この記事を書いた人

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

アコムやプロミスで借りてすぐに返す方法!消費者金融はすぐに返せる

消費者金融から借りてすぐ返せる?

消費者金融は数日だけ借りてすぐに返すこともできます。ネット返済やATM返済で簡単に返済できます。

消費者金融は、いつでも繰上げ返済や一括返済ができるので、自分の好きなタイミングで返すことができます。

リボ払いの返済額は月2,000円や4,000円ですが、それ以上の金額ならいくら返しても構いません。

アコムやプロミスから借りて、すぐに返すと利息はいくら?

アコムとプロミスは、初めての人なら最大30日間の無利息期間があるので、借りてすぐ返せば利息は0円です。30日以内なら何度借りても無利息です。

次の給料日にすぐに返済できるけど、一時的にお金が必要という人も多いと思います。少しの間だけキャッシングしなければいけないときは、無利息サービスのある消費者金融がおすすめです。

Card Loan レイク プロミス アイフル アコム
無利息期間 最大60日間 最大30日間 最大30日間 最大30日間
適用期間 初回契約日
翌日から
初回借入日
翌日から
初回契約日
翌日から
初回契約日
翌日から
審査時間 最短25分 最短3分 最短18分 最短20分
審査通過率   41.9%   42.8%
おすすめの無利息カードローン レイクの詳細 プロミスの詳細 アイフルの詳細 アコムの詳細
ローン商品に関する注意事項

■プロミス
※無利息の適用条件はメアド登録とWeb明細利用
■アイフル
※申込状況によって希望に添えない場合あり
※受付時間によっては振り込みが翌営業日となる場合あり
※無利息期間の適用は初めての方に限る
■アコム
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施
※無利息期間の適用は初めての方に限る
※19歳以下の方は申込不可
■レイク

レイクの注意事項

【融資時間について】
※Web申込みの場合、最短25分融資も可能
※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く

【無利息期間について】
※Web経由で申込みされた方のみ60日間無利息を利用可能
※「60日間無利息(Web申込み限定)」、「5万円まで180日間無利息」、「30日間無利息」の併用不可
※レイクで初回契約の方が対象
※初回契約翌日から無利息適用
※ご契約額が200万円超の方は30日間無利息のみ利用可能
※無利息期間終了後は通常金利適用

【貸付条件】
ご融資額:1万円~500万円
貸付利率(年率):4.5%~18.0%
※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
年齢制限:満20歳~70歳
遅延損害金(年率):20.0%
ご返済方式:残高スライドリボルビング方式/元利定額リボルビング方式
ご返済期間・回数:最長5年・最大60回
※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は変動します。
必要書類:運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャル株式会社が必要とする場合)
担保・保証人:不要
商号・名称:新生フィナンシャル株式会社
登録番号:関東財務局長(10) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。初めてご利用のお客さまへの当日ご融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。
■SMBCモビット
※申込の時間帯や審査状況によっては当日中の融資ができない場合あり
■dスマホローン
※お申込みの曜日、時間帯によって、翌日以降の対応となる場合がございます。
※優遇適用後金利 0.9%~17.9%(実質年率)/基準金利 3.9%~17.9%(実質年率) ドコモ回線などのご利用状況に応じて、最大年率3.0%の金利優遇が適用。適用条件はdスマホローン公式サイトでご確認ください。
■au PAY スマートローン
※お申し込みの時間帯や審査状況によっては、翌日以降のご連絡となる場合がございます。
※2020年4月28日以前にお申し込みの方は8.0%~18.0%(実質年率)
※審査に応じてお客さまごとに適用金利を決定します。
※利用限度額はお客さまごとに当社所定の審査によりに決定します。
※お客さまの状況によってはご希望に沿えない場合もございますのであらかじめご了承ください。
■審査通過率について
プロミス 月次データアコム マンスリーレポートより

当サイトの掲載情報について

当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。広告掲載ポリシーはこちら

掲載する商品やサービスが広告であることがわかるように、事前に詳細ページを案内したり、リンクにPRを付けています。

当サイトで紹介している消費者金融やクレジット会社は、全て財務局都道府県知事の登録を受けている正規の貸金業者です。

金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで、街金を含めた全ての貸金業者が確認できます。

アコムで借りてすぐに返す

これはアコムのアプリ画面です。貸付金残高が借りたお金の残高で、それに利息がプラスされて残債務合計が表示されています。

このときは1万円ほど借りていましたが、70円の利息が付いています。契約したばかりで30日間の無利息期間内なら利息は付きません。

アコムで借りてすぐに返したいときはインターネット返済が便利です。ATMでもよいのですが、ATMは小銭が入れられないため完済できません。

1,000円未満の端数は無利息残高になるので、1,000円単位で返済して残りはそのまま放置しておいても問題はありませんが、今後借りる予定がないなら完済しておくのがおすすめです。

アコムのネット返済で全額返済するときは、返済金額に残債務合計の金額を入力します。

確認画面で返済後の貸付金残高が0円になっていれば、利息も含めて全額の返済ができます。

私はリボ払いで返済していますが、アコムで借りてすぐに全額返済すれば少ない利息で済みます。

プロミスで借りてすぐに返す

これはプロミスで3万円借りたときのものですが、利息と手数料の合計が146円になっています。

3万円借りた時の利息は1日12円なので、このときは借入日から12日ほど経過していることになります。

プロミスにも無利息サービスがありますが、無利息期間が付くのは初回借入から30日間です。私は何年もプロミスを使っているので、無利息期間はありませんが定期的に借りています。

プロミスで3万円借りてすぐに全額ネット返済

プロミスで借りてすぐに全額返済したいときは、インターネット返済が便利です。ネット返済なら1円単位で返済できます。

アプリや会員ページからインターネット返済を選択して、「全額のご返済」をタップします。

希望返済額に借入残高と利息、手数料などの合計額が表示されます。

インターネット返済はダイレクトバンキングからの返済になるので、自分が使っている銀行にログインして返済します。

そのまま返済画面まで進めば全額返済できます。無利息期間内なら追加で借りても、初回借入から30日以内に完済すれば無利息です。

キャッシングは返してすぐに借りることもできます。限度額の範囲内で何度でも借りられるのがキャッシングのよいところです。

消費者金融で1日だけ借りるときの利息

消費者金融で借りて翌日にすぐ返済しても利息がかかりますか?

消費者金融で1日だけ借りるときも利息がかかります。借りた当日に即日返済したときは利息がかかりませんが、翌日以降の返済には利息がかかります。

借入日 返済日 利息
2/1 2/1 なし
2/1 2/2 1日分
2/1 2/3 2日分

1日だけ借りるだけでも利息がかかりますが、1日なら利息は少ないです。

30日間無利息サービスがある消費者金融なら利息はゼロ円です。

1日の利息計算

利息の計算は以下のようになります。

借入額×年利÷365×借入日数

たとえば、10万円を年利18%で、1日借りた場合は

10万×0.18÷365×1=49円の利息になります。

50万円を1日借りる場合の利息は246円です。

1円未満の利息は切り捨てになるので、1万円を1日借りたときは9.8円⇒9円の利息になります。

口座振替では翌日に返済することはできませんが、ATMやネット返済で繰り上げ返済できるカードローンは、借りた翌日に返済することもできます。

1日だけ借りたい人はあまりいないと思いますが、なるべく利息をかけずに借金したい人は、できるだけ早く完済するようにしましょう。

初回利用で30日間無利息が付く場合、30日以内に全額返済すれば利息はかかりません。31日を過ぎた場合、31日目から利息がかかってきます。

借入額ごとの1日の利息

借入額1万円~200万円の1日の利息をご紹介します。

借入額100万円未満は年18.0%、100万円以上は年15.0%で計算しています。

借入額 借入日数 利息
1万円 1日 4円
2万円 1日 9円
3万円 1日 14円
5万円 1日 24円
10万円 1日 49円
20万円 1日 98円
30万円 1日 147円
50万円 1日 246円
100万円 1日 410円
200万円 1日 821円

借入額が大きくても1日なら利息は多くなりませんが、100万円を30日借りると12,300円の利息になります。

カードローンの限度額は申込者の年収などで決まりますが、初回限度額は50万円以下になることが多いです。収入証明書を提出すれば初回限度額100万円以上も可能ですが、希望した額以下での契約になることも多いです。

借りた当日に返済すれば利息はかからない

キャッシングで借りたお金を「当日中に全額返済」した場合は利息が発生しません。

借りたその日に即日返済する場合には、利息が発生しません。

これは初日不算入の原則が適用されるためで、借入初日は1日としてカウントされません。

民法第百四十条

日、週、月又は年によって期間を定めたときは、期間の初日は、算入しない。ただし、その期間が午前零時から始まるときは、この限りでない。

※e-Gov法令検索より

法律上は、借入日の翌日を1日目として利息計算するということですね。

消費者金融の無利息サービスが「翌日から30日」となっているのは、当日は法律で無利息となっているためです。

借入金を即日返済した時の利息の扱いは、利用する消費者金融によって変わるかもしれないので、気になる方はカードローン会社に確認してみてください。

時間で期間を定めた場合

初日不算入の原則は、日・週・月・年で期間を定めた場合の法律です。カードローンは日単位で利息が発生するので、初日不算入の原則が適用されます。

話がそれますが、時間単位で契約した場合は、話が変わってきます。

民法第百三十九条

時間によって期間を定めたときは、その期間は、即時から起算する。

※e-Gov法令検索より

契約書に◯月◯日の◯時と言ったように時間まで指定されている場合や、「借入後24時間以内にお支払いください」と言った内容の場合は、起算点が時間になります。

カードローンの契約では、借入日の◯時から利息発生という文言はありませんし、借入から24時間以内に利息が発生することはないので、気にする必要はありません。

利息よりも手数料を気にした方がよい

即日返済や翌日返済したときの利息を気にしている人は、手数料がゼロ円になっているか確認したほうがよいでしょう。

利息の事ばかり考えて、利息よりも高い手数料を支払っていては意味がありません。

借りた当日に返済したときでも、利息はかからなくても手数料がかかる場合があります。

取引内容 手数料 特徴
振込融資 なし
  • 借りたときの手数料はなし
  • ATMで引き出すときに注意
ATM借入 あり
  • 自社ATMは手数料なし
  • 提携ATMは手数料あり
  • 銀行カードローンは手数料なし
ネット返済 なし
  • ネットバンクからの返済で手数料なし
銀行振込返済 あり
  • 振込時に銀行手数料あり
ATM返済 あり
  • 自社ATMは手数料なし
  • 提携ATMは手数料あり
  • 銀行カードローンは手数料なし
スマホATM取引 あり
  • セブン銀行とローソン銀行のカードレス取引

キャッシングで手数料がかかるのは、ATMや銀行振込を利用する時です。借入でも返済でも手数料が発生する可能性があります。

大手消費者金融では、提携する銀行やコンビニのATMで取引すると110~220円の手数料が取られます。借りたその場で返済しても手数料はかかります。

なるべく少ない利息で返したいと考える人は、消費者金融の自社ATMやネットから一括返済するのがよいと思います。

提携ATM手数料の発生と精算の仕組み

提携ATMを利用して借りたり返済するときに手数料が発生します。

取引 取引金額 手数料発生 手数料精算
借入 1万円以下 110円 なし
1万円超 220円 なし
返済 1万円以下 110円 あり
1万円超 220円 あり

これが一般的な消費者金融の提携ATM手数料です。借入時は手数料が発生しても精算(支払)されないのが特徴です。

借りるときに手数料を支払う形だと、1万円借りたのにATMから出てくるのが9,890円になってしまうので、ややこしくなりますよね。

借りたときに発生した手数料は返済するときに引かれます。ATM以外で返済した場合でもそれまでに発生している手数料は支払います。

パターン1

5/5に提携ATMで1万円借入(手数料110円発生)
5/10に提携ATMで1万円返済(手数料220円精算)

パターン2

5/5に提携ATMで1万円借入(手数料110円発生)
5/10に提携ATMで1万円借入(手数料110円発生)
5/20に提携ATMで1万円返済(手数料330円精算)
6/20にネット返済で1万円返済(手数料なし)

パターン3

5/5に提携ATMで1万円借入(手数料110円発生)
5/10に提携ATMで1万円借入(手数料110円発生)
6/20に自社ATMで1万円返済(手数料220円精算)
6/20に提携ATMで1万円返済(手数料110円精算)

このような形で、借入時に発生した手数料は返済時に精算されます。提携ATMを利用する場合、借入や返済はできるだけまとめてやった方が得です。

ネット返済や自社ATMからの返済は基本的に手数料がかかりませんが、借入時の手数料の精算で返済したときに手数料が発生していると勘違いしがちです。

すぐに全額返済したい時の返済方法

消費者金融から借金した時の返済は、リボ払いになります。消費者金融でも銀行でもカードローンの返済方法はリボ払いが基本です。

口座振替なら、お金を借りてそのままにしていると、次回の口座引き落とし日に、最低返済額が引き落とされます。

数日借りて利息をかけずにすぐに返済したい時は、インターネットやATMから全額返済する必要があります。

インターネットから全額返済

これは、プロミスのインターネット返済の画面です。全額返済を指定して、借入残高全額の振込をすれば返済は完了します。

ネット返済は手数料がかからないので、無利息期間内に返済すれば利息も手数料もかかりません。

自社ATMから全額返済

これはプロミスの自動契約機に併設されているATMです。自社ATMでも同じように全額返済することができます。

自社ATMも手数料がかからないので、ネット返済ができない人は自社ATMがよいと思います。

提携ATMで全額返済

これはセブン銀行のATMでプロミスの返済をするときの画面です。提携ATMでは、全額返済や金額指定返済はできません。

入金可能額の範囲内で返済することになりますが、入金可能額の全額を入金すれば完済できます。

小銭は投入できないので、1,000円未満の端数は入金できませんが、カードローンの1,000円未満の借入は無利息残高になるので問題ありません。

カードローンを解約する際には、1円単位まで全て返済しなければなりません。ネット返済なら1円単位の返済が可能です。

※カードローン会社によっては無利息残高を残高なしとして扱うため、無利息残高がある状態で解約できる場合もあります。

私が使っているカードローン
プロミスのおすすめポイント
プロミスカード
  • 原則、勤務先への電話確認なし
  • 最短3分で融資
  • カードレス契約も可能
  • 原則24時間最短10秒で振込融資
  • 学生アルバイトでも借りられる
  • クレジット機能付きのプロミスVisaカードあり
  • SMBCグループ
※審査結果によっては電話による在籍確認あり
※申込時間や審査により希望に添えない場合あり

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

運営者情報

会社名 株式会社アルビノ
代表者 竹内潤平
住所 〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-3-13 西新宿水間ビル6階
電話番号 03-6914-6178
※電話対応はしていません。
お問合せ メールフォーム
設立 2014年10月20日
資本金 1000万円
事業内容 Webマーケティング支援
ライフプラン・コンサルティング
メディア運営
主要取引銀行 三菱UFJ銀行
住信SBIネット銀行
法人番号 7011101071501
本社所在地 〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-4-5
インボイス登録番号 T7011101071501

上に戻る