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。広告掲載ポリシーはこちら

掲載する商品やサービスが広告であることがわかるように、事前に詳細ページを案内したり、リンクにPRを付けています。

当サイトで紹介している消費者金融やクレジット会社は、全て財務局都道府県知事の登録を受けている正規の貸金業者です。

金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで、街金を含めた全ての貸金業者が確認できます。

プロミスの口座振替手続き中の意味

引き落とし日が近くなったり、引き落としが行われたあとの数日は、プロミスのアプリや会員ページのトップ画面に「現在、口座振替のお手続き中です」と表示されます。

引き落とし日の1~2週間前から表示されるので、ログインするとかなりの確率で表示されているように感じます。

左側が通常時の画面で、右側が口座振替手続き中の画面です。

通常時は返済金額と返済期日が載っていますが、口座振替手続き中になると、引落予定額と次回引落予定日に変わります。

現在、口座振替のお手続き中です
  • お手続中の期間にご入金をいただいた場合でも、引落は停止されません。
  • 引落によりお借入残高以上のご入金をいただいた場合は返金させていただきます。
  • ご入金方法や不明点については、プロミスコールまでお問合せください。

画面にはこのような事が書かれています。これは、口座振替を開始するための手続き中という意味ではなく、次回の引き落としの準備段階に入っている最中という意味です。

なぜ毎月こんなに目立つように表示されるのかは謎ですが、この期間中に返済した人からの問合せが多いからなのでしょう。

引き落としが行われた後の数日間にログインするとこのような画面になります。

引落予定額と引落日の欄に「(手続き中)」と書かれているのがわかります。

現在、口座振替のお手続き中です
  • 引落金額がご契約情報に反映されるまで、最短4営業日お時間をいただいております。
  • その間、ご契約情報の金額が異なっておりますので、あらかじめご了承ください。

引き落としは完了していますが、借入残高等の反映は行われてない状況です。

最短4日となっていますが、利用している金融機関によってはもっと早く反映されるはずです。

口座振替手続き中の返済は注意

口座振替の手続き中に追加返済すると
  • 追加返済は繰り上げ返済となり、引き落としはいつも通り行われる
  • 借入残高以上の返済になったときは預り金(おつり)となり返金してもらえる

口座振替の準備に入った時点で、次回の引き落とし日にその月の約定返済額が引き落とされます。

この画面が表示されているときは、引き落とし前にインターネット返済やATM返済をしても追加返済(繰り上げ返済)の形になり、引き落としは行われます。

たとえば借入残高が5,000円で、ネット返済で5,000円返済した場合、残高はゼロになりますが、その月の元々の返済額である1,000円の引き落としは実行されます。

借入残高を超える額を返済した事になり、その分はプロミスの預り金(おつり)として保管されます。預り金は次回借りたときの返済に充てたり、返金してもらうことができます。

プロミスの引き落とし反映日

プロミスの引き落とし反映日は、口座振替に登録している金融機関によって変わります。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行など

引落日 5日、15日、25日、末日のいずれか
引落開始日 お手続き後、初回のご返済期日より開始
引落反映日 当日

返済日が選べる金融機関

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行、PayPay銀行、北洋銀行、山形銀行、北陸銀行、群馬銀行、筑波銀行、武蔵野銀行、スルガ銀行、百五銀行、滋賀銀行、京都銀行、関西みらい銀行、中国銀行、広島銀行、もみじ銀行、山口銀行、山陰合同銀行、阿波銀行、百十四銀行、福岡銀行、西日本シティ銀行、北九州銀行、十八親和銀行、熊本銀行、宮崎銀行、琉球銀行

上記の金融機関を利用している方は、引き落とし日の当日に借入残高などに反映されます。

その他金融機関

引落日 5日
引落開始日 ご登録いただいた日にちにより、初回の引落開始日は変動
引落反映日 引落日の3営業日後に反映

その他金融機関を利用している方は、引き落とし日の3営業日後に借入残高などに反映されます。

プロミスの口座振替の特徴

口座振替の特徴
  • プロミスの新規申込時に口座振替の登録が可能
  • 契約後でも会員ページから口座振替の登録できる
  • 毎月決められた返済日に自動引き落とし
  • 引き落とし日は5日、15日、25日、末日のいずれか
  • 返済の手数料がかからない
  • 残高不足のときに再引き落としは行われない

プロミスの引き落とし日は、登録する金融機関によって異なります。口座振替の申込み画面の最後に、次回の返済期日と引落開始日が記載されているので確認しておきましょう。

毎月ATMで返済している人も多いですが、私は口座振替を利用しています。口座振替で返済している場合でも、繰り上げ返済で返済額を増やすこともできます。

プロミスの返済日

プロミスの返済日は選べるようになっていますが、特定の銀行以外の口座振替を希望する人は5日になります。

返済方法 返済日
三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、PayPay銀行 5日、15日、25日、末日のいずれか
上記以外の金融機関 毎月5日
口座振替以外 5日、15日、25日、末日のいずれか

初回返済期日

プロミスの初回の返済期日は、指定した返済期日と借入日によって変わります。

返済期日 借入日 初回返済期日
5日 1日~19日 借入日の翌月の返済期日
20日~末日 借入日の翌月の返済期日
15日 1日~末日 借入日の翌月の返済期日
25日 1日~9日 借入日の同月の返済期日
10日~末日 借入日の翌月の返済期日
末日 1日~14日 借入日の同月の返済期日
15日~末日 借入日の翌月の返済期日

引き落とし日に残高不足だった場合

プロミスの引き落とし日に残高不足だとどうなりますか?翌日に再引き落としされますか?

プロミスでは、引き落としできなかったときの再引き落としは行われていません。プロミスに限らず、アコム、アイフル、レイクなどでも2度目の引き落としは行われていません。

カードローンの口座振替で引き落としできなかったときは、インターネット返済や銀行振込、ATMから返済してください。

引き落としができないと返済の遅れになるので、プロミスから電話がかかってきます。1日でも遅れれば遅延利息が発生するのですぐに返済したほうがよいでしょう。

口座残高が足りなくて返済できないことがわかっているときは、引き落とし日の前にプロミスコールに電話して返済できる日を伝えてください。

さきに電話しても遅延利息は発生しますが、返済できなくてプロミスから電話が来るのと、自ら返済が遅れることを伝えておくのとでは印象が全く違います。

何時に引き落とされるかはわからない

プロミスの引き落としは何時頃行われますか?

9時前に入金すれば間に合いますか?

プロミスの引き落とし時間は、口座振替に利用している金融機関によって異なります。

0時を過ぎたらいつ引き落とし処理されてもおかしくないので、前日までに入金しておいた方がよいでしょう。

プロミスの引き落とし時間や再引き落とし!口座振替できなかったとき

以前は午前9時頃に引き落とし処理される銀行が多かったですが、24時間振込が始まってからは9時前に引き落としが行われる金融機関も増えました。

何時までに入金すれば間に合うかは使っている銀行次第です。ギリギリのタイミングで入金したときは、銀行の利用明細を確認してプロミスの引き落とし記録が載っているか確認してください。

プロミスの引き落とし名義は、「SMBCコンシューマーファイナンス」です。「SMBC(SMBCコンシューマ」というような記載になっているはずです。

プロミスの口座振替のやり方

プロミスは契約時に「ATMによる返済」または「口座振替による返済」のいずれかの返済方法が選べるようになっています。ATM返済を選んだ場合でも、あとでネットから口座振替に変更することもできます。

ATM返済やネットバンキングからの振込返済は申込みなしで利用できますが、銀行口座からの自動引落しを利用したいときは、事前に申し込みが必要になります。

口座振替を利用したいときは、会員ページや書類の郵送で手続きを行います。引き落としになっていると勘違いして返済が遅れる人も多いので注意しましょう。

消費者金融では口座振替の手続きをしていない限り、振込返済やATM返済が基本になります。銀行カードローンの場合は、ダイレクトバンクからの申し込みで自動的に口座振替になることがあります。

契約後に口座振替の申込・変更をする場合

プロミスのアプリや会員ページから簡単に口座振替の申込ができます。

以下は、ネットで口座振替を申し込むときの流れをキャプチャしたものです。

プロミスのアプリや会員ページから申込・変更する場合は、返済メニューから「ご返済」⇒「口座振替のお手続きへ」をタップします。

この画面から口座振替を停止したり、振替口座を変更することもできます。

すでに口座振替を利用している場合は、現在の引き落とし口座情報が表示されます。

あとは画面の指示に従って手続きを進めていきます。

口座引き落としに使う金融機関名を選びます。ネットバンクを利用している方は、ネット上で振替口座を登録することができます。

プロミスの口座振替は、メガバンクだけではなく地方銀行や信用金庫、信用組合にも対応しています。

あとは、利用する銀行のネットバンキングのサイトへ行き必要事項を入力します。

最終的にこのような画面が表示されれば申込完了ですが、この画面で終了ではありません。

「収納企業に戻る」をクリックして、収納企業(プロミス)のサイトに戻りましょう。

次回の返済期日と引落開始日が記載されています。同時に、「口座振替開始日のお知らせ」というメールが届きます。

申し込みのタイミングによっては、次回の返済は、口座振替にならない場合もあるので注意しましょう。返済期日よりも引落し開始日の方が遅い場合は、ネット返済やATM返済で返しましょう。

プロミスの場合、口座振替手続きが中途半端な状態で終わっていると、「口座振替手続き未了のお知らせ」というメールが届くので、もう一度口座振替を申込みましょう。

プロミスの口座振替で返済している時の通帳の記録はこのようになります。SMBCコンシューマーファイナンス名義で引き落としされます。

プロミスの下にある「SMBC(ACサービス」はアコムの口座引き落としです。このときはプロミスとアコムで借りていました。

カードレス契約で口座振替

申込時に口座振替で返済する場合、カード発行の有無が選択できます。

「カード郵送希望なし」を選ぶとカードレス取引も可能となっています。

カードありを希望する場合は、カードを郵送で受け取るか自動契約機で受け取ることになります。

郵送物の差出人名はプロミスではなく「事務センター」となっているので、家族と同居している人でも中身を見られなければ借金がバレることはないでしょう。

郵送物が嫌でカードが欲しい人は、お近くの自動契約機へ行きましょう。ネット申込後の審査に通った後ならすぐにカードが発行できます。

口座振替を利用する人が少ない理由

口座振替のデメリット
  • 手続きが面倒
  • 自分の好きな時に返済できない
  • Web明細にしていないと明細書が自宅に届く
  • 通帳に借金の記録が残る
  • 普通預金口座と紐付けられたくない

カードローンの返済で口座振替があまり利用されない理由は主にこの5つだと思います。

銀行カードローンで口座振替を利用する場合、その銀行の口座が必要になります。

カードローンと普通預金口座を紐付けられるのが嫌で、口座振替を利用しない人もいます。

消費者金融には普通預金がないので、どこの銀行を使っても問題ありません。

手続きが面倒

口座振替を利用する場合、口座振替用紙を提出することになるため、手続きが面倒と感じる人が多いようです。

最近の消費者金融は、ネットバンキングを利用してインターネット上で、口座振替手続きができるようになっています。用紙の提出も必要ないのでお手軽です。

プロミスのように新規申込時に、返済方法で口座振替が選べる所もあります。

アコムのように、事前に返済期日の変更が必要で、さらにネット申込に対応していない所もあるので、利用しているキャッシング会社によって手続き方法も変わります。

私はプロミスもアコムも口座振替で返していますが、アコムの口座振替手続きはかなり面倒でした。

好きな時に返済できない

口座振替にする場合、毎月決まった日に引き落としされるので、自分の好きなタイミングで返済することはできません。

引き落とし日が月の始めに設定されている事が多く、給料日が月末なら良いのですが、給料日前の人は口座残高を気にしておかなければいけません。

毎月自分で返済するのは面倒な気がしますが、返済期日お知らせメールを貰うこともできるので、毎月当たり前のようにやっている人が多いのかもしれません。

Web明細にしないと明細書が届く

消費者金融で口座振替を利用すると、利用明細書が自宅へ郵送されてくるようになります。

貸金業法により取引(借入・返済)のたびに、利用者に現在の借入状況を伝えることが決められているためです。

一人暮らしの人は良いですが、家族に内緒で借金しているような人は、消費者金融からの郵便物は避けたいですよね。

Web明細を利用していれば取引のたびに郵送物が届くことはありません。

最近のカードローン会社は、Web明細を用意していますが、Web明細の利用登録をしていないと明細書が自宅へ届きます。

郵送物の差出人は、プロミスなら事務センター、アコムならACサービスセンター、アイフルならAIセンターなど、消費者金融の名称が隠されています。

家族や同居人にバレないと言えばバレないですが、差出人名をネット検索されれば開封されなくてもバレます。

カードローン会社から自宅に書類が届くタイミングは、「申込時の契約書やカード」、「明細書」、「支払督促状」です。申込時の書類やカードは、自動契約機や店頭窓口で契約すれば直接受け取れます。

家族に内緒で借金するのは良くありませんが、人それぞれ事情があるので、周りの人に知られたくない時は、借入や返済方法を考えておきましょう。

プロミスの繰り上げ返済

プロミスで口座振替を利用している場合、毎月の借入残高に応じた約定返済額が引き落とされます。

リボ払いでは毎月の支払いは少ないですが、返済期間が長いと利息の支払いが多くなります。

プロミスの最低返済額は月1,000円なので、借りた額が少なければ毎月1,000円だけ返済することもできます。

繰り上げ返済で元金を減らすことで、最終的に支払う利息を大幅に減らすことができます。

繰り上げ返済は、ATMからもできますが、ネットバンクを使えばスマホからも簡単にできます。

インターネット返済なら、24時間365日、土日でも返済できます。返済期日が迫っているときでも家から返済できるのでとても便利です。

プロミスでは返済方法が3つありますが、ネット返済では「全額のご返済」「指定金額のご返済」が繰り上げ返済になります。

口座振替で返済している方が、金額指定返済を利用する場合、返済額は全て元金の返済に充てられます。

繰り上げ返済しても毎月の口座振替は、いつも通り行われます。余裕ができた時に返せるだけ返しておくことで、早く完済できるので、繰り上げ返済を有効活用していきましょう。

私が使っているカードローン
プロミスのおすすめポイント
プロミスカード
  • 原則、勤務先への電話確認なし
  • 最短3分で融資
  • カードレス契約も可能
  • 原則24時間最短10秒で振込融資
  • 学生アルバイトでも借りられる
  • クレジット機能付きのプロミスVisaカードあり
  • SMBCグループ
※審査結果によっては電話による在籍確認あり
※申込時間や審査により希望に添えない場合あり

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

運営者情報

会社名 株式会社アルビノ
代表者 竹内潤平
住所 〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-3-13 西新宿水間ビル6階
電話番号 03-6914-6178
※電話対応はしていません。
お問合せ メールフォーム
設立 2014年10月20日
資本金 1000万円
事業内容 Webマーケティング支援
ライフプラン・コンサルティング
メディア運営
主要取引銀行 三菱UFJ銀行
住信SBIネット銀行
法人番号 7011101071501
本社所在地 〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-4-5
インボイス登録番号 T7011101071501

上に戻る