この記事を書いた人

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

みずほ銀行カードローンの自動融資は勝手に実行されるの?

みずほ銀行の自動融資は勝手に実行されるの?

カードローンを利用していて、公共料金の引き落としの際に残高不足だと、勝手に融資されることがあります。これを自動融資といいます。

みずほ銀行の自動融資サービスを利用している人は、公共料金やクレジットカードの支払いなどで口座残高が不足したときに、自動融資が実行されます。

銀行には「自動融資」「自動貸越」「当座貸越」と呼ばれる機能があります。当座貸越は、自動貸付や自動借入とも呼ばれています。

みずほ銀行の自動貸越サービスを利用している人は、キャッシュカードでお金を引き出すときに、残高を超える額が引き出せます。これは自動貸越により融資が行われているためです。

勝手に借金させられたと感じるかもしれませんが、カードローンの申込や定期預金の口座開設時に、自動融資の申込や承諾をしているはずです。

みずほ銀行カードローン
審査時間 最短当日
金利 年2.0~14.0%
利用限度額 10~800万円
無利息期間 なし
在籍確認 電話あり

※みずほ銀行は、住宅ローンの利用でカードローン金利が年0.5%引き下げられます。引き下げ適用後の金利は年1.5~13.5%です。

セブン銀行カードローン
審査時間 最短翌日
金利 年12.0~15.0%
利用限度額 10~300万円
無利息期間 なし
在籍確認 原則電話なし
アイフル
審査時間 最短18分
金利 年3.0~18.0%
利用限度額 1~800万円
無利息期間 最大30日間
在籍確認 原則電話なし
アイフルの貸付条件

貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)
利用限度額:800万円以内
※利用限度額が50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要(慎重審査)
遅延損害金:20.0%(実質年率)
返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済期間及び返済回数:1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い
借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
※500万円を年12.0%(実質年率)で借りた場合
貸付対象者:満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方
※なお、お取引中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。 担保・連帯保証人:不要

※申込状況によって希望に添えない場合あり
※受付時間によっては振り込みが翌営業日となる場合あり
※無利息期間の適用は初めての方に限る
※利用限度額50万円超、または他社を含めた借入金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要

当サイトの掲載情報について

当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。広告掲載ポリシーはこちら

掲載する商品やサービスが広告であることがわかるように、事前に詳細ページを案内したり、リンクにPRを付けています。

当サイトで紹介している消費者金融やクレジット会社は、全て財務局都道府県知事の登録を受けている正規の貸金業者です。

金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで、街金を含めた全ての貸金業者が確認できます。

銀行で自動融資が行われるとき

カードローンや定期預金を利用していると、口座残高不足を補うために自動的に融資が行われる場合があります。

これはカードローンを利用している口座で、自動融資が行われたときの通帳の記録です。

国民年金保険料の引き落としがあり、2,727円不足したために、カードローンから2,727円借り入れして年金保険料を支払っています。

銀行には、自動融資、自動貸越、当座貸越といった機能があります。消費者金融系カードローンには自動融資はありません。

  1. 公共料金やカードの引き落し時に口座残高不足
  2. カードローンから自動的に融資
  1. ATMからお金を引き出すときに口座残高を超える額を引き出す
  2. カードローンから自動的に融資
  1. 公共料金やカードの引き落し時に口座残高不足
  2. ATMからお金を引き出すときに口座残高を超える額を引き出す
  3. 定期預金を担保に自動的に融資

当座貸越は、自動貸付、自動借入、自動融資と呼ばれることもあります。

カードローンを利用している人は、自動融資や自動貸越があり、定期預金口座を持っている人は当座貸越があります。

銀行のキャッシュカードでお金を引き出す時に、口座残高が足りないのにお金を引き出せることがありますが、これは自動貸越や当座貸越により借金していることになります。

自動融資や自動貸越、当座貸越を利用するには申込みが必要ですが、口座開設時に申し込んで忘れている人も多いです。勝手に融資されて驚く人もいるようですが、多くの銀行が備えているサービスです。

カードローンの自動融資とは

公共料金やクレジットカード代金の引き落としが行われる際に、口座残高が不足しているとカードローンから自動的に融資が行われます。

自分の銀行残高を把握してない人が、知らぬ間にカードローンで借金をしていたというケースは少なくありません。

残高不足だと勝手に融資される?

勝手に融資されて困ったという人もいますが、カードローンの契約をした時に説明されているはずで、自動融資機能を使うためには別途申込みが必要になる場合が多いです。

定期預金を利用している人が、定期預金を解約せずに定期預金を担保にしてお金を借りることを「当座貸付」「自動貸付」「自動借入」「自動融資」と呼ぶこともあります。

定期預金額の80~90%の借り入れが可能で、利息が発生します。生命保険の契約者貸付と同じようなものですね。

三菱UFJ銀行の自動積立定期預金はおすすめ!引き出し方や解約のやり方

自動融資と自動貸越の違い

クレジットカードや公共料金の支払い時に、口座引き落としができず自動的に融資されるものを「自動融資」と言います。

これが、自動融資が行われるときの流れです。

電気代やガス代などの公共料金の支払いを口座振替にしていて、引き落としが行われた時に残高不足だと自動融資が行われます。

クレジットカードの支払いでも自動融資は機能しますが、カードローン返済時の引き落としでは自動融資は行われません。

これが、自動貸越が行われるときの流れです。

キャッシュカードで預金口座から引き出す時に、預金残高以上の引き出しができるものを「自動貸越」と言います。

仕組みは自動融資と同じですが、ATMやネットバンキングなどで口座からお金を引き出す時に行われるものです。

銀行によって使われる言葉が違うときがありますが、自動融資と自動貸越はこのように分けられていることが多いです。

自動融資は色々な銀行が対応していますが、自動貸越は対応していない銀行も多いです。

自動貸越機能を知らずにカードローンを利用している人は、自分の預金だと思って引き出したお金が実はカードローンからの借り入れだったということもあるのかもしれません。

自分の預金額はわかっているはずなので、預金額以上の引き出しができた時点でおかしいと気づかないとまずいですよね。

銀行カードローンの自動融資機能

みずほ銀行や三井住友銀行のカードローンには自動融資機能が付いています。

三菱UFJ銀行のバンクイックには自動融資はありませんが、三菱UFJ銀行のマイカードプラスには付いています。

  三菱UFJ銀行 みずほ銀行 三井住友銀行
サービス名 マイカードプラス カードローン カードローン
自動融資 あり あり あり
限度額 30万円 カードローン
利用限度額
カードローン
利用限度額
別途申込 必要 必要

いずれもキャッシュカードとカードローンが兼用型のサービスを利用している時に適用されるものです。

みずほ銀行カードローンの場合、自動振替サービスは自動的に付加されますが、自動融資サービスは別途スイングサービスの申込みが必要になります。

三井住友銀行 カードローンの場合、自動融資(バックアップ)の申込みは、三井住友銀行の窓口またはローン契約機での手続が必要になります。三井住友銀行 カードローンを利用していても、ローン専用型カードで借りている人は自動融資機能がありません。

利用者が知らぬ間に借金していたというのはトラブルの元になるので、自動融資機能は付加サービスになっていることが多いです。付加サービスの場合は、申し込まなければ自動融資が実施されることはありません。

大手銀行カードローンの自動融資と自動貸越

金融機関 自動融資 自動貸越
みずほ銀行 限度額内 限度額内
りそな銀行 限度額内 限度額内
PayPay銀行 限度額内 限度額内
三菱UFJ銀行 限度額内 なし
三井住友銀行 限度額内 なし
イオン銀行 限度額内 なし
東京スター銀行 限度額内 なし
UI銀行 10万円 なし
ソニー銀行 終了 なし
楽天銀行 なし なし
住信SBIネット銀行 なし なし
auじぶん銀行 なし なし
オリックス銀行 なし なし
セブン銀行 なし なし

自動融資や自動貸越サービスがある銀行では、カードローンの限度額内で融資が行われます。限度額一杯まで借りていて借入枠がないときは実行されません。

デジタルバンクのUI銀行の自動融資は、UI Support(当座貸越)を利用することで、最大10万円まで自動で立て替えてくれます。

自動融資対象外の取引

それぞれの銀行で自動融資サービスの内容に違いが見られますが、銀行によって自動融資される取引、されない取引も異なります。

全ての引き落としや借り入れについて自動融資されるわけではなく、各銀行ごとに自動融資の対象外になるものがあります。

カードローン返済の口座振替では自動融資は行われません。カードローン返済時に自動融資してしまうと、借金がどんどん積み上がってしまうので、カードローンの返済は自動融資の対象外ですね。

三菱UFJ銀行の対象外取引

  • 返済用預金口座がマル優の場合
  • ATMや窓口での預金の払い戻し
  • 「マイカード プラス」の約定
  • 返済、カードローン「バンクイック」の約定返済
  • 自動つみたて定期預金への自動振替等のお振り替え
  • デビットカード サービス
  • 定額自動送金サービス
  • リアルタイム口座振替サービス
  • その他三菱UFJ銀行所定のお取引

三井住友銀行の対象外取引

  • カードローンの毎月のご返済
  • 約定返済日当日の日中に発生する口座振替
  • 返済用預金口座から支払可能残高を超える預金のお引き出し
  • 返済用預金口座から積立定期へ自動振替する等のご預金間のお振替
  • 投信自動積立による自動引き落とし

みずほ銀行の対象外取引

  • 預金の払い戻し
  • カードローンの返済など

りそな銀行の対象外取引

  • 定期積立
  • カードローンの返済

イオン銀行の対象外取引

  • 積立式定期預金・投信自動積立への自動振替
  • 当行ローンの元金返済および利息支払
  • WAON(電子マネー)へのオートチャージ
  • イオンフィナンシャルサービス(株)の引落とし

当座貸越とは

自動融資や自動貸越ではなく「当座貸越」というサービスもありますが、当座貸越はカードローンではなく定期預金に関連したサービスです。

当座貸越とは、普通預金口座の残高不足のときに、定期預金を担保に不足額を自動的に借入できるサービスです。

公共料金・カード代金の引き落とし時や、ATMでお金を引出したときに適用されます。

銀行によっては、当座貸越は自動貸付や自動借入という名前になっています。担保は定期預金に限らず、「個人向け国債・利付国債・政府保証債・地方債」などの債権も対象になります。

「定期預金の90%または200万円まで」借入できる銀行が多いです。借入なので借りている間は金利がかかります。

当座貸越は付帯サービスなので、利用したい時は普通預金口座や定期預金口座を開設したときに申し込みます。開設後に申し込むこともできます。

当座貸越の流れ

口座残高不足で引出し
口座に1万円しかないのに3万円引出し

当座貸越
定期預金を担保に2万円借入
口座残高はマイナス2万円

普通預金口座に20万円入金
当座貸越分2万円を返済
普通預金口座残高は18万円

たとえば口座残高が1万円のときに3万円引き出すと、2万円は定期預金などを担保に借入する形になります。定期預金からお金が移動するわけではなく、定期預金を担保にお金を借ります。

返済方法は、次回、口座に入金されたときに自動的に返済されます。借入から返済までの期間は利息がかかりますが、カードローンのように年15%も取られるようなことはありません。

当座貸越の金額と金利

金融機関 当座貸越 金利
三菱UFJ銀行 90%または200万円 定期預金の約定利率+0.5%
三井住友銀行 90%または200万円 定期預金の約定利率+0.5%
みずほ銀行 90%または200万円 定期預金の約定利率+0.5%
りそな銀行 90%または200万円
ゆうちょ銀行 90%または300万円 返済時の約定金利+0.25%
預入時の約定金利+0.5%
イオン銀行 90%または300万円 定期預金の約定利率+0.5%
SBI新生銀行 90%または500万円 年1.88%
住信SBIネット銀行 90%または200万円 年1.675%
東京スター銀行 あり
オリックス銀行 あり
楽天銀行 なし
ソニー銀行 なし
auじぶん銀行 なし
PayPay銀行 なし
セブン銀行 なし

当座貸越の利率は、定期預金の利率+0.5%となっている銀行が多いですが、SBI新生銀行や住信SBIネット銀行のように別途設定されている場合もあります。

東京スター銀行やオリックス銀行にも当座貸越サービスがありますが、借り入れできる金額や金利は調べてもわかりませんでした。

当座預金とは

当座預金とは、手形や小切手の支払いに使われる決済用預金のことです。企業経営者や個人事業主でない限り、当座預金口座を持っている人は少ないと思います。

当座貸越は、当座預金口座を持っている人が、当座預金の残高を超えて手形や小切手を振り出したり、カードなどにより現金を引き出したときに、当座貸越契約の限度額内で自動的に融資されるものでした。

普通預金口座に当座預金勘定取引はありませんが、1980年頃から普通預金に当座貸越を組み合わせた総合口座が一般的になり、普通預金でも定期預金や債券などを担保に当座貸越が利用できるようになりました。

自動融資や当座貸越は借金である

カードローンの自動融資は、銀行口座と一体型になっている銀行カードローン特有のサービスです。消費者金融や信販会社のカードローンに自動融資はありません。銀行でもローン専用型カードでは対象外です。

定期預金の当座貸越は、普通預金と定期預金が一体になった総合口座特有のサービスです。

自動融資で借りてもカードローンで借りても同じ借金なので、返済しなければなりません。当座貸越は定期預金が担保になっていますが、借金であることに変わりはありません。

公共料金やクレジットカードの引き落としがあった時に残高不足だと、電気・ガス・水道などが止まったり、クレジットカードの利用が停止されてしまう可能性があるので、自動融資で借りられるのは便利です。

公共料金やクレジットカードの料金を滞納して、利用停止になるまでの期間は以下のようになっています。

電気・ガス・水道は生活に関わる部分ですし、クレジットカードの料金滞納は、他の支払いにも影響が出てくる部分で、長期延滞は個人信用情報にキズが付くので注意したいですね。

自動融資機能があるカードローンなら、これらのトラブルが回避できますが、自動融資は借金なので自動融資で借りたお金もしっかり返済しなければなりません。カードローンの返済が滞っている状態では自動融資も利用できなくなります。

私が使っているカードローン
プロミスのおすすめポイント
プロミスカード
  • 原則、勤務先への電話確認なし
  • 最短3分で融資
  • カードレス契約も可能
  • 原則24時間最短10秒で振込融資
  • 学生アルバイトでも借りられる
  • クレジット機能付きのプロミスVisaカードあり
  • SMBCグループ
※審査結果によっては電話による在籍確認あり
※申込時間や審査により希望に添えない場合あり

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

運営者情報

会社名 株式会社アルビノ
代表者 竹内潤平
住所 〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-3-13 西新宿水間ビル6階
電話番号 03-6914-6178
※電話対応はしていません。
お問合せ メールフォーム
設立 2014年10月20日
資本金 1000万円
事業内容 Webマーケティング支援
ライフプラン・コンサルティング
メディア運営
主要取引銀行 三菱UFJ銀行
住信SBIネット銀行
法人番号 7011101071501
本社所在地 〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-4-5
インボイス登録番号 T7011101071501

上に戻る