この記事を書いた人

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

消費者金融業界の売上ランキング!アコムとプロミスの2強体制

消費者金融の売上ランキング1位はどこ?

消費者金融の売上ランキングは、1位がプロミス2,941億円、2位がアコム2,738億円、3位がアイフル1,441億円です。

消費者金融大手のSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)、アコム、アイフルの3社が2023年3月期の売上(営業収益)や営業利益を発表しました。

2020年~2021年は3社とも業績が悪かったですが、2022年度は完全に回復しました。

当サイトの掲載情報について

当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。広告掲載ポリシーはこちら

掲載する商品やサービスが広告であることがわかるように、事前に詳細ページを案内したり、リンクにPRを付けています。

当サイトで紹介している消費者金融やクレジット会社は、全て財務局都道府県知事の登録を受けている正規の貸金業者です。

金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで、街金を含めた全ての貸金業者が確認できます。

大手消費者金融の売上ランキング

大手消費者金融3社の売上(営業収益)をランキング形式でご紹介します。

レイク(新生フィナンシャル)は、業績を発表していないためランキングには含まれていません。

順位 消費者金融 営業収益 前年比
1位 プロミス 2,941億円 +9.4%
2位 アコム 2,738億円 +4.4%
3位 アイフル 1,441億円 +9.1%

※2023年3月期の有価証券報告書や決算資料より

2023年3月期は、3社とも大幅に売上が上がり、2019年以前よりも良い業績になっています。

2022年3月期は、プロミスとアコムが減少する中、アイフルは増加しました。

2021年3月期は、プロミスとアコムが5%ほどの減少となり、アイフルは0.3%の増加でした。

アイフルは大手2社と比べて新規申込数が多く、近年特に伸びています。2020年3月期は+10%だったので、増加幅は落ち着いてきています。

消費者金融は好景気よりも不景気の方が利用されると思われがちですが、消費者金融の収益面では好景気の方が伸びます。

営業収益の多くは利息や保証業務ですが、利息を多く支払っているのは高額融資を受けている人で、高所得者がまとまったお金を借りることも多いです。

✓あわせて読みたい

大手消費者金融の平均年収ランキング

順位 消費者金融 平均給与 平均年齢
1位 アコム 646万円 41.1歳
2位 アイフル 570万円 39.9歳
3位 プロミス 575万円 37.7歳
4位 レイク 不明 不明
5位 SMBCモビット 不明 不明

※2023年3月時点 プロミスは2014年3月時点

上場している消費者金融はアコムとアイフルだけなので、直近の有価証券報告書で平均給与額が確認できたのは2社だけです。

プロミスは2014年(平成26年)まで有価証券報告書を開示しており、参考としてその当時のデータを載せています。

レイクは会社名が新生フィナンシャルですが、新生フィナンシャルは有価証券報告書を開示していないため平均給与のデータが確認できません。

SMBCモビットも有価証券報告書を開示していないため平均給与のデータが確認できません。

クレジット会社の平均年収

順位 クレジット会社 平均給与 平均年齢
1位 Jトラスト 883万円 47.3歳
2位 イオンフィナンシャル 732万円 42.6歳
3位 オリコ 607万円 42.4歳
4位 ジャックス 606万円 40.9歳
5位 クレディセゾン 547万円 43.2歳

※2023年3月時点

消費者金融ではありませんが、参考として上場しているクレジット会社(信販会社)の平均給与も載せておきます。

Jトラストとイオンフィナンシャルは、単純なクレジット会社とは呼べない業態なので、他の会社よりも平均給与額が高くなっています。

大手消費者金融の売上一覧

アコム、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)、アイフルの2023年3月期の業績です。

連結 アコム プロミス アイフル
営業収益 273,793 294,089 144,152
営業利益 87,287 77,325 23,724
経常利益 87,485 59,527 24,428
当期純利益 54,926 44,081 22,343
単体 アコム プロミス アイフル
営業収益 200,679 180,488 88,449
営業利益 62,826 40,817 19,127
経常利益 70,417 40,613 32,213
当期純利益 48,985 52,992 31,028

※2023年3月期※単位(百万円)

営業収益が売上のことです。アコム、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)、アイフルの連結と単体の営業実績です。

口座数は三社ともに横ばいです。口座数は完済や利息返還によって減少するものもありますが、新規獲得数が上向いているため、口座数全体で見ると増加傾向にあります。

大手消費者金融の貸付残高

  アコム プロミス アイフル
営業貸付金残高 1,029,728 1,097,889 495,446
営業貸付金利息 168,872 183,430 83,230
口座数 1,609,356 1,482,000 1,103,545

※2023年3月期※単位(百万円、口)

大手消費者金融の営業貸付金と口座数(会員数)です。

営業貸付金残高は顧客に貸し付けている金額で、営業貸付金利息は顧客から受け取っている利息の金額です。

貸付残高や口座数が最も伸びているのはアイフルです。アイフルは2014年7月に事業再生計画を完了させ、営業面に力を入れられるようになりました。

アイフルの口座数はアコムやプロミスと比べ大幅に少ないですが、新規獲得件数のシェア推移では、着実に増加しています。

従業員数と営業店舗数

  アコム プロミス アイフル
従業員数 1432 2,139 1,059
無人店舗 753 600 817
自社ATM 772 915 269
提携ATM 49,374 107,304 187,846

※2023年3月期

最近はスマホから申し込み、カードを発行しない人も増えたため、店舗数は減少傾向にあります。有人店舗は2023年3月を持って全店舗閉鎖されました。

今は自動契約機ではなくスマホやパソコンなどのWebから申し込む人が増えています。Web申込で審査に通り、銀行振込で借入する場合、店舗へ行く必要がありません。

カードは自動契約機で発行することもできますが、郵送で受け取ることもできるので、契約してから一度も店に行っていない人も多いと思います。

カードレス取引で店舗数は減少傾向

最近はカードレスで利用できるカードローンも増えています。プロミス、アコム、アイフル、レイク、SMBCモビットなどはカードのありなしが選べるようになっています。

カードなしを選択した場合、借り入れは振込キャッシングまたはスマホアプリを利用したATM取引になります。

無人店舗やATMの維持費はかなり高そうですが、カードの即日発行や即日融資を考えると、無人店舗を大幅に減らすのは難しいように思います。

24時間365日の銀行振込が可能となり、夜間や土日でも振込融資できるようになりましたが、口座に借金の記録を残したくない人も一定数います。

実際の所、店舗数が減っても提携ATMが増えていれば、利用者として特に困ることはないと思うので、徐々に店舗は減っていくのかもしれません。

新規顧客数の推移

  14・3 15・3 16・3 17・3
アコム 192,209 218,706 221,791 234,838
プロミス 184,461 191,248 205,770 202,005
アイフル 117,008 153,135 180,666 182,604
  18・3 19・3 20・3 21・3
アコム 242,008 255,080 261,873 179,904
プロミス 225,712 252,951 260,000 191,000
アイフル 197,565 199,353 206,155 161,111
22・3 23・3 24・3 25・3
アコム 233,458 309,619
プロミス 216,300 305,789
アイフル 210,014 301,183

新規契約者の数は、プロミス、アコム、アイフルで増加しています。

2021年3月期は、新規申込数が激減しましたが、2022年3月期は、各社、広告宣伝費を増やしたり店舗数を増やして、新規顧客の獲得に力を入れたことで獲得件数が以前の状態に戻りました。

2023年3月期は、新規申込数が大幅に伸びたことで、新規顧客数も過去にないほどに伸びています。

申込者の審査通過率

大手消費者金融は、申込者の審査通過率(成約率)も公表しています。

2023年10月~12月の大手消費者金融の審査通過率は以下の通りです。

消費者金融 10月 11月 12月
アコム 44.1% 44.7% 42.4%
プロミス 34.7% 35.6% 34.8%
アイフル 38.8% 39.3% 40.3%

アコムマンスリーレポートプロミス月次データアイフル月次データ

毎月発表されていますが、以前と比べて月によって通過率にバラツキが出るようになっています。

審査基準は各社違っており、月によっても通過率が異なりますが、大手消費者金融は平均すると30~45%の通過率になります。

消費者金融では、申込者の3人に1人ぐらいの割合で審査を通過していることになりますが、2020年以降は審査が厳しくなっています。

銀行カードローンの成約率は10~20%と言われています。2017年以降、銀行の審査が厳しくなっていて審査に落ちる人が増えています。

消費者金融は、パートやアルバイトでも申込みすることができ、学生アルバイトの申込みもOKです。年収条件もないので、銀行カードローンよりも申込みしやすいと思います。

私が使っているカードローン
プロミスのおすすめポイント
プロミスカード
  • 原則、勤務先への電話確認なし
  • 最短3分で融資
  • カードレス契約も可能
  • 原則24時間最短10秒で振込融資
  • 学生アルバイトでも借りられる
  • クレジット機能付きのプロミスVisaカードあり
  • SMBCグループ
※審査結果によっては電話による在籍確認あり
※申込時間や審査により希望に添えない場合あり

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

運営者情報

会社名 株式会社アルビノ
代表者 竹内潤平
住所 〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-3-13 西新宿水間ビル6階
電話番号 03-6914-6178
※電話対応はしていません。
お問合せ メールフォーム
設立 2014年10月20日
資本金 1000万円
事業内容 Webマーケティング支援
ライフプラン・コンサルティング
メディア運営
主要取引銀行 三菱UFJ銀行
住信SBIネット銀行
法人番号 7011101071501
本社所在地 〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-4-5
インボイス登録番号 T7011101071501

上に戻る