この記事を書いた人

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

プロミスの利用限度額と借入可能額の違いと確認方法

プロミスの利用限度額や借入可能額はどこで確認できる?

アプリや会員ページにログインすると、利用限度額や借入可能額、借入残高などが確認できます。

プロミスの審査に通ると利用限度額が決まります。限度額は増額したり減額することができます。

プロミスの増額審査に通ると限度額が増えます。初回契約から6ヶ月以上経過していて利用実績があると増額審査に通る可能性があります。

増額審査に落ちて急ぎでお金を借りたいときは、アコムやアイフルに申し込んでみるのがよいでしょう。

プロミス
審査時間 最短3分
金利 年4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
無利息期間 最大30日間
在籍確認 原則電話なし

※申込時間や審査により希望に添えない場合あり
※審査の結果によっては電話による在籍確認が必要となる場合あり
※無利息期間の適用はメアド登録とWeb明細利用登録が必要

アコム
審査時間 最短20分
金利 年3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
無利息期間 最大30日間
在籍確認 原則電話なし

※審査の結果によっては電話による在籍確認が必要となる場合あり

アイフル
審査時間 最短18分
金利 年3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
無利息期間 最大30日間
在籍確認 原則電話なし
アイフルの貸付条件

貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)
利用限度額:800万円以内
※利用限度額が50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要(慎重審査)
遅延損害金:20.0%(実質年率)
返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済期間及び返済回数:1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い
借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
※500万円を年12.0%(実質年率)で借りた場合
貸付対象者:満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方
※なお、お取引中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。 担保・連帯保証人:不要

※申込状況によってはご希望に添えない場合あり
※受付時間によっては振り込みが翌営業日となる場合あり
※無利息期間の適用は初めての方に限る
※利用限度額50万円超、または他社を含めた借入金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要

当サイトの掲載情報について

当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。広告掲載ポリシーはこちら

掲載する商品やサービスが広告であることがわかるように、事前に詳細ページを案内したり、リンクにPRを付けています。

当サイトで紹介している消費者金融やクレジット会社は、全て財務局都道府県知事の登録を受けている正規の貸金業者です。

金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで、街金を含めた全ての貸金業者が確認できます。

利用限度額と借入可能額の違い

プロミスのアプリや会員ページにログインすると、利用限度額や借入可能額、借入残高が確認できます。

①利用限度額

契約上、設定できる最高の限度額

②借入残高

借入している金額

③借入可能額

現時点で借入できる金額

初めて借りるときは、利用限度額と借入可能額の金額が同じになっているはずです。

たとえば、利用限度額が50万円で3万円借りたときは、借入残高が3万円、借入可能額が47万円になります。

借入可能額と借入残高を足すと利用限度額の金額になりますが、限度額を減額しているとこの数字が合わなくなります。

ATMで借入可能額を確認

プロミスのATMや提携ATMでも借入可能額が確認できます。

これはセブン銀行ATMでプロミスカードを挿入したときの画面ですが、「出金可能額照会」ボタンにタッチすると、現在の借入可能額が確認できます。

これはプロミスの自動契約機に併設されているATMの取引画面です。「ご融資」にタッチすると借入可能額が確認できます。

ご利用可能額に書かれている金額の範囲内で借りられます。ご利用残高や利息、手数料なども表示されています。

プロミスのATMは手数料無料ですが、提携ATMで借りたあとに返済していないと発生した手数料が精算されていないので、プロミスのATMで返済したときに手数料が引かれることもあります。

減額すると借入可能額が減る

私は利用限度額が100万円ですが、借入可能額は最高50万円です。

利用限度額は100万円ですが、借入残高と借入可能額を足した金額が50万円になっているのがわかると思います。

以前、プロミスから借り過ぎるのを防ぐために、限度額を100万円から50万円に減額しました。

減額すると限度額が下がると思っていたのですが、限度額はそのままで借入可能額だけが下げられました。

限度額が100万円以上になると、金利は年15.0%に下げられます。減額すると金利が上がると思っている方もいますが、限度額は下がらないので、金利はそのままです。

借入可能額を増やしたいときは、いつでも限度額の範囲内で増額できます。※収入が下がっていたり他社借入額が多いと、増額が認められない場合があります。

初回契約後まもないときは、借入可能額が限度額よりも低く設定されることがあります。

また、収入証明書を提出したときに以前より年収が下がっていたり、途上与信で信用情報機関の他社借入額を確認したときに、年収の3分の1を超える額を借りていることがわかったときは、カードローン会社の意向で借入可能額が下げられることもあります。

借入可能額が減らされる場合

限度額と借入可能額に差が生まれるのは、自ら減額したときだけではありません。

限度額と借入可能額に差が出るケース
  • 自分で減額を希望した
  • 在籍確認前で借入可能額を減らされた
  • 収入証明書を提出したら借入可能額を減らされた
  • 他社借入額が増えて借入可能額を減らされた
  • 契約後間もないため信用度の関係で借入可能額を減らされた
  • 返済が借入残高に反映されていない

年収が高い人が収入証明書を提出すると、始めから高限度額での契約になることがあります。

しかし、始めは信用度が低いので限度額よりも低い金額の借入可能額が設定されることもあります。

プロミスに限らず全てのカードローンで起こることで、一度も借りてない状態でも限度額と借入可能額が同じになるとは限りません。

契約時よりも年収が下がっていたり、他社借入額が増えることで利用可能額が減らされる可能性もあります。

他社の借入額は信用情報機関のデータで確認できます。カードローン会社は定期的にデータを確認(途上与信)しており、そのタイミングで利用可能額が変わる場合もあります。

借入可能額を減額されたあとに増やす方法

  • 限度額の増額審査を受ける
  • 収入証明書を提出する
  • 他社借入額を減らす

借入可能額を減らされたあとに借入可能額を増やすには、収入証明書を提出して現在の収入にあった借入可能額にしてもらう必要があります。

総量規制の範囲内かつ利用限度額内の範囲内で借入可能額は増やせます。利用限度額のMAXまで借りているときは、増額審査を受けてください。

借入可能額を増やしたいときは、カードローン会社に電話して手続方法を確認してください。

利用限度額を増額すると契約内容の確認が必要ですが、限度額内で利用可能額を増やすときは契約変更は必要ありません。

プロミスの借入方法

プロミスの借入方法は、インターネット振込とATMの2つがあります。

スマホATM取引は、スマホアプリを使いセブン銀行やローソン銀行のATMから借入する方法です。

審査を通過したら、すぐに振込やATMで借りられます。

借入方法
  • インターネット振込
  • 自動契約機にあるプロミスのATM
  • 提携する銀行のATM
  • 提携するコンビニのATM

自動契約機のATMを利用する時は、事前にカードの受け取りが必要です。(セブン銀行ATMとローソン銀行ATMのみスマホで取引可能)

ネット申込の場合、カードは自宅に送られてきますが、すぐにカードを発行したい時はプロミスの自動契約機や三井住友銀行のローン契約機へ行きます。

プロミスはカードなし、郵送物なしのWeb完結も可能です。カードなしで契約した時は、インターネット振込かスマホATM取引で借ります。

インターネット振込で借入

プロミスのインターネット振込は、アプリや会員ページから行います。

プロミスのスマホアプリや公式サイトから会員ページにログインできます。

ログインするためには、会員番号またはWeb-IDと暗証番号が必要になります。アプリなら生体認証ログインもできます。

Web-IDを発行しておくと自分の好きなIDでログインできるので楽です。Web-IDの登録方法はこちら。

アプリで借入

プロミスのスマホアプリから借りるときは、画面下メニューの「お借入」から「インターネット振込」を選択します。

会員ページで借入

会員ページから振込依頼するときは、トップ画面の「お借入」から「インターネット振込」を選択します。

スマホでもパソコンでも会員ページから振込依頼するときは、追加認証手続きが必要になります。

携帯電話番号(SMS)、またはメールアドレスへ届いた認証コードを入力して先に進んでください。

これがプロミスのインターネット振込の申込み画面です。希望額を入力して確定ボタンを押すだけで登録した銀行口座に入金されます。

プロミスの振込キャッシングは、受付完了後すぐに入金されます。24時間振込可能な銀行なら土日や夜間でも最短10秒の振込です。

これがプロミスから振り込まれた時の通帳の記録です。早朝や深夜、土日に借りることもありますが、いつの振込依頼でもすぐに入金が確認できました。

振込名義人は、「プロミス」または「パルセンター」のどちらかを選べるようになっています。私は通帳の記録は気にしていないのでプロミスを選んでいます。

家族に内緒で借りたい人はパルセンターを選ぶ方がよいと思いますが、パルセンターという言葉を検索されてしまえばすぐにプロミスとバレるので注意しましょう。

インターネット振込は1円単位で借りられる

最低借入額が1万円のカードローンもありますが、プロミスは1円から借りられます。

これはプロミスから5,555円借りた時の通帳の明細です。特に意味はありませんが5,555円借りてみました。

1円単位で借りられるカードローンでも、最低借入額が1,000円以上になっている場合がありますが、プロミスは1,000円未満でも借りられます。

いくらから借りられるのか疑問に思い111円借りたことがあります。さすがに1円だけ借りるのは申し訳ないので111円借りてみました。

このようにプロミスでは1円から借入できますが、1円単位で借りるメリットはないので、基本的には1000円単位で借りるのがよいと思います。

インターネット振込できる時間

銀行振込で借入する時は、使っている銀行や受付時間によって、入金できる時間が決まっています。

初めての利用で、即日振込してほしい時は、振込可能時間に注意しましょう。

都市銀行
金融機関
三菱UFJ銀行 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00
三井住友銀行 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00
みずほ銀行 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00
りそな銀行 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00
埼玉りそな銀行 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00
地方銀行
金融機関
横浜銀行 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00
千葉銀行 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00
福岡銀行 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 7:00~21:00 7:00~21:00
静岡銀行 7:00~21:00 7:00~21:00 7:00~21:00 7:00~21:00 7:00~21:00 7:00~21:00 7:00~21:00
北洋銀行 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00
常陽銀行 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00
西日本シティ銀行 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00
ネット銀行
金融機関
PayPay銀行 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00
楽天銀行 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00
イオン銀行 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00
セブン銀行 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00
ソニー銀行 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00
住信SBIネット銀行 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:30~23:30 0:30~23:30
auじぶん銀行 0:15~23:30 0:15~23:30 0:15~23:30 0:15~23:30 0:15~23:30 0:15~23:30 0:15~23:30
その他の銀行
金融機関
ゆうちょ銀行 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00 0:00~24:00
JAバンク 0:40~23:40 0:40~23:40 0:40~23:40 0:40~23:40 0:40~23:40 6:30~23:40 6:30~23:40
JFマリンバンク 8:30~18:00 8:30~18:00 8:30~18:00 8:30~18:00 8:30~18:00 接続なし 接続なし

24時間振込に対応した銀行なら、審査に通れば夜間や土日でもインターネット振込で借りられます。

プロミスなら銀行、信用金庫、信用組合、JAバンクなど多くの金融機関が24時間振込に対応しています。

コンビニATMで借入

プロミスカードを使い提携コンビニATMで借入することもできます。

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど全国のコンビニが利用できます。

プロミスのATMでは手数料がかかりませんが、提携銀行ATMや提携コンビニATMでは手数料がかかります。

これがセブンイレブンのATMでプロミスカードを利用して借りる時の画面です。

私がプロミスで借りる時はセブン銀行を使うことが多いですが、初めて借りた時も特に迷うことはありませんでした。

借り入れの時は、カードを入れて暗証番号を入力して、借入額を入力するだけです。銀行のキャッシュカードやクレジットカードのキャッシングとあまり変わりません。

カードレスで借りる方法

プロミスは契約時にカードのありなしが選べるようになっていて、カードなしで契約した人はインターネット振込かスマホATM取引で借ります。

カードなしでATMを利用したい時は、プロミスのアプリを使いセブン銀行ATMやローソン銀行ATMから借り入れします。スマホATM取引が利用できるのはセブン銀行とローソン銀行のみです。

カードなしのスマホATM取引をするときは、セブン銀行ATMの「スマートフォン取引」から行います。

スマホATM取引は、カードありで契約した人も利用できます。自動契約機へ行かずに郵送物も一切無しで利用したい人はカードレス契約にしましょう。

「Web申込・カードなし契約・Web明細利用」にすれば来店不要の郵送物なしで利用することができます。

振込で借りると通帳に借金の記録が残りますが、ATMなら利用明細書が発行されるだけなので明細を捨てれば誰にもバレません。

プロミスカードを持っているとプロミスのATMは手数料無料で借りられますが、プロミスの店舗に入るのが嫌な人も多いと思います。

セブン銀行やローソン銀行のATMなら、カードがなくてもスマホATM取引で借りられます。スマホアプリだけで簡単に借りられるのはプロミスのメリットです。

プロミスのATMで借入

プロミスのATMで借りる時はプロミスカードが必要です。プロミスのATMはカードなしでの借入はできません。

返済についてはプロミスのATMでもカードなしでできます。生年月日や名前を入力して返済します。

プロミスは駅前などに無人店舗(自動契約機)を構えています。テナント型店舗と独立店舗がありますが、どちらも契約コーナーとATMが設置されています。

プロミスのATMでは、カードを挿入して借入や返済ができるようになっています。手数料が無料で、カードがなくても返済できるので便利です。

プロミスのATM画面はこのようになっています。プロミスのATMでも、カード挿入後に暗証番号と借入金額を入力すればすぐに借りられます。

消費者金融の無人店舗は入りづらいかもしれませんので、そういった方は振込キャッシングや提携コンビニATMで借りるのがよいと思います。

プロミスの申込から借入までの流れ

プロミスのネット申し込みから借り入れまでの流れをご紹介します。

Web申込
ネットなら24時間申込み受付
審査回答時間は9時~21時

事前審査結果の通知
申込後すぐに審査結果を通知

本人確認書類の提出
運転免許証などを用意
スマホから簡単に書類が提出できる

在籍確認
勤務先への電話連絡は原則なし
書類の提出で在籍確認できる※ご要望に添えない場合あり

本審査結果の通知
最短3分で審査結果を連絡
メールや電話でお知らせ

契約
Webから簡単に契約書が確認できる
自動契約機で契約書を発行することもできる

借り入れ
原則24時間365日の振込融資
プロミスATMや提携ATMも利用可能

プロミスで即日借入できる時間

プロミスで即日融資したい人は、20時までに申込を完了させましょう。

プロミスの営業時間は9時~21時ですが、21時間近の申込みは、審査回答が翌日以降になる可能性が高いです。

申込日 審査時間 営業時間
平日 9時~21時 9時~21時
土日祝 9時~21時 9時~21時

プロミスは21時まで即日融資できる可能性がありますが、審査回答時間も21時までです。

事前に審査回答を得ていれば21時まで即日カード発行できますが、その日のうちに借りたい人は20時までに申し込んでおくのが確実です。

プロミスは最短3分審査ですが、融資までに数時間かかることも珍しくありません。必要書類の提出や在籍確認で時間を取られることもあるので、余裕を持って申し込むのがおすすめです。

ネット申込は24時間受付なので、前日の夜や早朝にネットから申込を済ませておくと審査時間を気にせず借りられます。

私が使っているカードローン
プロミスのおすすめポイント
プロミスカード
  • 原則、勤務先への電話確認なし
  • 最短3分で融資
  • カードレス契約も可能
  • 原則24時間最短10秒で振込融資
  • 学生アルバイトでも借りられる
  • クレジット機能付きのプロミスVisaカードあり
  • SMBCグループ
※審査結果によっては電話による在籍確認あり
※申込時間や審査により希望に添えない場合あり

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

運営者情報

会社名 株式会社アルビノ
代表者 竹内潤平
住所 〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-3-13 西新宿水間ビル6階
電話番号 03-6914-6178
※電話対応はしていません。
お問合せ メールフォーム
設立 2014年10月20日
資本金 1000万円
事業内容 Webマーケティング支援
ライフプラン・コンサルティング
メディア運営
主要取引銀行 三菱UFJ銀行
住信SBIネット銀行
法人番号 7011101071501
本社所在地 〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-4-5
インボイス登録番号 T7011101071501

上に戻る