この記事を書いた人

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

アコムのコンビニ借入はカードなしでOK!カードレス取引のやり方

アコムは提携コンビニATMなら、カードなしで借入できるので便利です。

※セブン銀行以外の提携ATMはアコムカードが必要です

提携ATMで借りると手数料がかかりますが、借入時に発生した手数料は返済時に精算されます。

手数料無料で借りたいときは、アコムの自動契約機(むじんくん)に併設されているATMに行きます。

アコムの店舗に設置されているATMは、年中無休の24時間営業なので、カードがあれば急な借り入れにも対応できます。

アコムのATMは、借入にはカードが必要ですが、返済はカードなしでもできます。氏名、生年月日、電話番号、暗証番号を入力して返済します。

アコム、プロミス、アイフルは、提携コンビニATMのカードレス取引に対応しています。

アコム
審査時間 最短20分
金利 年3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
無利息期間 最大30日間
在籍確認 原則電話なし

※審査の結果によっては電話による在籍確認が必要となる場合あり

プロミス
審査時間 最短3分
金利 年4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
無利息期間 最大30日間
在籍確認 原則電話なし

※申込時間や審査により希望に添えない場合あり
※審査の結果によっては電話による在籍確認が必要となる場合あり
※無利息期間の適用はメアド登録とWeb明細利用登録が必要

アイフル
審査時間 最短20分
金利 年3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
無利息期間 最大30日間
在籍確認 原則電話なし
アイフルの貸付条件

貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)
利用限度額:800万円以内
※利用限度額が50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要(慎重審査)
遅延損害金:20.0%(実質年率)
返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済期間及び返済回数:1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い
借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
※500万円を年12.0%(実質年率)で借りた場合
貸付対象者:満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方
※なお、お取引中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。 担保・連帯保証人:不要

※申込状況によってはご希望に添えない場合あり
※受付時間によっては振り込みが翌営業日となる場合あり
※無利息期間の適用は初めての方に限る
※利用限度額50万円超、または他社を含めた借入金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要

当サイトの掲載情報について

当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。広告掲載ポリシーはこちら

掲載する商品やサービスが広告であることがわかるように、事前に詳細ページを案内したり、リンクにPRを付けています。

当サイトで紹介している消費者金融やクレジット会社は、全て財務局都道府県知事の登録を受けている正規の貸金業者です。

金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで、街金を含めた全ての貸金業者が確認できます。

コンビニATMでカードなし借入

アコムでカードレス取引ができるのは、セブン銀行のATMだけです。

セブン銀行ATMは、セブンイレブン、イトーヨーカドー、デニーズ、駅などに設置されています。

どこに設置されているセブン銀行ATMでも、アコムカードなしで取引できます。

セブン銀行ATMのカードなし借入の手順を簡単にご紹介します。

  1. アコムアプリにログイン

    カードレス取引はアコムのアプリを使います。

  2. スマホATM取引で借りる

    お金を借りるメニューの「スマホATM取引で借りる」をタップします。

  3. スマホATM取引のやり方を確認

    初めてスマホATM取引を利用するときは、やり方を見ておきましょう。

  4. ATMのメニューを選択

    ATMにスマートフォン取引のメニューがあるのでタッチします。

  5. QRコードを読み取り

    アコムのアプリでATMに表示されたQRコードを読み取ります。

    表示された企業番号とワンタイム暗証番号を入力して取引します。

  6. 取引する

    この後の流れは、カードを挿入して取引するときと同じです。

    ご出金(借入)を選択してお金を受け取るか、ご入金(返済)を選択してお金を投入してください。

カードあり借入の手順

アコムカードを挿入して取引する場合の手順は以下のようになります。

  1. ATMにカードを挿入

    セブン銀行はスマホATM取引で借りる方法と、カードを挿入して借りる方法があります。

    スマホATM取引で借りる場合はカードが不要ですが、借入に少し手間がかかります。

  2. 暗証番号の入力

    「ご出金(借入)」ボタンにタッチします。

    カードの暗証番号を入力します。

  3. 取引金額の入力

    借りたい金額を入力します。提携コンビニATMでは千円単位で借りられます。

  4. カードと現金を受け取る

    カードと利用明細書を受け取ります。

    現金を受け取ったら取引は終了です。

カードありでもカードなしでも手数料は変わりません。

アコムの提携ATMは24時間借りられる

提携ATM 借入 返済 取り扱い時間
三菱UFJ銀行 銀行ATMの営業時間
東京スター銀行 銀行ATMの営業時間
イオン銀行 00:10 ~ 23:45
セブンイレブン 00:10 ~ 23:50
ローソン
イーネット

アコムカードによる借り入れは、銀行やコンビニの提携ATMも利用できます。コンビニなら、ほぼ24時間利用できるATMもあります。

カードレス取引ができるのは、セブンイレブンに設置してあるセブン銀行のみです。

その他にも以下の銀行やクレジット会社のATMが利用できます。

アコムの提携ATM
北海道銀行 北陸銀行 東京スター銀行
八十二銀行 三十三銀行 広島銀行
西日本シティ銀行 福岡銀行 十八親和銀行
熊本銀行 クレディセゾン  

八十二銀行は借入のみの利用で、返済やショッピング利用はできません。

ローソン、八十二銀行、東京スター銀行、広島銀行、クレディセゾンは1万円単位の取引になります。

提携ATMの手数料について

提携コンビニATMを利用すると手数料がかかります。

ATM 取引金額 手数料
提携ATM 1万円以下 110円
1万円超 220円
アコムのATM 0円

提携ATMは、取引金額によって手数料が異なります。アコムATMは取引金額にかかわらず手数料がかかりません。

手数料は借入でも返済でも発生しますが、精算されるのは返済のときだけです。借入時に発生した手数料は返済時にまとめて支払うことになります。

アコム店舗のATMで借りるときのやり方

アコムのATMは24時間営業のところが多いです。アコムのATMは自動契約機(むじんくん)に設置してあります。

テナント型のアコムでも、独立店舗型のアコムでも、ATMは24時間営業の店舗が多いです。

曜日 営業時間
平日 24時間
土日 24時間
祝日 24時間

アコムのATMは土日祝日でも営業時間が変わりません。

土日にカードローンの申込をしても、21時までに契約が完了すればアコムのATMで借りられます。

これがアコムのATMです。ATMの営業時間内ならカードを挿入して借りることができます。大きな店舗ではATMが2つ、3つ並んでいる場合もあります。

アコムATMで借りるときの手順

  1. 自動契約機に併設されているアコムATM

    アコムカードを発行したら備え付けのATMでお金が借りられます。

    アコムATMで借り入れする際は必ずアコムカードが必要です。提携コンビニATMのようなスマホアプリで借りることはできません。

  2. ATMにカードを挿入し暗証番号を入力

    ATMにアコムカードを挿入します。

    4桁の暗証番号を入力します。暗証番号は契約時(カード発行時)に自分で決めた番号です。

  3. 融資金額を入力

    「ご融資」ボタンを押します。

    利用可能額の範囲内で融資利用額を入力します。

  4. 融資金額の確認

    融資金額を確認し間違いがなければ「確認」ボタンを押します。「両替」ボタンで1万円分を全て千円札で受け取ることもできます。

  5. カードと現金の受け取り

    融資手続きが終わるとカードと明細書が発行されます。

    最後に現金が出てくるので受け取ります。

アコムATMはカードなしで返済できる

アコムのATMはカードがなくても返済できます。借入したいときはアコムカードが必要です。

手数料無料でカードなし返済ができるのはアコムのATMだけです。

アコムATMのカードなし返済では、氏名、生年月日、電話番号、暗証番号の入力が必要になります。

  1. ATMのカードなし返済ボタンを押す

    アコムのATMには左下に「カードなし返済」ボタンがあります。

  2. 氏名を入力

    氏名をカタカナで入力します。姓と名の間に「*」を入力します。

    濁点、半濁点も含めて間違いないように注意しましょう。

  3. 生年月日を入力

    生年月日を入力します。昭和、平成のあとに年月日を入力します。

    アコムには年齢制限があるので、大正以前の生まれの人や令和生まれの人は利用できません。

  4. 電話番号の入力

    登録している電話番号を入力します。携帯電話または自宅電話の番号です。

    携帯と自宅の両方を登録している人は、どちらの番号を入力しても大丈夫です。

  5. 見出し

    名前、生年月日、電話番号が一覧で表示されるので、間違いがないか確認します。間違っていたら訂正ボタンを押して再入力してください。

  6. 暗証番号の入力

    アコムカードの暗証番号を入力します。わからない場合は「わからない」を押してください。

  7. お金を投入

    ATMに返済金額を投入します。約定返済額(最低返済額)が表示されるので、その金額以上ならいくらでもOKです。

    最後に利用明細書が発行されるので、それを受け取って返済は終了です。

アコムATMのカードなし返済は、氏名や生年月日の入力が必要になるため時間がかかります。

カードが手元にない状態で返済を急いでいるときに利用するのがよいでしょう。手数料がかからないのは大きなメリットです。

21時以降にアコムのATMに来店する時

アコムのATMは24時間営業ですが、一部店舗は7:00~22:30や7:00~24:00の営業です。

ATMの営業時間内でも21時以降の入店にはカードが必要になります。

こちらのアコムは、ATMコーナーの営業時間が7:00~22:30となっています。

アコムのATMは店舗によって営業時間が異なるので注意しましょう。

24時間営業のアコムATMでも、夜21時~翌9時の間は扉に鍵がかかります。

アコムでは夜間や早朝は、セキュリティの関係でドアの鍵が閉められており、写真のようなドアロック解除装置が付けられています。

ATMはこの扉の先にありますが、このビルでは21時~9時の間はドアがロックされており、この間はドアの前に立つと警告音が鳴ります。

ATMの営業時間なのに夜間でアコムに入店できない時は、ドアロック解除装置にアコムカードを差し込みドアロックを解除します。

ドアロックを解除したあとは、ドアの前に立つと普通にドアが開くので入店できます。

独立店舗型のアコムでも入り口にドアロック解除装置があります。21時以降でドアが閉まっているときは、カードを差し込んで鍵を開けてください。

振込融資で借りる時のやり方

スマホアプリや会員ページにログイン

借入希望額を入力

振込先の口座を確認

振込予定日を確認

振込完了メールを受信

入金確認

振込融資はネットまたは電話で依頼を出します。電話は24時間自動音声もありますが、振込処理に時間がかかるのでアプリからやるのがおすすめです。

銀行振込は24時間借りられる

アコムの振込時間は「24時間、土日も銀行口座振込可能」です。

※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます。

アコムは、楽天銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の口座を持っていると夜間や土日でも振込融資できます。

楽天銀行
曜日 受付時間 振込実施の目安
毎日 0:10~23:49 受付完了から10秒程度
三菱UFJ銀行・三井住友銀行
みずほ銀行・ゆうちょ銀行
曜日 受付時間 振込
0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~23:49 受付完了から1分程度
火~金 0:10~23:49 受付完了から1分程度
土日祝 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~19:59 受付完了から1分程度
20:00~23:49 翌日9:30頃
モアタイム金融機関
曜日 受付時間 振込
月~金 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~17:29 受付完了から1分程度
17:30~23:49 翌営業日9:30頃
土日祝 0:10~23:49 翌営業日9:30頃
それ以外の金融機関
曜日 受付時間 振込
月~金 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~14:29 受付完了から1分程度
14:30~23:49 翌営業日9:30頃
土日祝 0:10~23:49 翌営業日9:30頃

銀行によって振込可能時間が異なるので、振込融資で借りる人は自分の口座と時間を確認しておきましょう。

楽天銀行は、平日・土日問わずほぼ24時間振込に対応しています。

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行も平日15時以降や土日でも振込融資できます。

全銀ネットのモアタイム参加銀行は、平日の振込時間が拡大していますが、土日の振込には対応していません。

その他の銀行は、平日の14:30までに振込依頼しなければ当日の振込になりません。

申込み時間が遅れたり、契約までに時間がかかった時は、自動契約機でカードを発行してATMで引き出すようにしましょう。

振込時間外に即日融資を受けたい時は、21時までに自動契約機でカードを受け取れば、その日のうちに借りられます。

インターネット振込で借りる手順

  1. アプリや会員ページにログイン

    インターネット振込を利用するには、アコムのアプリや会員ページにログインする必要があります。

    スマホアプリなら指紋や顔などの生体認証ログインもできます。

  2. お金を借りる

    ログインしたら「お金を借りる」ボタンをタップします。会員ページでは、「振込で借りる」を選択します。

    アプリでも会員ページでも基本的な操作方法は変わりません。

    アプリの場合は「スマホATM取引」と「口座振込」の2つがあるので「口座振込で借りる」を選択します。

  3. 振込で借りる

    振込希望金額を入力します。アコムの振込融資は1万円単位の借入になります。

  4. 振込手続き完了

    振込申込完了後すぐに振込処理が行われるので、数分以内には入金が確認できると思います。(金融機関によっては入金に時間がかかります)

自動契約機でカードを受け取る

アコムの自動契約機(むじんくん)は9時~21時まで営業しています。※年中無休(年末年始は除く)

初めてアコムに申し込み、振込融資やスマホATM取引が利用できない時は、自動契約機でカードを発行するのが良いでしょう。

カード不要を選択したり、カードを郵送で受け取るときは自動契約機へ行く必要はありません。

Web申込後に審査に通ったら、自動契約機へ行きカードを発行します。

これがアコムの自動契約機(むじんくん)の入り口です。アコムは駅前などに無人店舗型の自動契約機があります。

これは私の実家近くにあったアコムの入り口です。自動契約コーナーの営業時間と、ATMコーナーの営業時間が書かれています。

これが契約コーナーの入り口です。中は見えないようになっていますが、利用者がいると契約中ランプが点灯します。

契約コーナーでは、本人確認書類の提出や契約書の発行、カードの発券などができます。オペレーターと話すこともできます。

カードを発行すればアコムのATMや提携コンビニATMで借りることができます。

アコムカードを受け取る手順

  1. 契約コーナーの中に入る

    自動契約機(むじんくん)の中にある契約コーナーでカードを発行します。利用者がいる時は扉の横にあるランプが点灯するようになっています。

  2. イスに座り鍵を締める

    中に入るとタッチパネル式の画面とテーブルやイスが用意されています。基本的に契約機は店舗に1台しかなく、契約コーナーには一人しか入れません。

    このタイプの契約コーナーでは、人が中に入ると自動的に外のランプが点灯するようになっています。鍵は中からボタンで施錠できるので後から人が入ってくることはありません。

  3. 画面の指示に従い手続き

    イスに座ったら画面の指示に従い申込みやカードの発行を行います。途中で担当者から説明を受ける場面があります。

    契約機では申込みから行うこともできますが、ネットから申込と契約を行っていれば、契約機ではカードを受け取るだけです。

  4. 本人確認書類を提示してカードを受け取る

    カードを受け取るには本人確認書類を提示する必要があります。画面の下にカードをセットして担当者に確認してもらいます。

    手続きが終わるとその場でカードが発行されます。すでに審査を通過していれば、すぐにカードが受け取れます。

ネットで契約内容を確認し契約機でカードを発行しない場合は、後日カードが自宅に送られてきます。カードは数日で届きますがその日のうちにカードを受け取りたい人は、審査を通過した後に契約機でカードを発行しましょう。

私が使っているカードローン
プロミスのおすすめポイント
プロミスカード
  • 原則、勤務先への電話確認なし
  • 最短3分で融資
  • カードレス契約も可能
  • 原則24時間最短10秒で振込融資
  • 学生アルバイトでも借りられる
  • クレジット機能付きのプロミスVisaカードあり
  • SMBCグループ
※審査結果によっては電話による在籍確認あり
※申込時間や審査により希望に添えない場合あり

この記事の著者(専門家)

株式会社アルビノ代表取締役。ファイナンシャルプランナー。埼玉県飯能市出身、1978年12月25日生。趣味は登山。Webライター歴23年。カードローン利用歴16年。現在は消費者金融3社、銀行カードローン3社の契約あり。
個人で自動車ローンや住宅ローンを利用したことがあり、起業してからは法人で銀行融資や日本政策金融公庫の一般貸付、マル経融資で借りた経験があります。
FP技能士、宅地建物取引士、日商簿記検定、証券外務員の資格を保有。

運営者情報

会社名 株式会社アルビノ
代表者 竹内潤平
住所 〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-3-13 西新宿水間ビル6階
電話番号 03-6914-6178
※電話対応はしていません。
お問合せ メールフォーム
設立 2014年10月20日
資本金 1000万円
事業内容 Webマーケティング支援
ライフプラン・コンサルティング
メディア運営
主要取引銀行 三菱UFJ銀行
住信SBIネット銀行
法人番号 7011101071501
本社所在地 〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-4-5
インボイス登録番号 T7011101071501

上に戻る