この記事を書いた人

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

SMBCグループの消費者金融プロミスと三井住友銀行の関係

プロミスと三井住友銀行の関係は?

プロミスと三井住友銀行は、同じグループの金融機関になります。

プロミスはサービス名で、会社名はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)は、三井住友銀行有するSMBCグループの会社です。

SMBCグループの金融機関としては、他にもSMBC信託銀行や三井住友カード(SMBCモビット)などがあります。

三井住友銀行 カードローンの保証業務を行っているのがプロミスで、三井住友銀行 カードローンの審査は三井住友銀行とプロミスが行っています。

プロミスの自動契約機で三井住友銀行のローンカードを発行したり、三井住友銀行のローン契約機でプロミスのカードを発行することもできます。

プロミスは、保証事業にも力を入れており、PayPay銀行や住信SBIネット銀行、横浜銀行などの保証業務も行っています。

プロミス
審査時間 最短3分
金利 年4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
無利息期間 最大30日間
在籍確認 原則電話なし

※申込時間や審査により希望に添えない場合あり
※審査の結果によっては電話による在籍確認が必要となる場合あり
※無利息期間の適用はメアド登録とWeb明細利用登録が必要

三井住友銀行 カードローン
審査時間 最短即日
金利 年1.5~14.5%
借入限度額 10~800万円
無利息期間 なし
在籍確認 原則電話あり
当サイトの掲載情報について

当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。広告掲載ポリシーはこちら

掲載する商品やサービスが広告であることがわかるように、事前に詳細ページを案内したり、リンクにPRを付けています。

当サイトで紹介している消費者金融やクレジット会社は、全て財務局都道府県知事の登録を受けている正規の貸金業者です。

金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで、街金を含めた全ての貸金業者が確認できます。

プロミスはSMBCグループ

プロミスの歴史を簡単に振り返ってみましょう。プロミスはSMBCグループの消費者金融です。

プロミスは1963年に大阪で消費者金融業を創業しました。

以前から銀行との結びつきがあり、1972年には大阪の地銀であった幸福銀行から資金を受け入れました。

2000年に、三和銀行(現:三菱UFJ銀行)やアプラスと提携し合弁ローン会社を設立したこともあります。

2004年に、SMBCグループと提携し、三菱UFJ銀行グループから離脱します。

2011年に、SMBCがTOBを実施、SMFGに対し第三者割当を行い、プロミスの上場廃止を経て、SMFGの完全子会社になりました。

昔は三菱UFJ銀行との関係が深かったですが、三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)の子会社になったことで、三井住友銀行との結びつきが強くなりました。

銀行グループの消費者金融

プロミス以外でも、消費者金融は銀行系列のグループ傘下に入っているところも多いです。

消費者金融 銀行系列
プロミス SMBCグループ
アコム 三菱UFJフィナンシャル・グループ
SMBCモビット SMBCグループ
レイク SBI新生銀行グループ
ダイレクトワン スルガ銀行グループ
アイフル

大手消費者金融で銀行グループに属していなのはアイフルだけです。過払い金返還請求訴訟で業績悪化する中、銀行の力を借りずに自力で立て直しました。

三井住友カードのSMBCモビット

SMBCグループの消費者金融カードローンとしては、SMBCモビットも有名です。

SMBCモビットは2023年7月に三井住友カードに吸収合併される形となり、株式会社SMBCモビットは消滅しました。

消費者ローンサービスとしてSMBCモビットの名前は残りますが、運営元は三井住友カード株式会社です。

合併とともに三井住友カード カードローンは新規入会受付を終了しています。今後は、三井住友カードが提供するカードローンを利用したいときはSMBCモビットに申し込むことになります。

消費者金融の保証事業

銀行カードローンの保証業務を消費者金融が行うことも多いです。

銀行カードローン 保証会社
三井住友銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
PayPay銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
横浜銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
福岡銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
住信SBIネット銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
オリックス・クレジット
三菱UFJ銀行 アコム
セブン銀行 アコム
auじぶん銀行 アコム
ソニー銀行 アコム
みずほ銀行 オリエントコーポレーション
東京スター銀行 アイフル

銀行は元々個人向けの無担保融資が得意でなかったこともあり、消費者金融や信販会社に保証業務を依頼しました。

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)とアコムが、多くの銀行の保証業務を行っていることがわかります。

アコムと三菱UFJ銀行は三菱UFJフィナンシャル・グループなので、同じグループの金融機関です。

オリエントコーポレーション(オリコ)は、みずほ銀行グループの信販会社なので、みずほ銀行の保証業務を担っています。

このように同じグループ内に保証事業を行う会社がある場合、その会社が保証会社に付くことが多いです。

プロミスVisaカードの登場

2023年3月に「プロミスVisaカード」が登場しました。

プロミスVisaカードは、プロミスと三井住友カードが合体したカードです。

プロミスのカードローン機能と、三井住友カードのクレジット機能の両方が使えるカードです。

以前にもプロミスとクレジットカードが一体になったプロミスJCBカードはありましたが、2009年にサービスが終了しています。

プロミスVisaカードは、SMBCグループのプロミスと三井住友カードが提供するカードなので、今までのプロミスのクレジットカードよりもサービスが続く可能性が高いです。

SMBCグループ内の情報共有

同じ銀行系列のグループ企業は顧客情報を共有していることが多いです。

SMBCグループは、個人情報を共同利用することを明言しています。

SMBCグループにおける個人データの共同利用について

SMBCグループのグループ各社の連携強化による、より付加価値の高い各種商品・サービスのご提供や、グループ全体の経営管理やリスク管理の実施・強化を行うために、個人情報保護法第23条第5項第3号に基づき、お客さまの個人データの共同利用を以下のとおり行います。

1.共同利用する個人データの項目

  1. 属性に関する情報(住所、氏名、生年月日、勤務先、役職、電話番号等の連絡先等のお客さまに関する情報、およびご家族に関する情報等)
  2. 財務に関する情報(収入・支出、資産・負債の状況等)
  3. お取引に関する情報(商品・サービスの種類、取引金額、契約日、取引ニーズ等)
  4. お取引の管理に必要な情報(取引店番号・口座番号等の各種管理番号、取引記録・経緯、融資等に関しての判断に関する情報等)

※SMBCグループ公式サイト

  • 三井住友銀行
  • SMBC信託銀行
  • 三井住友ファイナンス&リース
  • SMBC日興証券
  • 三井住友カード(SMBCモビット)
  • SMBCファイナンスサービス(旧セディナ)
  • SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
  • 日本総合研究所
  • 三井住友DSアセットマネジメント
  • SMFG企業再生債権回収株式会社
  • アビリオ債権回収

これらの企業がSMBCグループの会社です。

銀行、消費者金融、債権回収会社がグループ傘下に入っているので、カードローンの保証会社や債権回収会社を同じグループ内で用意できます。

MUFGグループ内の情報共有

アコムが属している三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFGグループ)の公式サイトにも情報の共同利用について書かれています。

法人等のお客さまの情報のMUFGグループでの共同利用について

MUFGグループでは、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループを中心としたグループ全体の経営管理やリスク管理の実施に加え、グループ各社の専門性を活かした連携の強化による、より付加価値の高い各種金融商品やサービスの提供のために、法人や法人格のない社団等のお客さまについても、「個人情報のお取扱いについて5.個人データの共同利用(3)MUFGグループでの共同利用」に記載しているお客さまの個人データの共同利用と同様の取扱いを行います。

※MUFGグループ公式サイト

  • 三菱UFJ銀行
  • 三菱UFJ信託銀行
  • 三菱UFJ証券ホールディングス
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
  • auじぶん銀行
  • auカブコム証券
  • アコム
  • 三菱UFJニコス
  • ジャックス
  • アイ・アール債権回収

これらの企業がMUFGグループの会社です。

MUFGグループも銀行や消費者金融、債権回収会社を傘下に収めています。カードローンやクレジットカード事業を行う上で、グループ企業に保証会社や債権回収会社がいると何かと便利です。

同グループ内のローン審査

三井住友銀行とプロミスは情報共有しているので、同グループ内のローン審査は影響を受ける可能性があります。

三井住友銀行 カードローンの保証業務を行っているのはSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)です。

信用状態が悪い人は、同じグループ企業内のサービスの審査に連続で落ちることもあります。

三井住友銀行の住宅ローン審査を受ける

審査落ち

三井住友銀行 カードローンの審査を受ける

審査落ち

プロミスの審査を受ける

審査落ち

三井住友カードの審査を受ける

審査落ち

セディナカードの審査を受ける

審査落ち

それぞれの企業で審査基準は異なるので、同じグループ内の審査でも通ることはあります。

私自身、三菱UFJ銀行カードローンの審査に落ちた後すぐにアコムの審査に通ったことがあります。

しかし、クレジットスコアが低く一次審査(自動審査)の段階で落ちるような人は要注意です。

逆に1つ目のローン審査に通った人は、同グループ内の他の審査に通る可能性が出てきます。

ローン審査では、良くも悪くも同グループ内の審査に影響を与えると思っておいた方が良いでしょう。

銀行ローン、消費者金融、クレジットカードの審査を考えている人で、1つ目の審査に落ちた人は異なるグループのサービスを利用するのが良いかもしれません。

プロミスの無人機で三井住友銀行のローンカードを発行

プロミスの自動契約機の営業時間は9時~21時です。※契約機により異なります

プロミスは21時まで審査が受けられるので、審査に通り契約が完了すれば夜間でも即日融資が受けられます。

カードがあればコンビニATMでも引き出せるので、24時間利用できます。セブン銀行のATMならカードなしでの借り入れも可能です。

無人契約機は土日祝日でも営業時間は変わりません。土日でも即日のカード発行は可能なので、休日に急にお金が必要になった時でも安心です。

これが三井住友銀行のカードも発行できるプロミスの無人店舗です。扉にプロミスと三井住友銀行の両方の名前が書いてあります。

無人店舗の中にはこのような契約コーナーがあります。

自動契約コーナーの中はこのようになっています。電話でオペレーターと話しながら申込みや契約を行うことができます。

ネット申込でカード発行のみを契約機で行うと、すぐにカードが発行できるので便利です。

私がプロミスを利用した時は、ネット申込で自宅にカードが郵送されてきました。カードは数日で届きましたが、すぐにカードが欲しい人は、契約機で発行しましょう。

本人確認書類や収入証明書の提出はスマホやパソコンからアップロードすることができますが、契約機で提出することもできます。

プロミスと三井住友銀行のどちらも利用可能な契約機では、画面に両方のボタンが用意されています。

三井住友銀行のローン契約機は支店にありますが、近くに三井住友銀行がない人はプロミスがないか確認してみましょう。

プロミスの自動契約機は全国に1,100台以上、三井住友銀行のローン契約機は全国に1,300台以上あります。

自動契約機に人が少ない時間帯

最近は来店不要のネット申込を利用する人が多いので、自動契約機にはあまり人はいません。ただ、ATM手数料が無料なのでATMコーナーで人に会うことはあります。

人目が気になる方は、平日の昼間や土日の朝が狙い目です。開店間際や閉店間際はあまり人の出入りがないので、早い時間に行ってみるのがいいと思います。

ビルの中にあるテナント型の店舗の場合、ビルに入る所を知り合いに見られても問題ないでしょう。万が一、店舗内で知り合いと会ってもお互い様なので、テナント型の店舗ならいつ行っても問題無いと思います。

申込みの際の必要書類

プロミスの審査に通り、在籍確認も終わったら、本人確認書類を提出して契約になります。

本人確認書類の提出方法は、スマホからアップロードするか自動契約機でスキャンします。カードを契約機で受け取る人は書類の提出も契約機でよいと思います。

提出書類は運転免許証が基本になります。「運転免許証」をお持ちでない方は、「パスポート」または「健康保険証」+「1点(例:住民票)」が必要です。

外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」が必要です。

借入総額により収入証明書類(源泉徴収票等)が必要になることがあります。

プロミスでは限度額が50万円を超える場合と、他社借入額とプロミスの限度額を足した額が100万円を超える場合に、収入証明書が必要になります。

個人事業主の方は、源泉徴収票はないので確定申告書等が必要です。個人事業主は限度額50万円以下でも収入証明書を求められることがあります。

三井住友銀行のローン契約機でプロミスカードを発行

三井住友銀行のローン契約機の営業時間は9:00~21:00で、土日祝日も営業しています。(※契約機により営業時間、休日が異なります。)

三井住友銀行のローン契約機は、銀行のATMスペースに設置されていますが、プロミスの契約やプロミスカードの発行もできます。

これが三井住友銀行のローン契約機です。三井住友銀行、SMBCモビット、プロミスのロゴが載っているのがわかると思います。

契約機の画面を見ると「三井住友銀行」「SMBCモビット」「プロミス」と書かれています。

ローン契約機では三井住友銀行 カードローンやSMBCモビットの申込や、プロミスの契約手続きができるようになっています。※プロミスの申込はできません

ローン契約機でプロミスカードを受け取りたいときは、Webからプロミスに申し込み、審査に通ったら契約やカード発行を三井住友銀行へ行きカードを受け取ります。

ローン契約機に人が少ない時間帯

三井住友銀行のローン契約機でも入るところを見られるのが嫌な人も多いかもしれません。

そういった方は人が多い平日の昼間は避けたほうが良いでしょう。

銀行ATMは銀行の営業時間である9時~15時は人が沢山いますが、夕方以降や土日ならあまり人は多くありません。特に土日の9時頃や18時以降は空いています。

プロミスの自動契約機なら平日の昼間は、人に会う確率はかなり低いです。駅前にあるテナント型店舗なら、ビルに入っていくところを見られても問題はありません。

人目が気になる方で、契約機で契約書やカードを発行したい人は、土日の三井住友銀行のローン契約機か平日昼間のプロミスの自動契約機がいいと思います。

来店せずに契約したい人は、ネット申込後にスマホやパソコンで本人確認書類を提出して、ネットで契約して自宅にカードが送られてくるのを待ちましょう。

プロミスの振込キャッシングやスマホATM取引ならカードなしでもすぐに借入できます。

人目が気になる場合は来店せずに借りる

人目が気になる方は、スマホ申込みでカードを郵送で受け取るのかカードなしで契約するのがよいと思います。

スマホから申し込む
Webなら24時間365日申込可能

申込確認の電話を受ける
入力項目が少ない申込方法だと確認の電話が来る

本人確認書類をスマホからアップロードする
スマホでかんたん本人確認がおすすめ

契約内容を確認する
審査を通過したら契約を完了させる

振込キャッシングで借りる
申込時に振込依頼しておくと早い

後日カードが送られてくる
カードレス契約した場合は郵送物なし

消費者金融から届く郵送物に社名は書かれていません。プロミスなら事務センター、アコムならACサービスセンターなど、他の人が封筒を目にしてもキャッシングに関する書類とはわからないようになっています。

ATM以外で借入・返済を行うと利用明細が送られてきますが、Web利用明細にしておけば明細書も送られてきません。返済が遅れて督促状が届かない限り郵送物はないので、家族などに借金がバレることもないと思います。

銀行が24時間振込に対応したことで、カードローンの振込キャッシングも、銀行によっては24時間365日可能になりました。

今は夜間や土日でも即日振込できるので、カードなしで契約して来店せずに借りるのもおすすめです。

私が使っているカードローン
プロミスのおすすめポイント
プロミスカード
  • 原則、勤務先への電話確認なし
  • 最短3分で融資
  • カードレス契約も可能
  • 原則24時間最短10秒で振込融資
  • 学生アルバイトでも借りられる
  • クレジット機能付きのプロミスVisaカードあり
  • SMBCグループ
※審査結果によっては電話による在籍確認あり
※申込時間や審査により希望に添えない場合あり

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

運営者情報

会社名 株式会社アルビノ
代表者 竹内潤平
住所 〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-3-13 西新宿水間ビル6階
電話番号 03-6914-6178
※電話対応はしていません。
お問合せ メールフォーム
設立 2014年10月20日
資本金 1000万円
事業内容 Webマーケティング支援
ライフプラン・コンサルティング
メディア運営
主要取引銀行 三菱UFJ銀行
住信SBIネット銀行
法人番号 7011101071501
本社所在地 〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-4-5
インボイス登録番号 T7011101071501

上に戻る