「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に入会しました。

株式会社アルビノは、「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に入会しました。

地方創生SDGsとは、地方創生にSDGsを取り入れたもので、持続可能なまちづくりや地域活性化に向けた取り組みを行うものです。

地方創生SDGs官民連携プラットフォームは、SDGsの推進と地方創生をつなげることを目的に創られた官民連携のプラットフォームです。

会員プロフィール

地方創生SDGs官民連携プラットフォームの会員になることで、会員主催のイベント情報が入手できたり、会員同士のマッチングサポートが受けられます。

SDGsは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された国際目標です。

17のゴール、169のターゲットで構成され、人類が地球上で安定して暮らすために達成すべき課題です。

外務省:SDGグローバル指標(SDG Indicators)

  1. 世界中の貧困をなくす
  2. 飢餓をなくし、安全な食料を提供し、持続可能な農業を促進する
  3. すべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する
  4. すべての人々に質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する
  5. ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う
  6. すべての人々の水と衛生の利用と持続可能な管理を確保する
  7. すべての人々に安価かつ信頼できる持続可能なエネルギーへのアクセスを確保する
  8. すべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用を促進する
  9. 強靱なインフラ構築、持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る
  10. 国内及び各国間の不平等を是正する
  11. 安全かつ強靱で持続可能な都市及び人間居住を実現する
  12. 持続可能な生産消費形態を確保する
  13. 気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる
  14. 持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する
  15. 陸の生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、森林の経営、砂漠化への対処、土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する
  16. 平和な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、効果的で説明責任のある制度を構築する
  17. 持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

SDGsに関する詳しい内容については、「SDGs・CSR」のページをご覧ください。

一つ一つを完全に達成するのは難しいですが、寄付などを通じて貧困や飢餓で苦しむ人を助けたり、食材を無駄にせず食べ残ししないでフードロスを減らすことなどもSDGsの取り組みの中の一つです。

企業であれば、性別や年齢を問わず働きやすい職場を作ることや、テレワークなどを活用し好きな場所で働ける環境を作ることなどもSDGsの取り組み例と言えます。

一人の力で世界を変えることはできませんが、みんなができることを少しずつやっていけば世界は変わります。10年後、20年後の世界が今よりも幸せであることを願い頑張っていきましょう。

この記事を書いた人

竹内潤平のアバター 竹内潤平 代表取締役社長

ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。
SEO、HTML、CSS、WordPressが得意です。複数のサイトを自分自身で運営・管理しています。当サイトも私がテーマカスタマイズや記事の作成をしています。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資でお金を借りた経験があります。
株式投資歴は20年以上で、現在は個別株投資やベンチャー投資をしつつ、NISAつみたて投資枠でオルカン、S&P500、日経225に投資しています。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

運営者情報

会社名 株式会社アルビノ
代表者 代表取締役社長 竹内潤平
住所 〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-3-13 西新宿水間ビル6階
電話番号 03-6914-6178
全社テレワーク中のため、お電話を頂いても対応できない状況となっています。
お問合せ メールフォーム
設立 2014年10月20日
資本金 1000万円
事業内容 Webマーケティング支援
メディア運営
ライフプランコンサルティング
法人番号 7011101071501
本社所在地 〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-4-5
インボイス登録番号 T7011101071501
目次