この記事を書いた人

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

アコム・プロミスは銀行系列の消費者金融!アイフルの親会社は?

アイフルは銀行系列の消費者金融なの?

大手消費者金融では、アイフルのみが銀行系列ではありません。

アイフルの親会社はありません。アイフル自身が親会社で、グループ企業にライフカードやAGビジネスサポートを抱えています。

アイフルは銀行系ではありませんが、消費者金融の売上では業界3位の大手です。財務局に登録されている貸金業者なので、安心して借りられます。

プロミスやアコムは銀行系列なの?

業界1位のプロミスはSMBCグループの系列で、業界2位のアコムは三菱UFJフィナンシャル・グループです。業界4位のレイクはSBI新生銀行グループの新生フィナンシャルが提供しています。

アコムやプロミス、レイクが銀行系列のカードローンとして紹介されことがあるのは、銀行傘下に入っているためです。銀行グループの消費者金融なので人気があります。

大手消費者金融のスペック比較表を載せておきます。審査時間や在籍確認の方法などに違いが見られるので、カードローン会社選びの参考にしてみてください。

Card Loan アイフル プロミス アコム レイク
審査時間 最短18分 最短3分 最短20分 最短25分
金利 年3.0~18.0% 年4.5~17.8% 年3.0~18.0% 年4.5~18.0%
最高限度額 800万円 500万円 800万円 500万円
無利息期間 最大30日間 最大30日間 最大30日間 最大60日間
在籍確認 原則電話なし 原則電話なし 原則電話なし 原則電話なし
会員数 110万人 148万人 161万人  
おすすめのキャッシング アイフルの詳細 プロミスの詳細 アコムの詳細 レイクの詳細
ローン商品に関する注意事項

■プロミス
※無利息の適用条件はメアド登録とWeb明細利用
■アイフル

アイフルの貸付条件

貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)
利用限度額:800万円以内
※利用限度額が50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要(慎重審査)
遅延損害金:20.0%(実質年率)
返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済期間及び返済回数:1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い
借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
※500万円を年12.0%(実質年率)で借りた場合
貸付対象者:満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方
※なお、お取引中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。 担保・連帯保証人:不要

※申込状況によって希望に添えない場合あり
※受付時間によっては振り込みが翌営業日となる場合あり
※無利息期間の適用は初めての方に限る
※利用限度額50万円超、または他社を含めた借入金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
■アコム
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施
※無利息期間の適用は初めての方に限る
※19歳以下の方は申込不可
■レイク
レイクの注意事項

【融資時間について】
※Web申込みの場合、最短25分融資も可能
※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く

【無利息期間について】
※Web経由で申込みされた方のみ60日間無利息を利用可能
※「60日間無利息(Web申込み限定)」、「5万円まで180日間無利息」、「30日間無利息」の併用不可
※レイクで初回契約の方が対象
※初回契約翌日から無利息適用
※ご契約額が200万円超の方は30日間無利息のみ利用可能
※無利息期間終了後は通常金利適用

【貸付条件】
ご融資額:1万円~500万円
貸付利率(年率):4.5%~18.0%
※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
年齢制限:満20歳~70歳
遅延損害金(年率):20.0%
ご返済方式:残高スライドリボルビング方式/元利定額リボルビング方式
ご返済期間・回数:最長5年・最大60回
※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は変動します。
必要書類:運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャル株式会社が必要とする場合)
担保・保証人:不要
商号・名称:新生フィナンシャル株式会社
登録番号:関東財務局長(10) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。初めてご利用のお客さまへの当日ご融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。
■SMBCモビット
※申込の時間帯や審査状況によっては当日中の融資ができない場合あり
■dスマホローン
※お申込みの曜日、時間帯によって、翌日以降の対応となる場合がございます。
※優遇適用後金利 0.9%~17.9%(実質年率)/基準金利 3.9%~17.9%(実質年率) ドコモ回線などのご利用状況に応じて、最大年率3.0%の金利優遇が適用。適用条件はdスマホローン公式サイトでご確認ください。
■au PAY スマートローン
※お申し込みの時間帯や審査状況によっては、翌日以降のご連絡となる場合がございます。
※2020年4月28日以前にお申し込みの方は8.0%~18.0%(実質年率)
※審査に応じてお客さまごとに適用金利を決定します。
※利用限度額はお客さまごとに当社所定の審査によりに決定します。
※お客さまの状況によってはご希望に沿えない場合もございますのであらかじめご了承ください。
■在籍確認について
※審査結果によっては電話による在籍確認が必要

当サイトの掲載情報について

当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。広告掲載ポリシーはこちら

掲載する商品やサービスが広告であることがわかるように、事前に詳細ページを案内したり、リンクにPRを付けています。

当サイトで紹介している消費者金融やクレジット会社は、全て財務局都道府県知事の登録を受けている正規の貸金業者です。

金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで、街金を含めた全ての貸金業者が確認できます。

アイフルの歴史

大手消費者金融で唯一銀行傘下に入っていないのがアイフルです。昔は独立系では武富士も有名でしたが、武富士は経営破綻しました。

アイフルは厳しい金融業界において、独立運営で生き残ってきた会社なので安心して借りられます。

銀行系列ではありませんが、大手消費者金融のアイフルの歴史にも触れておきます。

アイフルの歴史年表
1967年4月 現会長福田吉孝が個人経営の消費者金融業を創業
1978年2月 京都市左京区に株式会社丸高を設立
1982年5月 株式会社丸高がアイフル株式会社に商号変更
1984年3月 「貸金業の規制等に関する法律」の制定により、貸金業の登録を行う
1998年10月 東京証券取引所、大阪証券取引所、京都証券取引所に上場
2009年9月 事業再生ADR手続を申請し私的整理による再建を図る
2013年3月 三井住友信託銀行と事業者向け金融の合併を解消
2014年7月 業再生ADR手続き終了
2015年8月 取引金融機関からの金融支援終了

改正貸金業法の施行による業績悪化で大手消費者金融が銀行グループの参加になる中、アイフルは事業再生ADRで乗り切りました。

2015年に金融機関から返済を猶予されていた527億円を返済し金融支援も終了しました。2015年以降は業績も回復し完全復活しています。

三井住友信託銀行とアイフルは、事業者向けローンのビジネクストの株式を共同保有していましたが、2013年にアイフルの子会社であるニュー・フロンティア・パートナーズ株式会社が、アイフルと三井住友信託銀行のビジネクスト保有株を100%取得しました。

ビジネクストは、アイフルビジネスファイナンス⇒AGビジネスサポートと社名を変更しています。

アイフルは銀行グループの傘下に入ることはありませんでしたが、三井住友信託銀行の大口融資先の一つです。合併を解消した後も取引関係は継続しています。

アイフルのグループ企業

アイフルは銀行グループではないので親会社はありません。アイフル自身が親会社です。

社名 事業内容
アイフル 消費者向けローン
事業者ローン
信用保証業務
ライフカード クレジットカード
AGビジネスサポート ビジネスローン
AG債権回収 債権回収会社
あんしん保証 家賃債務の保証
AGキャピタル ベンチャーキャピタル
AGパートナーズ 企業再生事業

アイフルのグループ企業の中では、ライフカードやAGビジネスサポート(旧アイフルビジネスファイナンス)が有名です。

アイフルやライフカードの返済が遅れたときに、AG債権回収が債権回収業務を担当することが多いです。

アコムが銀行系列になった歴史

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの系列企業です。

アコムの歴史年表
1936年4月 丸糸呉服店として創業
1978年10月 アコム株式会社を設立
1994年12月 東証2部に上場
1996年9月 東証1部に上場
2004年3月 MUFG(三菱UFJフィナンシャル・グループ)と資本業務提携
2008年10月 MUFGによるTOB(株式公開買付)
2008年12月 MUFGの連結子会社となる

アコムは丸糸呉服店として創業したため、丸糸殖産やマルイト(株)が大株主にいます。

アコムは2008年に、三菱UFJフィナンシャル・グループからTOBを受け傘下に入りました。

アコムが銀行系列になったのは2008年からです。アコムは今でも上場企業ですが、筆頭株主のがMUFGが37%の株式を保有しています。

アコムのグループ企業

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの企業ですが、アコム自身も傘下に企業を抱えています。

社名 事業
アコム 消費者向けローン
事業者ローン
信用保証業務
エム・ユー信用保証 信用保証事業
アイ・アール債権回収 債権管理回収事業
GeNiE エンベデッド・ファイナンス事業
EASY BUY Public Company Limited タイ王国における無担保ローン事業
ACOM CONSUMER FINANCE CORPORATION フィリピン共和国における無担保ローン事業
ACOM (M) SDN. BHD. マレーシアにおける無担保ローン事業

アコムのグループ企業には、海外でローン事業をしている会社も多数あります。

アコムや三菱UFJ銀行カードローンなど、三菱UFJフィナンシャル・グループのローン事業における債権回収は、アイ・アール債権回収が担当することが多いです。

プロミスが銀行系列になった歴史

プロミスはSMBCグループの系列企業です。プロミスはキャッシングサービスの商品名で、会社名はSMBCコンシューマーファイナンスです。

プロミスの歴史年表
1962年3月 関西金融株式会社を設立
1963年2月 商号変更
1978年12月 プロミスに商号変更
2005年1月 SMFGとの業務提携を発表
2011年10月 SMBCによるTOB(株式公開買付け)
2011年12月 SMFGに第三者割当増資を実施
2012年3月 上場廃止
2012年4月 SMFGの完全子会社になる
2012年7月 社名をSMBCコンシューマーファイナンスに変更
2014年3月 SMBCモビットを完全子会社化

プロミスは、SMFG(三井住友フィナンシャルグループ)に第三者割当増資を行い、SMFGの子会社になりました。プロミスが銀行系列になったのは2011年からです。

SMBCグループになったことで、三井住友銀行のローン契約機が使えるなどのメリットがありました。

プロミスのグループ企業

プロミスはSMBCグループの企業ですが、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)も傘下に企業を抱えています。

社名 事業内容
SMBCコンシューマーファイナンス 消費者向けローン
事業者ローン
信用保証業務
アビリオ債権回収 債権管理回収業
SMBC信用保証 信用保証業
PROMISE(HONG KONG) CO.,LTD. 香港における消費者金融業
PROMISE(THAILAND) CO.,LTD. タイ王国における消費者金融業
良京實業股份有限公司 中国における債権管理回収業
普羅米斯資産管理股份有限公司 中国における債権管理受託回収業

プロミスはローン事業と信用保証業に力を入れており、保証残高は1兆円を超えています。

レイクが銀行系列になった歴史

レイクはSBI新生銀行グループの消費者金融です。SBI新生銀行の子会社である新生フィナンシャルがカードローンを提供しています。

レイクの歴史年表
1994年10月 米国GEキャピタルの子会社としてカードローン事業を開始
1998年11月 株式会社レイクよりコンシューマーファイナンス事業の営業権を譲り受ける
2008年9月 SBI新生銀行(旧 新生銀行)がGEコンシューマー・ファイナンスの全株式を取得
2009年4月 GEコンシューマー・ファイナンスが新生フィナンシャルに社名変更
2011年10月 新生フィナンシャルがSBI新生銀行(旧 新生銀行)に商標や店舗を譲渡し、SBI新生銀行カードローン エル(旧 新生銀行カードローン レイク)を販売。新生フィナンシャルの既存会員は、新生フィナンシャル カードローンとして継続
2018年3月 SBI新生銀行カードローン エルが新規申込を停止
2018年4月 新生フィナンシャルがレイクALSAの新規申込を開始。新生フィナンシャル カードローンをレイクALSAに名称変更
2019年11月 旧 新生銀行カードローン レイクをSBI新生銀行カードローン エルに名称変更
2023年1月 レイクALSAをレイクに名称変更

レイクは新生フィナンシャルの消費者金融でしたが、2011年にSBI新生銀行(旧 新生銀行)に譲渡され、銀行カードローンの商品となり、2018年に新生フィナンシャルのカードローンがレイクの名称を譲り受け、消費者金融の商品として提供されています。

名称が何度も変更されているので分かりづらいですが、新生フィナンシャルは2008年から継続してカードローン商品を提供していて、SBI新生銀行は2011年から継続してカードローンを提供しています。

現在は、新生フィナンシャルがレイクを提供し、SBI新生銀行がSBI新生銀行カードローン エルを提供しています。※SBI新生銀行カードローン エルは新規申込停止

2023年1月4日に、新生銀行はSBI新生銀行に商号変更しました。同じタイミングで、レイクALSAがレイクに名称変更しています。

レイクのグループ企業

レイクを提供する新生フィナンシャルは、SBI新生銀行グループの企業です。

社名 事業内容
新生フィナンシャル パーソナルローン
信用保証
新生パーソナルローン 消費者金融業

新生フィナンシャルは、過去に新生パーソナルローン(旧シンキ)を買収していて、ノーローンという商品名でカードローンを提供しています。

ノーローンは、2021年で全商品の新規契約を停止中ですが、既存会員向けのサービスは継続しています。

SMBCモビットの歴史

SMBCモビットはSMBCグループのカードローンです。SMBCモビットは始めから銀行グループの消費者金融でした。

SMBCモビットの歴史年表
2000年5月 三和銀行(現三菱UFJ銀行)が中心になりプロミスとアプラスの共同出資で設立
  アプラスの資本撤退でUFJグループを離脱
2004年7月 プロミスが持つ株式を三井住友銀行が取得して持分法適用関連会社に
2012年9月 MUFGとSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が合弁解消
2013年 会社分割を行い、個人向け無担保ローン事業をSMBCが引き継ぎ
2017年12月 株式会社SMBCモビットへ社名変更
2020年2月 自社の自動契約機を廃止
2023年7月 三井住友カードと合併。三井住友カードの完全子会社になる。株式会社SMBCモビットは消滅し、サービス名としてSMBCモビットを継続。三井住友カード カードローンは新規募集を終了。

元々はUFJグループでしたが、三井住友銀行が株式を取得し、SMBCグループになりました。

社名にSMBCを追加して、自社の自動契約機を廃止したことで、完全にSMBC色が強くなっています。

SMBCモビットのグループ企業

サービス名 事業内容
SMBCモビット 消費者向けローン

SMBCモビットは、2023年に三井住友カードと合併し完全子会社になりました。

SMBCモビットはサービス名として継続され、これからは、三井住友カードのSMBCモビットとなります。

銀行系列の大手消費者金融

大手消費者金融 銀行系列
プロミス SMBCグループ
アコム 三菱UFJフィナンシャル・グループ
SMBCモビット SMBCグループ
レイク SBI新生銀行グループ
アイフル 独立系

2006年以降、多くの消費者金融がグレーゾーン金利撤廃に伴う過払金返還請求訴訟の影響で業績が悪化し、銀行の支援を受ける形で傘下に入りました。

この頃から、プロミスやアコムが銀行系列の消費者金融と言われるようになりました。

倒産する消費者金融も多かった中、アイフルは大手消費者金融では唯一、銀行の支援を受けずに立て直しました。

銀行系列の中小消費者金融

中小消費者金融 グループ
ダイレクトワン スルガ銀行
ベルーナノーティス ベルーナ
プランネル 日本文化センター

中小の消費者金融では、ダイレクトワンがスルガ銀行グループの消費者金融です。他には銀行ではありませんが、通販会社のベルーナや日本文化センターが子会社で消費者金融をやっています。

その他の多くの中小消費者金融は、親会社を持たずに地域を限定して小規模で独立運営されているところが多いです。

銀行の保証業務を行う消費者金融

銀行系カードローンは、保証会社が審査を行いますが、グループ内の消費者金融が保証業務を行っています。

銀行 保証会社
三菱UFJ銀行 アコム
セブン銀行 アコム
auじぶん銀行 アコム
ソニー銀行 アコム
三井住友銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
PayPay銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
横浜銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
福岡銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
みずほ銀行 オリコ
りそな銀行 オリックス・クレジット
楽天銀行 楽天カード
SMBCファイナンスサービス
東京スター銀行 アイフル

同じ銀行系列の消費者金融が、同系列銀行のカードローンの保証業務を行う事が多いです。

プロミスはSMBCグループで、三井住友銀行 カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)です。

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループで、三菱UFJ銀行カードローンの保証会社はアコムです。

アコムとプロミスは個人向け融資の実績があるので、色々な銀行の保証業務をしています。

銀行グループ内のサービス共有

三井住友銀行のローン契約機で、プロミスやSMBCモビットの契約もできるのは同じグループだからですね。

三井住友銀行のローン契約機では、三井住友銀行、SMBCモビット、プロミスのカードが発行できます。

SMBCモビットは、自社の自動契約機を廃止して、三井住友銀行のローン契約機のみになりました。

逆にプロミスの自動契約機では、三井住友銀行 カードローンの契約をすることもできます。

プロミスと三井住友銀行の両方の看板が掲げてある自動契約機では、プロミスと三井住友銀行の申込やカード発行ができます。

三菱UFJ銀行の一部の店舗には、アコムの自動契約機が設置してあります。このように、同じグループ内の銀行と消費者金融は密接な関係になっています。

私が使っているカードローン
プロミスのおすすめポイント
プロミスカード
  • 原則、勤務先への電話確認なし
  • 最短3分で融資
  • カードレス契約も可能
  • 原則24時間最短10秒で振込融資
  • 学生アルバイトでも借りられる
  • クレジット機能付きのプロミスVisaカードあり
  • SMBCグループ
※審査結果によっては電話による在籍確認あり
※申込時間や審査により希望に添えない場合あり

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

運営者情報

会社名 株式会社アルビノ
代表者 竹内潤平
住所 〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-3-13 西新宿水間ビル6階
電話番号 03-6914-6178
※電話対応はしていません。
お問合せ メールフォーム
設立 2014年10月20日
資本金 1000万円
事業内容 Webマーケティング支援
ライフプラン・コンサルティング
メディア運営
主要取引銀行 三菱UFJ銀行
住信SBIネット銀行
法人番号 7011101071501
本社所在地 〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-4-5
インボイス登録番号 T7011101071501

上に戻る