この記事を書いた人

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

プロミスATMの取引時間は24時まで!提携コンビニATMは24時間

プロミスのATMは何時まで借りれる?

プロミスATMの営業時間は7:00~24:00です。※ATMにより営業時間、休日が異なります

自動契約機に併設されているATMの設置場所は、プロミス公式サイトで検索してご確認ください。

提携コンビニATMは24時間借入できます。セブン銀行やローソン銀行のスマホATM取引なら、カードなしで借りることもできます。

プロミスのATMと三井住友銀行のATMは手数料無料で使えます。他の銀行やコンビニATMは手数料がかかります。

手数料が嫌な人は、インターネット振込で借りて金融機関の手数料が無料の時間に引き出してもよいと思います。

当サイトの掲載情報について

当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。広告掲載ポリシーはこちら

掲載する商品やサービスが広告であることがわかるように、事前に詳細ページを案内したり、リンクにPRを付けています。

当サイトで紹介している消費者金融やクレジット会社は、全て財務局都道府県知事の登録を受けている正規の貸金業者です。

金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで、街金を含めた全ての貸金業者が確認できます。

プロミスが使えるATMの利用時間と手数料

プロミスカードはプロミスだけではなく、提携する銀行ATMやコンビニATMが利用できます。

ATM 利用時間 手数料
プロミス 7:00~24:00 無料
三井住友銀行 24時間
7:00~24:00
無料
提携銀行 ATMによる あり
セブン銀行 24時間 あり
ローソン銀行 24時間 あり
イーネット 24時間 あり

※店舗・ATMにより営業時間、休日が異なります。

ATMを利用するときに手数料が発生しないのは、プロミスと三井住友銀行のATMだけです。プロミスはSMBCグループなので、三井住友銀行のATMは手数料がかかりません。

プロミスのATM

プロミスATMの営業時間は、7:00~24:00です。※ATMにより営業時間、休日が異なります

自動契約機の契約コーナーの営業時間は、9:00~21:00ですがATMは24時まで営業しているところが多いです。

公式サイトの店舗・ATM検索画面から、お近くのATMの営業時間が確認できます。

プロミスATMは、手数料無料で利用できるのと、カードなしでも返済できるのが大きなメリットです。

 

これはプロミスの無人機の中の様子です。左側にある扉が契約コーナーの入り口で、右側にATMが設置してあります。

店舗によっても配置が異なりますが、契約コーナーとATMは別々に設置されていて、契約コーナーとATMは営業時間が違います。

プロミスカードを挿入して借入や返済ができます。カードなし返済は、氏名や電話番号を入力して返済する方法です。

三井住友銀行のATM

三井住友銀行のATMは、24時間営業または7:00~24:00です。※ATMにより営業時間、休日が異なります

公式サイトの店舗・ATM検索画面から、お近くのATMの営業時間が確認できます。

24時間営業のATMが増えていますが、全ての店舗が24時間営業というわけではありません。

プロミスとSMBCモビットはSMBCグループなので、どちらのカードローンも三井住友銀行のATMは手数料が無料です。

三井住友銀行のATMは小銭が投入できるので、1,000円未満の返済をしたいときにも役立ちます。ネット返済や銀行振込、店頭窓口でも1円単位の返済ができます。

セブン銀行のATM

セブン銀行ATMは24時間営業です。セブン銀行ATMでプロミスを利用する場合は、手数料がかかります。

セブン銀行ATMは、カードなしで借入や返済ができるスマホATM取引に対応しています。

ローソン銀行のATM

ローソン銀行ATMは24時間営業です。ローソン銀行ATMでプロミスを利用するときは手数料がかかります。

ローソン銀行のATMでもスマホATM取引が利用できます。スマホATM取引が利用できる提携コンビニATMはセブンイレブンとローソンだけです。

イーネットのATM

コンビニに設置してあるイーネットATMは、24時間営業です。イーネットでプロミスを利用するには手数料がかかり、プロミスカードも必要になります。

イーネットは、ファミリーマートやデイリーヤマザキ、サンドラッグなどのコンビニやスーパーに設置してあります。

提携銀行ATM

提携する銀行ATMの営業時間は、店舗やATMにより異なります。

プロミスカードが利用できるのは、9:00~21:00のことが多いですが、早く閉まるATMもあるので、提携銀行のATMを使うときは注意しましょう。

提携する銀行ATMを利用するには手数料がかかりますが、プロミスでは多くの銀行ATMが利用できます。

提携ATM 取引 提携ATM 取引
三菱UFJ銀行 借入、返済 ゆうちょ銀行 借入、返済
イオン銀行 借入、返済 西日本シティ銀行 借入、返済
横浜銀行 借入、返済 福岡銀行 借入、返済
熊本銀行 借入、返済 十八親和銀行 借入
広島銀行 借入 八十二銀行 借入

借入と返済の両方ができる銀行と、借入のみができる銀行があります。

プロミスの提携ATMの手数料

三井住友銀行以外の提携ATMでは、利用時に手数料がかかります。

取引額 借入 返済
1万円以下 110円 110円
1万円超 220円 220円

提携ATMで手数料を支払うのが嫌な人は、振込で借りて銀行のキャッシュカードで引き出しましょう。プロミスのATMでも、手数料無料で7時~24時まで利用できます。

手数料無料で借りる方法

手数料無料の借入方法
  • プロミスのATM
  • 三井住友銀行のATM
  • インターネット振込

プロミスから手数料0円で借りたいときは、プロミスか三井住友銀行のATMを利用します。

プロミスと三井住友銀行のATMなら、時間帯や曜日に関わらず手数料がかかりません。

インターネット振込は手数料がかかりませんが、口座に振り込まれたお金を引き出すときに、銀行の手数料が発生する可能性があります。

平日の昼間に使っている銀行のATMで引き出せば手数料はかかりませんが、夜間や土日は手数料がかかる銀行が多いです。

手数料無料で返済する方法

手数料無料の返済方法
  • プロミスのATM
  • 三井住友銀行のATM
  • 口座振替

手数料0円の返済方法はいくつかあります。プロミスは口座振替の手続きが簡単なので、口座振替で返済している人も多いです。

なお、返済時の手数料が0円でも、借入時に提携ATMで手数料が発生している場合、返済時に手数料が精算されます。

手数料が発生するタイミング

三井住友銀行以外の提携ATMで借入すると手数料が発生しますが、実際に手数料を支払うのは返済するときです。

プロミスの提携ATMを利用したときの手数料の発生と精算のタイミングは以下のようになっています。

お取引き 手数料発生 手数料清算
お借入れ
(ご出金)
提携ATM
提携ATM以外
ご返済
(ご入金)
提携ATM
提携ATM以外

借入のときは手数料が発生しますが、精算(支払い)は行われず、返済のときにまとめて精算されることになります。

何度も提携ATMで借りていると、返済時の手数料が高額になり驚くこともあります。提携ATMは利用するたびに110円~220円の手数料がかかると憶えておきましょう。

提携ATMで借入 ⇒ 提携ATMで返済

1/13に提携ATMで1万円借入(手数料110円発生)
2/1に提携ATMで1万円返済(手数料220円精算)

この場合、借入時に手数料が110円発生し、返済時にも手数料が110円発生するので、合計220円の支払いになります。

借入時も返済時も手数料がかかる方法だと、返済時に往復分の手数料を支払うことになります。

1/13に提携ATMで1万円借入(手数料110円発生)
1/18に提携ATMで1万円借入(手数料110円発生)
2/1に提携ATMで1万円返済(手数料330円精算)

この場合、借入時に2回の手数料が発生しているので、返済時の手数料と合わせて3回分の支払いになります。

提携ATMで借入 ⇒ プロミスATMで返済

1/13に提携ATMで1万円借入(手数料110円発生)
2/1にプロミスATMで1万円返済(手数料110円精算)

この場合、借入時に手数料が110円発生し、返済時の手数料は0円なので、110円の支払いになります。

提携ATMで借りて、口座振替で返済する場合も同じで、返済で手数料は発生しませんが、借入時の手数料を返済時に支払います。

提携ATMで借りて、手数料無料の返済方法で返済する場合、片道分の手数料がかかることになります。

プロミスATMで借入 ⇒ 提携ATMで返済

1/13にプロミスATMで1万円借入(手数料0円)
2/1に提携ATMで1万円返済(手数料110円精算)

この場合、借入時の手数料は0円で、返済時の手数料が110円なので、110円の支払いになります。

振込キャッシングで借りて、提携ATMで返済する場合も同じです。

手数料無料の借入方法で借りて、提携ATMで返済する場合、片道分の手数料がかかることになります。

清算時の充当順位

返済時の充当順位
  1. 費用および手数料(提携ATM利用手数料はこちらに該当します)
  2. 未払利息
  3. 遅延利息
  4. 元本

プロミスでは、返済された金額に対してこの順番で充当されます。プロミスに限らず、多くのカードローンがこの順番になっています。

たとえば、借入残高が5万円あり、5,000円返済したときは以下のようになります。

5,000円返済

手数料:440円
未払利息:678円
元本返済:3,882円

借入残高:46,118円

返済した金額から手数料や利息を支払い、残った分が元本の返済に充てられます。

手数料や利息はそのときの借入状況や残高によって変わります。返しているつもりがなかなか元本が減らないのはそのためです。

繰り上げ返済(増額返済)した分は、全て元本の返済に充てられるので、元本を減らしたいときは多めに返済しましょう。

プロミスカードでコンビニ借入する流れ

私もプロミスを使っていますが、お金を借りるときはコンビニATMを使うことが多いです。深夜や早朝でも利用できるので急にお金が必要になったときに便利です。

初めてコンビニでキャッシングする人のために、コンビニでカードを使って借入するときの手順をご紹介します。

  1. 提携コンビニATMへ行く

    プロミスでは提携する銀行やコンビニのATMが利用できますが、例として利用者が多いセブンイレブン(セブン銀行)のATM取引をご紹介します。

    どこのATMでも基本的な操作方法は変わりません。銀行キャッシュカードやクレジットカードのキャッシングと同じように取引できます。

  2. ATMにカードを挿入する

    ATMにプロミスカードを挿入すると取引画面になります。借入したいときは「ご出金(借入)」ボタンにタッチします。

  3. 暗証番号の入力

    プロミスカードでお金を借りるときは4桁の暗証番号が必要になります。申込時に自分で決めた番号です。

    暗証番号がわからないときはプロミスコールに電話してください。暗証番号の変更方法などを案内してくれます。

  4. 借入金額を入力

    利用可能額の範囲内で借入金額を入力します。セブン銀行ATMは1,000円単位の借入が可能です。

  5. 現金を受け取る

    カード、明細書、紙幣を受け取ったら借入は完了です。借入時に発生した手数料は返済時に清算されます。

    たとえば1万円借りると110円の手数料が発生しますが、次回返済時に借りたときの手数料110円が、返済金から差し引かれます。

提携コンビニATMからお金を借りる手順は簡単です。カードと暗証番号がわかれば他人でもできてしまうので、カードの紛失や不正利用に注意しましょう。

セブン銀行ATMはプロミスカードなしでOK

プロミスアプリのスマホATM取引を利用すると、プロミスカードなしでもセブン銀行ATMやローソン銀行ATMで取引できます。

スマホを持っている方は、プロミスの公式アプリを利用してセブン銀行ATMから借入することができます。

普通はATMを使う時にカードが必要になりますが、この方法ならカードは必要ありません。

スマホATM取引が利用できるのは、セブン銀行とローソン銀行のATMだけです。

これがプロミスアプリの画面ですが、ログイン後の「スマホATM取引」がカードなしのATM取引です。

ATM画面に表示されるQRコードをスマホで読み取り、番号を入力して借入する流れになります。

原則24時間取引可能なので、平日15時以降や土日でプロミスカードが手元に無くても利用できるのが便利です。

✓あわせて読みたい

プロミスの無人契約機の使い方

※店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、 必ずプロミス公式サイトをご確認ください。

  自動契約機 ATM
平日 9:00~21:00 7:00~24:00
土曜 9:00~21:00 7:00~24:00
日曜・祝日 9:00~21:00 7:00~24:00

プロミスの無人機には、契約コーナーとATMが設置してあります。

最近はネット契約が主流になっているため、店頭窓口は減っていますが、自動契約機は主要な駅周辺に設置されています。

私がプロミスで借りた時は、申込みから借り入れまで全てネットでやったのですが、試しに一度自動契約機を見ておきたいと思ったので、契約後にプロミス無人店舗へ行ってみました。

駅前のテナントビルに店舗があり、中に入ると入り口付近にATMがあり、奥に自動契約コーナーに入るためのドアがありました。

この店舗にはATMが1台しかありませんでしたが、2台以上ATMが並んでいることもあります。

契約コーナーは中に入るとドアに鍵がかけられるようになっています。自動契約機は1店舗1台が基本なので、先客がいる時は長時間待つこともあります。

自動契約機で申込みからやると1~2時間かかることもあるので、誰かいる時は別の店舗へ行った方がよいと思います。

これがプロミスの契約ルームの中に設置してある自動契約機です。いくつか契約機を確認しましたがこのタイプが多かったです。

画面の指示に従って操作すれば、申込みや契約、カードの発行ができます。電話でオペレーターと話すこともできます。

プロミスATMの利用時間

プロミスの無人機内に設置してあるATMは7:00~24:00が営業時間です。一部の店舗は営業時間が異なるので注意してください。

これが自動契約機にあるプロミスの自社ATMです。

これがプロミスの自社ATMの取引画面です。返済は一部返済や全額返済、金額指定返済などが選べます。

プロミスATMは手数料が無料なので、ATMを利用する人は意外と多いです。

振込キャッシングで借りて銀行のキャッシュカードで時間内に引き出せば手数料はかかりませんが、通帳に借金の履歴が残るのを嫌がる人も多いようです。

プロミスのATMはカードなしで返済できる

プロミスのATMはカードを持っていなくても返済できます。セブン銀行やローソン銀行のスマホATM取引でもカードなしで利用できますが手数料がかかります。

手数料無料でカードなし返済ができるのはプロミスの自社ATMだけです。

プロミスATMの画面左下に「カードなし」ボタンがあります。

会員番号または氏名・生年月日・電話番号の情報で返済します。

氏名、生年月日、電話番号で返済するときはこのような流れになります。

カードで返済するよりも時間がかかりますが、手元にカードがないときに返済を迫られたときには便利です。

三井住友銀行を使っている人におすすめ

プロミスの会社名は、SMBCコンシューマーファイナンスです。

SMBCコンシューマーファイナンスは、SMBCグループの会社なので、三井住友銀行との結びつきが強いです。

三井住友銀行の口座を持っていなくてもプロミスは利用できますが、三井住友銀行の口座を持っている人はメリットも大きいです。

プロミスのメリット
  • 24時間365日の銀行振込の借り入れが可能
  • 三井住友銀行のATMが手数料ゼロ円で使える
  • 三井住友銀行のローン契約機でカードが発行できる

プロミスの振込キャッシングは、三井住友銀行や三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行などの口座なら24時間振込できます。

銀行によって振込可能時間が異なりますが、平日の14:50までに振込依頼しないと翌営業日の入金になる銀行もあるので注意しましょう。

提携する銀行やコンビニのATMは手数料がかかりますが、三井住友銀行のATMは手数料がかかりません。

プロミスの店舗に入るのは嫌だし、コンビニは手数料が嫌だという人は三井住友銀行のATMがおすすめです。

三井住友銀行のローン契約機では、プロミスやSMBCモビットの申込みやカード発行もできます。

三井住友銀行の口座を持っていなくてもローン契約機でプロミスカードが受け取れます。

カード発行で消費者金融の店舗へ入るのを嫌がる人も多いと思いますが、三井住友銀行のローン契約機でできるのは嬉しいですね。

ネット申込なら店舗へ行かなくても契約できるので、人に知られずに借金したい人はWeb契約がよいと思います。

私が使っているカードローン
プロミスのおすすめポイント
プロミスカード
  • 原則、勤務先への電話確認なし
  • 最短3分で融資
  • カードレス契約も可能
  • 原則24時間最短10秒で振込融資
  • 学生アルバイトでも借りられる
  • クレジット機能付きのプロミスVisaカードあり
  • SMBCグループ
※審査結果によっては電話による在籍確認あり
※申込時間や審査により希望に添えない場合あり

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

運営者情報

会社名 株式会社アルビノ
代表者 竹内潤平
住所 〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-3-13 西新宿水間ビル6階
電話番号 03-6914-6178
※電話対応はしていません。
お問合せ メールフォーム
設立 2014年10月20日
資本金 1000万円
事業内容 Webマーケティング支援
ライフプラン・コンサルティング
メディア運営
主要取引銀行 三菱UFJ銀行
住信SBIネット銀行
法人番号 7011101071501
本社所在地 〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-4-5
インボイス登録番号 T7011101071501

上に戻る