この記事を書いた人

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

審査が早い消費者金融と銀行カードローンで即日審査できるところ

急にお金が必要になったので、審査が早い消費者金融を教えて!

最も審査が早い消費者金融は、プロミスとアイフルです。プロミスは最短3分、アイフルは最短20分で融資が受けられます。

※申込時間や審査により希望に添えない場合があります。

プロミスには15秒で審査結果がわかる事前審査もあるので、申込み完了後すぐに審査の合否がわかります。事前審査に通ったら本人確認書類を提出し、契約が完了したらすぐに借りられます。

平日・土日関係なく21時までに申し込めば即日融資できる可能性があります。

消費者金融でも即日融資できるところとできないところがあるので、急いでお金を借りたいときは融資時間に注目してください。

Card Loan プロミス アイフル アコム SMBCモビット
事前審査 最短15秒 なし なし 10秒簡易審査
審査時間 最短3分 最短20分 最短20分 最短30分
最短即日 21時まで 21時まで 21時まで 21時まで
無利息期間 最大30日間 最大30日間 最大30日間 なし
審査通過率 41.9%   42.8%  
在籍確認 原則電話なし 原則電話なし 原則電話なし Web完結なら
電話連絡なし
審査が早いキャッシング プロミスの詳細 アイフルの詳細 アコムの詳細 SMBCモビットの詳細
ローン商品に関する注意事項

■プロミス
※無利息の適用条件はメアド登録とWeb明細利用
※事前審査結果を確認後、本審査が必要
※新規契約時点の融資額上限は50万円
■アイフル
※申込状況によって希望に添えない場合あり
※受付時間によっては振り込みが翌営業日となる場合あり
※無利息期間の適用は初めての方に限る
■アコム
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※無利息期間の適用は初めての方に限る
※19歳以下の方は申込不可
■SMBCモビット
※申込の時間帯や審査状況によっては当日中の融資ができない場合あり
■dスマホローン
※契約には所定の審査あり
※ドコモ回線などの利用状況に応じて、最大年率3.0%の金利優遇あり
■在籍確認について
※審査結果によっては電話による在籍確認が必要
■審査通過率について
プロミス 月次データアコム マンスリーレポートより

当サイトの掲載情報について

当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。広告掲載ポリシーはこちら

掲載する商品やサービスが広告であることがわかるように、事前に詳細ページを案内したり、リンクにPRを付けています。

当サイトで紹介している消費者金融やクレジット会社は、全て財務局都道府県知事の登録を受けている正規の貸金業者です。

金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで、街金を含めた全ての貸金業者が確認できます。

審査が早い消費者金融一覧

審査が早いという点や、夜間や土日でも借りやすい点で、個人的におすすめの消費者金融は私も利用しているプロミスです。

プロミスなら、申込から融資まで3分以内に終わる可能性があります。

※申込時間や審査により希望に添えない場合があります。

金融機関 審査時間 融資時間
プロミス 最短15秒 最短3分
アイフル 最短20分 最短20分
アコム 最短20分 最短20分
レイク 最短15秒 最短25分
SMBCモビット 10秒簡易審査 最短即日融資

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※申込状況によって希望に添えない場合あり※受付時間によっては振り込みが翌営業日となる場合あり

審査時間は仮審査の結果が出るまでの時間で、融資時間が借入するまでの時間です。

仮審査の結果がすぐにわかる上に、融資までの時間が最短3分と早いのがプロミスの特徴です。

最近は多くの消費者金融が24時間振込に対応しているので、夜間や土日でも振込で借りられます。

アコムは土日に即日振込みできる金融機関が限られているので注意してください。振込融資できないときでもATMで借りられます。

急いでいる人はネット申込後に自動契約機でカードを発行するのが確実です。カードがあればATMで24時間借りられます。

自動契約機へ行くのが嫌な人は、振込やスマホATM取引で借りましょう。

プロミスの審査を早める方法

プロミスは、早ければ申込から最短3分で融資が受けられます。プロミスは、申込完了画面に最短15秒で事前審査の結果を表示しています。

プロミスから即日融資したいときに、最も早く借りられる方法をご紹介します。

プロミスの融資を早める方法
  • ネット申込
  • 事前審査を通過したらスマホや金融機関口座で本人確認
  • 在籍確認書類を提出する
  • ネットで契約書類を確認
  • 振込融資で借入

プロミスでは、9時~21時の申込は事前審査の結果をすぐに通知するサービスがあります。事前審査を通過したら本人確認の手続きを行います。

21時以降に申し込んだ場合は、朝9時以降にメールで審査結果が届きます。メールが来たらすぐに確認して、審査を通過していたら本人確認します。

プロミスの本人確認方法はいくつかありますが、アプリで顔と書類を撮影する方法か、金融機関の口座を登録して本人確認する方法がおすすめです。

プロミスは原則24時間のインターネット振込に対応しているので、振込融資で借りるのがおすすめです。受付完了後すぐに振込処理されるので、契約が完了すれば借入までは早いです。

24時間振込の銀行口座を持っていない人は、セブン銀行のスマホATM取引か自動契約機でカードを発行します。

私はプロミスを使っていますが、私の時は審査回答までに1時間ほどかかりました。申込みから融資までに2時間ほどかかりましたが、その日のうちに借りられました。

アコムの審査を早める方法

アコムは最短20分審査の消費者金融です。アコムで即日融資したいときに、最も早く借りられる方法をご紹介します。

アコムの融資を早める方法
  • ネット申込
  • 必要書類に関するメールが来たらすぐに提出
  • 在籍確認書類を提出
  • ネットで契約書類を確認
  • 振込融資で借入

アコムには、仮審査の通知はありませんが、必要書類の提出に関するメールが届いたら仮審査を通過したことになります。

アコムの在籍確認は、原則として電話では行われません。電話確認が必要なときは、本人の同意を得る形になっているので、先に携帯に電話がきます。

アコムも24時間振込に対応していますが、夜間や土日に振込できる金融機関は多くありません。

楽天銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の口座があれば24時間振込が利用できます。

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融で、オペレーターの対応が丁寧です。本人確認や在籍確認で時間がかかると審査回答が遅れます。

アイフルの審査を早める方法

アイフルは、最短20分の審査が早い消費者金融です。

アイフルから即日融資したいときに、最も早く借りられる方法をご紹介します。

アイフルの融資を早める方法
  • ネット申込
  • 仮審査結果の連絡を受けたらすぐに必要書類を提出
  • 借入
    • 振込融資で借りる
    • スマホATM取引で借りる
    • 無人機でカードを発行⇒ATMで借りる

アイフルは、原則として勤務先や自宅への電話連絡がない消費者金融です。会社に電話されるのが嫌な人は、アイフルがおすすめです。

アイフルにも原則24時間振込があるので、振込融資で借りる人はカードを発行する必要がありません。

レイクの審査を早める方法

レイクは最短15秒で審査結果を表示、Web申込なら最短25分融資が可能です。

レイクの融資を早める方法
  • ネット申込
  • 審査結果メールが届いたらすぐに必要書類を提出
  • ネットで契約書類を確認
  • 振込融資で借入

レイクには24時間振込とスマホATM取引があります。即日カードを発行したい人は、レイクの自動契約機へ行きます。

スマホATM取引で借りたい人は、21時までに申込と必要書類の確認が完了すれば即日融資が受けられます。

平日と土曜日は21時まで即日融資できますが、日曜日は18時までに契約手続きを完了させないと即日融資できません。

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。 一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。初めてご利用のお客さまへの当日ご融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。

SMBCモビットの審査を早める方法

SMBCモビットは、最短30分審査、最短即日融資の消費者金融カードローンです。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

10秒で簡易審査結果を表示する機能があるので、プロミスやレイクと同様に、事前審査の結果がすぐにわかります。

SMBCモビットは、電話連絡なしのWeb完結申込があります。SMBCモビットで即日融資を受けるときに、最も早く借りられる方法をご紹介します。

SMBCモビットの融資を早める方法
  • Webから申し込む
  • 事前審査を通過したらすぐに必要書類を提出
  • ネットで契約書類を確認
  • 振込融資で借入

SMBCモビットは、カードのあり・なしが選べます。カードなしでも振込融資や、セブン銀行のスマホATM取引で借りれば問題ありません。

SMBCモビットの申込方法は、以前はWeb完結申込とカード申込に分かれていましたが、現在は申込フォームが一つになっています。

SMBCモビットは郵送カードがコンビニや郵便局で受け取れます。家族に内緒で借金したい人は、コンビニでカードを受け取りましょう。

銀行カードローンで審査が早いところ

銀行カードローンは審査に時間がかかりますが、2023年頃から即日審査回答もできるようになりました。

以前は、審査の最終段階で実施される警察庁データベースの照会に時間がかかっていたため即日融資はできませんでした。

警察庁データベースの照会時間が最短即日になったことで、銀行カードローンの審査時間も最短即日になりました。

ただし、即日審査回答できるのは平日の早い時間に申し込んだときだけです。午後や土日の申込は、翌日以降の審査回答になることが多いです。

警察庁データベースの照会結果が、申込み当日に来た場合のみ即日融資できる可能性があります。

即日融資も可能な銀行カードローン

金融機関 審査時間 金利
楽天銀行 最短即日 年1.9~14.5%
auじぶん銀行 最短即日 年1.48~17.5%
三菱UFJ銀行 最短即日 年1.8~14.6%
三井住友銀行 最短即日 年1.5~14.5%
みんなの銀行 最短即日 年1.5~14.5%
セブン銀行 最短翌日 年12.0~15.0%

楽天銀行スーパーローンやauじぶん銀行カードローンは、審査が早い銀行カードローンで有名です。

メガバンクでは、三菱UFJ銀行と三井住友銀行が最短即日審査回答しています。

みんなの銀行は全てがネットで完結する店舗を持たないデジタルバンクです。

銀行カードローンで即日融資する条件

即日融資の条件
  • 即日審査回答の銀行を選ぶ
  • 平日の午前中までに申し込む
  • 審査を通過したらすぐに契約する
  • 振込融資で借りる

銀行カードローンで即日融資するのは、不可能ではありませんが簡単でもありません。多くの人が翌日以降の融資になります。

急ぎで借りたい人は審査に通ったらネットで契約を完了させてください。契約が済めば振込融資ですぐに借りられます。

絶対に即日融資したいほど急いでいる人は消費者金融がおすすめです。審査が早い消費者金融なら最短3分で融資が受けられます。

消費者金融の審査が早い理由

大手消費者金融なら審査時間に大きな差はありませんが、プロミス、アイフル、アコムは特に審査が早いと言われています。

金融機関 審査時間 金利
プロミス 最短3分 年4.5~17.8%
アイフル 最短20分 年3.0~18.0%
アコム 最短20分 年3.0~18.0%
レイク 最短25分 年4.5~18.0%
SMBCモビット 最短即日融資 年3.0~18.0%
au PAY スマートローン 最短30分 年2.9~18.0%
dスマホローン 最短即日融資 年3.9~17.9%
金利優遇あり

※申込状況によってご希望に添えない場合あり ※受付時間によっては振り込みが翌営業日となる場合あり

au PAY スマートローンとdスマホローンはアプリの少額ローンです。消費者金融ではありませんが、最短即日融資も可能です。

審査時間は申込の混み具合や申込者の状況によっても変わるので、一概にどの消費者金融の審査が早いとは言えません。

プロミス、アイフル、アコムなら審査時間に大きな差はないでしょう。申込の混み状況や必要書類の提出時間、在籍確認などによって融資までの時間が変わります。

急いでいる人は、必要書類提出の案内メールが来たらすぐに本人確認書類を提出することが大切です。契約案内のメールが来たら、ネット上で承諾して契約を完了させましょう。

仮審査結果の通知は早い

カードローンの審査は仮審査と本審査に分かれています。仮審査(事前審査)の通知は、申込み完了後すぐに行われることもあります。

アコムは仮審査に通れば大丈夫?カードローンの仮審査に通って本審査に落ちた理由

プロミスとレイクは最短15秒で審査結果を通知、SMBCモビットは10秒で簡易審査結果を表示します。

しかし、審査が早い消費者金融でも21時以降の申込は、仮審査結果の通知が翌日以降になります。

Web完結申込の場合、申込確認の電話が来ないこともあります。電話連絡なしで借りられるのも消費者金融のメリットです。

実際に借入できるまでにかかる時間

当サイトのアンケートを元に、実際にキャッシングの申込をした人の審査結果の通知時間と、融資までの時間をご紹介します。

『審査時間』が契約できる段階になった時間で、『融資時間』が実際にお金を借りるまでにかかった時間です。

消費者金融 審査時間 融資時間
プロミス 15分 20分
プロミス 30分 1時間
プロミス 1時間 2時間30分
アコム 30分 1時間50分
アコム 55分 1時間30分
アコム 1時間10分 1時間50分
アイフル 25分 45分
アイフル 40分 45分
アイフル 1時間 2時間15分
レイク 30分 1時間
レイク 1時間10分 1時間20分

公式情報では、プロミスが最短3分と最も早いですが、実際の審査時間には大差がないことがわかります。

審査に落ちたときはすぐにわかる事が多いですが、可否ラインのギリギリで審査に通ると、審査結果を受取るまでに時間がかかります。

審査結果が出てから融資を受けるまでの時間は、振込なのかカードを発行するのかによっても大きく変わります。

土日でも審査スピードや融資までにかかる時間に変わりはありません。土日に即日融資できるのも消費者金融のメリットと言えます。

中小消費者金融の審査時間

金融機関 審査時間 融資時間
ベルーナノーティス 最短30分 最短即日
スカイオフィス 最短30分 最短即日
アロー 最短45分 最短即日
いつも 最短45分 最短即日
ダイレクトワン 最短即日 最短即日
セントラル 最短即日 最短即日
フクホー 最短即日 最短即日
フタバ 最短即日 最短即日
ライフティ 数日 数日

ダイレクトワン、セントラル、フクホー、フタバなどの中小消費者金融でも、最短即日融資が可能です。

しかし、融資を受けるために必要書類をFAXしなければいけないところや、店舗窓口で本人確認しないと即日融資できないところもあります。

中小消費者金融は、審査の早さよりも融資の受けやすさを強みにしていて、大手消費者金融では融資が受けられないような人が中小を利用しています。

中小消費者金融の審査が甘いわけではありませんが、返済能力の低い人や信用状態の悪い人でも、限度額を10万円以下にするなどの対応をして貸付します。

即日融資できる審査が甘いキャッシングは?中小消費者金融でお金を借りる

即日融資できるのは21時まで

消費者金融なら深夜や早朝でも即日キャッシングできると思っている人もいますが、即日審査回答できる時間は決まっています。

申込時間 審査回答時間
0時~9時 9時以降
9時~21時 即時
21時~24時 翌日9時以降

大手消費者金融でも21時以降の申し込みは、翌9時以降にメールで審査回答する形になります。

以前は、22時まで即日審査できる消費者金融が多かったのですが、現在は21時までが主流になっています。

今でも一部の消費者金融は、21時以降も審査回答していて、レイクでは21:50まで即日審査回答してくれます。

レイクは、申込画面に審査結果のお知らせ時間が掲載されています。

ただし、即日融資を受けるには21時(日曜は18時)までに契約を完了させる必要があります。

即日審査回答できる時間と、即日融資できる時間のタイムリミットは同じではないので注意しましょう。

即日審査と即日融資は違う

消費者金融の公式サイトを見ると、「即日審査」「即日融資」という言葉を見かけますが、2つの言葉は意味が違います。

即日審査=その日のうちに審査結果を連絡

即日融資=その日のうちに融資を実行

審査結果の連絡が早くても融資までに時間がかかるカードローン会社も多いです。

中小消費者金融、信販会社のカードローン、銀行カードローンは最短即日審査ですが、融資までには数日かかることが多いです。

ネット申込で即日融資できるのは、大手消費者金融やアプリの少額ローン、一部の信販系カードローンです。

最も早く借入できる金融機関

消費者金融
銀行系カードローン
アプリの少額ローン

キャッシングサービスは5つに分けられますが、銀行系カードローン以外は即日融資に対応しています。

しかし、最短即日審査でも、土日祝日は対応していないことも多く、年中無休で即日審査できるところは限られています。

借入先 消費者金融 少額ローン 銀行ローン クレカ 信販会社
審査時間 最短3分 最短30分 最短即日 最短即日 最短即日
融資時間 最短3分 最短即日 最短翌日 最短即日 最短即日
土日融資 できる できる できない できない できる
通過率 高い 普通 低い 普通 低い
おすすめ度 ★★★★★ ★★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★
矢印 大手で借りる アプリの少額ローンで借りる 銀行系カードローンで借りる クレジットカードで借りる 信販系カードローンで借りる

少額ローンとは、dスマホローン、au PAY スマートローン、LINEポケットマネーなどのスマホアプリを利用した個人向け融資のことです。

消費者金融、アプリの少額ローン、クレジットカードのキャッシング、信販会社のキャッシングは即日融資できる可能性があります。銀行カードローンは最短翌営業日融資なので絶対に即日融資できません。

消費者金融は最も早く借りられる

最も融資までの時間が早いのは消費者金融です。プロミスやアコム、アイフルなどが有名です。

消費者金融は即日キャッシングの代名詞ともなっていますが、それだけ審査が早いということです。

審査回答が早くても融資までに時間がかかっては意味がありませんが、大手消費者金融は融資までの時間も早いです。

金融機関 審査時間 金利
プロミス 最短3分 年4.5~17.8%
アイフル 最短20分 年3.0~18.0%
アコム 最短20分 年3.0~18.0%
レイク 最短25分 年4.5~18.0%
SMBCモビット 最短即日融資 年3.0~18.0%
アイフルの貸付条件

貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)
利用限度額:800万円以内
※利用限度額が50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要(慎重審査)
遅延損害金:20.0%(実質年率)
返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済期間及び返済回数:1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い
借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
※500万円を年12.0%(実質年率)で借りた場合
貸付対象者:満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方
※なお、お取引中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。 担保・連帯保証人:不要

※申込状況によってご希望に添えない場合あり※受付時間によっては振り込みが翌営業日となる場合あり

大手消費者金融なら審査時間に大きな差は見られませんが、その中でもプロミス、アコム、アイフルは審査が早いと言われています。

今日中にお金が必要なときは、この3つの中から選ぶのがよいと思います。私も明日の朝までに30万円必要になったときに、プロミスとアコムから同時に借りました。

少額アプリは最短即日融資

アプリを使った少額ローンは、最近登場したキャッシングサービスです。アプリを利用しているユーザーを対象に10~30万円ほどの融資を行います。

最高限度額は100万円を超えているアプリの少額ローンもありますが、実際には高額融資を受けるのは難しいです。

アプリ少額ローン 金利 最高限度額
au PAY スマートローン 年2.9~18.0% 100万円
dスマホローン 年3.9~17.9% 300万円
LINEポケットマネー 年3.0~18.0% 300万円
ファミペイローン 年0.8~18.0% 300万円
メルペイスマートマネー 年3.0~15.0% 20万円

アプリの少額ローンは、最短即日融資できますが、融資までに数日かかることもあります。在籍確認の関係で18時以降や土日に即日融資するのは難しいでしょう。

アプリの少額ローンは、土日祝日や年末年始は即日審査回答していないことが多いです。

土日に即日融資したいときは消費者金融がおすすめです。プロミスなら土日でも最短3分で融資できます。

dスマホローンは、ドコモユーザーやdカード利用者に対する金利優遇があるので、最も低金利で借りられる可能性があります。

PayPayはペイ払いで最も利用者が多いですが、決済少額ローンサービスを提供していません。PayPay銀行のカードローンは、一般的な銀行カードローンです。

クレジットカードで即日融資するのは難しい

即日融資したいときに、消費者金融の次に利用されているのがクレジットカードのキャッシングです。私も初めて利用したキャッシングはクレジットカードでした。

クレジットカードは、最短5分のデジタル発行があるので、カードを受け取る前でもショッピングに使うことができます。

カードキャッシングでお金を借りたいときは、キャッシング審査が必要となります。キャッシングの審査は時間がかかるので、即日融資は難しいかもしれません。

クレジットカード 融資時間 金利
楽天カード 数日 年18.0%
イオンカード
dカード
エポスカード
JCB カード W
三井住友カード

カード申込時にキャッシング枠を付けた人は、その時点でキャッシング審査が完了しています。会員ページやコンビニATMですぐにお金が借りられます。

これからカードの申込みを行う人や、新たにキャッシング枠を付ける人は審査を受けなければなりません。

ショッピング枠の審査は最短5分で終わりますが、キャッシング枠の審査は審査回答に数日かかることが多いです。即日審査回答でも、契約して融資を受けるまでに数日かかります。

信販会社は審査が厳しい

あまり利用者は多くありませんが、信販会社のカードローンでもキャッシングできます。

信販会社(クレジット会社)は、クレジットカードを発行したり、分割払いの保証業務をしている会社ですが、それとは別にカードローンを提供しています。

信販会社 融資時間 金利
ORIX MONEY 最短即日 年1.5~17.8%
セゾンファンデックス 最短即日 年6.5~17.8%
JCB CARD LOAN FAITH 数日 年4.4~12.5%

ORIX MONEYは、信販系カードローンの中では審査が早いと言われています。

即日融資を受けたい人は、希望額50万円以下で、ダイレクトバンクで銀行口座の登録ができることが条件になります。

最速でキャッシングする方法

  1. ネット申込

    審査時間はどの申込方法でも変わりませんが、スマホやパソコンから申し込むのが最も楽で早いです。

    アプリで申し込むと本人確認も簡単にできるので、先にアプリをインストールしてもよいと思います。

  2. 審査結果の連絡

    仮審査を通過したら本人確認書類の提出を求めるメールが届きます。必要書類を提出しないと本審査が受けられません。

    申込時に本人確認を行うカードローンでは仮審査と本審査に分かれていないので、1回目の連絡が本審査結果の場合もあります。

    プロミスやレイクは、仮審査結果が申込完了画面に表示されます。すぐに審査結果を知りたい人はプロミスやレイクがおすすめです。

  3. 必要書類の提出

    本人確認書類として運転免許証やマイナンバーカードを提出します。銀行口座で本人確認できるところもあります。

    勤め先の確認書類を求められたときは、社会保険証や社員証、給与明細などを提出します。

    希望額が50万円を超えているときや、他社借入額と希望額の合計が100万円を超えるときは収入証明書も必要です。

  4. 契約

    本審査を通過したら契約案内のメールが届きます。カードローンは審査を通過しても契約が完了しないとお金が借りられません。

    契約方法はWebと自動契約機があります。Web契約では、契約内容をオンライン上で確認し承諾します。自動契約機では、契約書を発行し受け取ります。

  5. 借入

    借入方法は、インターネット振込とATMがあります。原則24時間振込に対応した金融機関なら土日でも振込で借りられます。

    ATMで借りる場合は、自動契約機でカードを発行するかスマホATM取引で借ります。セブン銀行やローソン銀行のATMは、カードなしで取引できます。

ネット申込でなおかつインターネット振込で借りる場合、一度も店舗へ行く必要がありません。誰にもバレずに借りたい人はこの方法がおすすめです。

カードは郵送で受け取ることもできますが、その日のうちにカードが欲しい人や、自宅への郵送物が嫌な人は自動契約機でカードを発行します。

大手消費者金融は、カードを発行しないカードレス契約もできます。カードなしで契約した場合でも、セブン銀行のスマホATM取引で借りられます。

インターネット振込で借りるときの流れ

ネット申込
Web契約を選択
契約後の振込融資を希望する

仮審査を通過
仮審査結果は申込完了画面やメールで通知

本人確認書類の提出
運転免許証やマイナンバーカードを提出

在籍確認
書類で在籍確認できる
審査状況によっては勤務先に電話

本審査を通過
本審査結果はメールや電話で通知

契約内容の確認
ネット上で契約内容を確認
契約内容を案内する電話が来ることもある

指定した銀行口座に振込
契約時に登録した口座に振込融資
申込時に振込融資を希望しているとすぐに振込

インターネット振込で即日融資したいときは、自分が利用している金融機関の振込時間に注意してください。

プロミスのインターネット振込は、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行などの口座なら原則24時間振込可能です。

金融機関 24時間振込 土日振込
プロミス
アコム
SMBCモビット
レイク
アイフル

24時間振込や土日振込に対応しているカードローン会社でも、振込先によっては即日振込にならない場合もあります。

審査に時間がかかることもあるので、銀行振込を利用するときは、午前中にネット申込したほうがよいと思います。

夜や土日に申し込んだ場合で、振り込みによる借入が翌日以降になりそうな時は、スマホATM取引か自動契約機でカードを発行して即日融資しましょう。

スマホATM取引で借りるときの流れ

プロミス、アコム、アイフルなどでは、カードなしでもATMから借りられるスマホATM取引があります。

※プロミス公式サイトより

Web申込で審査に通ったら、スマホアプリをダウンロードしてスマホATM取引を利用します。

セブン銀行ATMやローソン銀行ATMでの借り入れになりますが、セブンイレブンやスーパーなどでセブン銀行のATMをよく見かけます。

スマホアプリをインストールすると、スマホATM取引のメニューがあります。

スマホATM取引は、プロミス、アコム、アイフルなどが対応していますが、利用できる銀行が異なっています。

金融機関 スマホATM取引
セブン銀行 ローソン銀行
プロミス
アイフル
SMBCモビット
アコム
レイク
dスマホローン

プロミス、アイフル、SMBCモビットは、セブン銀行とローソン銀行のATMが利用できます。カードがなくても借入できるのは便利です。

セブン銀行ATMを利用するときは、メニューにある「スマートフォンでの取引」からQRコードをスマホで読み込んで借入できます。

スマホATM取引は、カードありで契約した方も利用できます。ATMにカードを挿入して借りるよりも少し手間がかかりますが、カードを持ち歩きたくない人には便利です。

自動契約機でカードを発行するときの流れ

ネット申込
自動契約機でカードを発行する場合もネット申込が便利

仮審査を通過
仮審査結果メールや書類提出メールが届けば仮審査通過

自動契約機へ
仮審査を通過したら自動契約機へ行く
自動契約機の営業時間は9時~21時

本人確認書類の提出
運転免許証やマイナンバーカードを提出する
顔写真がない書類は提出書類が増える

在籍確認
仮審査通過後に在籍確認が行われている
自動契約機へ行くまでに在籍確認が完了していることもある

本審査
必要書類を提出した後に本審査を受ける
本審査結果が出るまで自動契約機で待機

契約書、カード発行
審査を通過したら契約書とカードを発行
契約内容はネットでも確認できる

ATMで引き出し
カードを発行したら備え付けのATMで借入
提携コンビニATMでも借入可能

プロミスの自動契約機では、営業時間の21時までカードが発行できます。先にネット申込を済ませておけば、カード発行までの流れがスムーズになります。

自動契約機で始めから申込みを行うこともできますが、スマホやパソコンで申し込む方が申込書の記入も必要ないので楽です。本人確認書類はスマホアプリやパソコンからアップロードすることができます。

プロミスのカードは三井住友銀行のローン契約機でも発行することができます。消費者金融の店舗へ行くのが嫌な人はローン契約機が便利です。カードは郵送で受け取ることもできますし、プロミスならカードなしの契約も可能です。

消費者金融の審査時間に関するFAQ

これから消費者金融の審査を受ける方のために、審査や申込でよくある質問に回答していきます。

Q.何時まで即日融資できる?

21時までに審査回答をもらい、21時までに契約を完了した場合は、即日融資が受けられる可能性があります。

一部の消費者金融では22時まで即日融資できますが、審査は21時までに申し込まなければなりません。

確実に即日融資したいときは20時までに申し込んで、21時までに契約を完了させましょう。契約はスマホからできるようになっています。

Q.本当に20分以内に融資できる?

アコムやアイフルなどの大手消費者金融は最短20分審査ですが、実際には申込から融資までに1時間以上かかることもあります。

逆に申込から15分で融資が受けられたという人もいるので、融資時間は目安と思ってください。

審査を早く進めるには、本人確認書類の提出や在籍確認も関係してくるため、カードローン会社だけではなく利用者側も手続きを早くする必要があります。

仮審査を通過したらスマホで本人確認して、在籍確認書類を提出して書類で在籍確認すると早く借りられます。

プロミスやアコムは原則、勤務先への電話連絡がありません。プロミスは、最短3分で融資できるおすすめのカードローンです。

Q.仮審査の結果はすぐにわかる?

プロミス、レイク、SMBCモビットなら申込完了画面に事前審査結果が表示されます。プロミスとレイクは最短15秒、SMBCモビットは10秒で簡易審査結果を表示します。

仮審査(事前審査)に通れば融資が受けられる可能性が高いです。本人確認と在籍確認に問題がなければ本審査にも通ります。

仮審査に通ったのに本審査に落ちたときは、申込内容に虚偽が見つかったり、仮審査では見落とされた何らかの重大事項が見つかった可能性が高いです。

Q.土日でも審査時間は変わらない?

平日でも土日でも審査時間に差は見られませんが、申込が混み合っていると審査結果が出るまでに時間がかかることもあります。

フリーダイヤルに電話して、できるだけ早く借りたいことを伝えると審査が早くなります。審査が遅いと感じたときは、仮審査結果の通知画面やメールに記載されている電話番号に電話してください。

最近の大手カードローンは土日でも銀行振込で即日キャッシングできます。契約が完了したら振込依頼して来店不要で借りてみましょう。

Q.自動契約機からの申込で即日融資できる?

自動契約機で申し込んでも即日融資できますが、申し込み手続きに時間がかかるのでスマホやパソコンから申し込むのがよいでしょう。

自動契約機でカードを受け取る場合でも、先にネットから申込を済ませておき、審査に通ったのを確認してから自動契約機へ行きます。

自動契約機で申し込んだ場合、審査結果が出るまで契約コーナーの中で待機していなければなりません。無駄な時間が増えるので、いつどこでも申込できるスマホ申込がおすすめです。

Q.銀行カードローンは即日融資できる?

即日融資のカードローンとして銀行カードローンが紹介されることがありますが、即日融資できる銀行カードローンは現在ありません。

銀行カードローンは最短翌営業日融資なので、申込当日に借入することはできません。審査回答は当日中に来ることもありますが、融資が受けられるのは翌日以降です。

警察庁データベースの照会可能時間が最短即日になったことで、審査時間が最短即日になった銀行も多いです。

審査結果が早くわかっても契約が完了しないと借りられません。即日融資を希望する人は消費者金融がおすすめです。

私が使っているカードローン
プロミスのおすすめポイント
プロミスカード
  • 原則、勤務先への電話確認なし
  • 最短3分で融資
  • カードレス契約も可能
  • 原則24時間最短10秒で振込融資
  • 学生アルバイトでも借りられる
  • クレジット機能付きのプロミスVisaカードあり
  • SMBCグループ
※審査結果によっては電話による在籍確認あり
※申込時間や審査により希望に添えない場合あり

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

運営者情報

会社名 株式会社アルビノ
代表者 竹内潤平
住所 〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-3-13 西新宿水間ビル6階
電話番号 03-6914-6178
※電話対応はしていません。
お問合せ メールフォーム
設立 2014年10月20日
資本金 1000万円
事業内容 Webマーケティング支援
ライフプラン・コンサルティング
メディア運営
主要取引銀行 三菱UFJ銀行
住信SBIネット銀行
法人番号 7011101071501
本社所在地 〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-4-5
インボイス登録番号 T7011101071501

上に戻る